クラークキーでおすすめのアクティビティ

クラークキー & リバーサイドのおすすめ情報

    クラークキーの魅力は、さまざまな観光スポットやアクティビティがあるところ。ナイトライフに関連したものだけではありません。確かに、クラークキーは素晴らしい水辺のレストラン、活気溢れるバーやクラブが揃っていることで有名ですが、このエリアには他にも魅力がたっぷりあります。

    クラークキー周辺の人気観光スポットのほとんどは 、MRT の駅から徒歩圏内にあります。このガイドでは、昼間に楽しめる家族向けのアクティビティや文化スポットなどを厳選して紹介しています。夜は、活気溢れるクラークキーのナイトライフをゆっくりお楽しみください。

    1

    シンガポール川

    クラークキーの中心に位置するシンガポール川は、このエリアで賑わっているナイトライフに欠かせない存在。しかし、絵のように美しい観光スポットにグルメやお酒を楽しみに来るだけの場所ではありません。川の全長に沿ってクルーズするボートツアーでは、興味深いスポットを見ながら、クラークキー、ボートキー、そして最後にマリーナベイに到着します。

    クレマンソー橋やアンダーソン橋など、歴史的に重要な橋の下で蛇行し、マーライオンやエスプラネードなど、シンガポールの主要な名所を通過してシンガポール海峡へと繋がっています。

    ロケーション: 30 マーチャントロード、シンガポール

    • 食事
    • ナイトライフ
    2

    アジア文明博物館

    クラークキーやラッフルズプレイス、シティホールの MRT 駅から徒歩圏内にあるアジア文明博物館。華やかな植民地時代の英国風の建物には、この地域の長く多様な歴史を紹介するシンガポールでも有数の展示があります。

    数あるギャラリーや展示品を見て回るには、2 〜 3 時間を見ておいてください。歴史にそれほど興味がなくても、情報豊かな展示に魅了されること間違いなしです。この島国の発見から、十分に裏付けされた植民地化や文化的多様性、そして現代まで。アジア文明博物館は、14,000 平方メートルを超える床面積と、アジア各地から収集した 1,300 点の遺物により、その歴史を余すところなく紹介しています。

    ロケーション: 1 エンプレスプレース、シンガポール 179555、シンガポール

    営業時間: 毎日午前 10 時 ~ 午後 7 時 (金曜日は午後 9 時まで)

    電話番号: +65 6332 7798

    • 家族
    • 歴史
    3

    スタンフォード ラッフルズ卿の像

    市内にはシンガポール建国の父として知られるスタンフォード ラッフルズ卿の彫像が 2 つあります。ビクトリアシアターの前に高くそびえ立っているのは、ラッフルズ卿の黒いブロンズ像。

    真っ白な人工大理石で作られたそのレプリカは、ラッフルズ卿が 1819 年にこの島に上陸したとされる場所を記念して、ノースボートキーに立っています。どちらも涼しい夜には特に、地元の人たちが大勢訪れる人気のスポットです。

    ロケーション: ビクトリアシアターとノースボートキー、シンガポール

    • 家族
    • 写真

    写真提供 Altopian1 (CC BY-SA 4.0) 修正済

    4

    フォート カニング パーク

    フォート カニング パークは、シンガポールの中心部に位置する小さな緑溢れる丘。きらめく現代的なオフィスと広大なショッピングモールに囲まれていても、少し歩いて標識から中に足を踏み入れたら、まるでそこは別世界のよう。

    思いがけないほど、青々とした木々や緑が豊かに生い茂っていて、ジョギングや犬の散歩をする人、あるいはシンガポールの大都会からすこし離れてほっとしたい人たちに、特に人気があります。フォート カニング パークは、クラークキーでバーやレストランが並ぶメインエリアのすぐ裏手にあり、クラークキー駅とシティホール MRT 駅の両方から簡単にアクセスできます。

    ロケーション: 70 リバーバレーロード、シンガポール 179037、シンガポール

    • 家族
    • 歴史
    • 写真

    写真提供 Matt Kieffer (CC BY-SA 2.0) 修正済

    5

    ラッフルズプレイス

    ラッフルズプレイス MRT の入口を出ると、すぐに見えるのがラッフルズプレイスとその周辺エリア。現在は UOB プラザや OUB ビルなどの高層ビルが並んでいます。シンガポールのビジネスと金融の中心地であり、別名はセントラルビジネスディストリクト。

    一般公開されている UOB プラザワンの 28 階にある展望室からは、シンガポール川、シビックディストリクトと植民地時代の建造物、それにボートキーの素晴らしい景色を眺めることができます。それでも、シンガポールが賑やかな植民地だった頃の名残もあります。

    ロケーション: 1 ラッフルズプレイス、シンガポール 048616、シンガポール

    • カップル
    • 家族
    • ショッピング
    • 写真

    写真提供 Ramir Borja (CC BY-SA 3.0) 修正済

    6

    中央消防署 & シビル ディフェンス ヘリテージ ギャラリー

    中央消防署が観光スポットなんて、一風変わっているように思えるかもしれません。それでも、シンガポールで一番古い消防署を一目見れば人気の名所である理由がすぐに分かるはず。コロニアル様式の外観は見事の一言。赤と白の伝統的な外観の大きな建物は、このエリアのモダンなショッピングモールやオフィスビルの中でひときわ目立っています。

    署内には同じく印象的なシビル ディフェンス ヘリテージ ギャラリーも併設。見学は無料で、この重要なシンガポールの見どころの魅力的な歴史について学ぶことができます。ここでのアクティビティは子供にぴったり。消防署の機材をいくつか持って、消防車に座ったり、消防士のヘルメットを被ったりできます。クラークキーまたは MRT のシティホール駅から徒歩でアクセスできます。

    ロケーション: 62 ヒルストリート、シンガポール

    営業時間: 毎日午前 10 時 ~ 午後 5 時

    電話番号: +65 6332 3178

    • 歴史
    • 写真

    写真提供 Marcin Konsek (CC BY-SA 4.0) 修正済

    7

    ボートキー

    ノースブリッジロードとアンダーソンブリッジの間の水辺で、クラークキー駅から徒歩圏内のボートキー。川沿いをゆっくりと散歩するにも、周囲の飲食店から素晴らしい景色を眺めるのにも最適な、メインの観光スポットの 1 つです。

    一番のおすすめは、クラークキー駅の近くで川を渡るところのノースブリッジロード。そこから南を見ると、東側にはシンガポールの高層ビルがそびえるビジネスの中心地が、目の前には雄大なマリーナベイサンズが広がり、毎晩午後 8 時と午後 9 時半に素晴らしいレーザーショーが開催されます。色鮮やかなバーやレストランが所狭しと並んでいる川沿いの歩道をゆっくり歩いてみては。

    ロケーション: ボートキー、シンガポール

    • 歴史
    • 写真
    8

    鳳山寺

    鳳山寺は 1 世紀以上前に建てられた中国様式の寺院。クラークキーエリアでナイトライフやショッピングよりも少し文化的な雰囲気を味わいたいなら、必見のスポットです。モハメド スルタン ロードに位置するこの寺院には、いくつかの建物や中庭、彫像があり、仏教徒のための静かな礼拝所と、大勢の通りすがりの観光客が写真を撮影する場所になっています。

    1978 年にシンガポールの国定建造物に指定された鳳山寺。2010 年のユネスコアジア太平洋文化遺産保全賞の最優秀賞を受賞するなど、国内外で認められています。最寄りの駅はクラークキーで、そこから美しい川沿いを歩けば 10 分ほどで到着します。

    ロケーション: 31 モハメド サルタン ロード、シンガポール

    営業時間: 毎日午前 8 時 ~ 午後 6 時

    電話番号: +65 6737 3683

    • 歴史
    • 写真

    写真提供 Terence Ong (CC BY-SA 3.0) 修正済

    9

    アーツハウス スクリーニング ルーム

    アーツハウスは、クラークキーからノースブリッジロードを歩いてすぐの距離にある、75 席の素晴らしい映画館。国内外のインディペンデント映画が毎日上映されています。美しいコロニアル様式の建物内にあるアーツハウス スクリーニング ルーム。シンガポールで有数の新進気鋭アーティストを紹介する定期的な美術展も開催しています。

    また、「イヤーショット」と呼ばれるカフェ兼書店も併設。そこでは、カプチーノを飲みながらシンガポールが生み出した優れた小説を見つけることができます。施設の主な目的は、文学やビジュアルアートなどの分野で優れた、地元の作家やアーティストを宣伝すること。

    ロケーション: 1 オールド パーラメント レーン、シンガポール 179429、シンガポール

    営業時間: 毎日午前 10 時 ~ 午後 10 時

    電話番号: +65 6332 6900

    • 歴史

    写真提供 Smuconlaw (CC BY-SA 4.0) 修正済

    10

    ジーマックス リバース バンジー

    特に巨大なバンジー施設が夜間にライトアップされると、それ自体がクラークキーの見どころになるジーマックス リバース バンジー。これは間違いなく、ドキドキの体験がしたい人向けの絶叫系アトラクションです。

    スリル満点のライドを楽しみたい人たちが (夕方には待ち時間が短くなることを期待して) 午後 2 時過ぎにやってきます。シートベルトをしっかり締めたら、時速 200 kmの速度で 60 メートル上昇します !

    ロケーション: 3 リバーバレーロード、クラークキー、シンガポール 179024、シンガポール

    営業時間: 毎日午後 5 時 ~ 深夜

    電話番号: +65 6338 1766

    • ナイトライフ
    • アドベンチャー

    写真提供 Schristia (CC BY-SA 2.0) 修正済

    11

    ロックダウン シンガポール

    ロックダウン シンガポールは、プレイヤーが「鍵のかかった」部屋に入れられ、脱出方法を全員が協力して考えるという、リアルな脱出ゲーム。各部屋には新しいパズルがあり、シンプルなものもあれば、やや難しいものもあります。もし行き詰まった場合は、親切なスタッフにヒントをもらうこともできます。狭いところが怖くなったり、時間切れになったりした人は緊急避難扉から脱出できます。

    家族全員で楽しめるので、シンガポールで雨の日を過ごすのにぴったりのスポット。ロックダウンはクラークキーの「ザ セントラル」ショッピングセンターにあります。ゲームの料金は 1 人 1 時間あたり 20 シンガポールドルです。

    ロケーション: 277 オーチャードロード、クラークキー セントラル、2 階 2 号、シンガポール 238858、シンガポール

    営業時間: 毎日午前 11 時 ~ 午後 10 時

    電話番号: +65 6677 8478

    • 家族
    • アドベンチャー
    • グループ
    Paul Smith | 旅のプロ

    旅行の計画をスタート !