パリのホテル | フランス

日本からの旅行者に人気の目的地トップ 10

パリのホテル検索(2107軒)

10 泊分たまると、1 泊分の無料* 宿泊特典 !

対象ホテルのシークレットプライスをチェック

  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
  6. 6
  7. 7
  8. 8
  9. 9
  10. 10
=

本日のお得情報

最低価格¥11,158
1,902の パリ お得情報を全て見る

事前払いまたは現地払いのオプション有

ほとんどの部屋のキャンセル手数料無料

最低価格保証

割引クーポンもお見逃しなく!

セーヌ川より北のエリア


■オペラ座・ルーブル美術館・オランジュリー美術館周辺

初めての方にもオススメの定番エリア
美術館や観光地、ショップなどをバランス良く巡ることができます。パリ中心部に位置しており、どこへアクセスするにも便利なエリアです。 オペラ座の裏には大型百貨店のギャラリー・ラファイエットやオ・プランタンがあり、様々な買い物をすることができます。シャルル・ド・ゴール空港行きバスの発着所もエリア内にあるため、あまり時間がない時にも便利です。

また、オペラ通りをルーブル美術館方面に南下すると地下鉄ピラミデ駅があり、周辺は日本人旅行者に便利なエリアとなっています。スーパーマーケット、日本食レストラン、日系航空会社オフィス、日系運輸会社、日本人向け免税店などが並び、もしもの時にも安心です。なお有名なオランジュリー美術館やチュイルリー庭園も、すぐ近く。

ホテルの宿泊費はゴージャスで歴史のあるホテルが集まっているのでやや高め。平均は4万円から5万円程。もちろん、10万円を越える高級ホテルから2万程度のところまで様々なホテルが見つかります。お手ごろのホテルは部屋が狭いのが特徴ですが、部屋に優雅さや快適性を求めなければ、どこへ行くにも便利なので、時間を有効に使って観光をしたい方に最適なエリアです。

■マレ~バスティーユ

地元の若者にも大人気の繁華街。夜遊びにもオススメ
マレ地区界隈は、通りによって雰囲気が大きく変わります。 まずヴォージュ広場周辺は、16~18世紀の貴族の屋敷が多く残る歴史的エリア。貴族の屋敷を利用した美術館や公園、オシャレなブティックや雑貨店は見ごたえも十分です。またヴィエイユドタンプル通りのカフェへでは、常連のセレブに会えるかもしれません。

他の通りに足を踏み入れれば、さらに個性的な文化が育っています。例えばロジェ通りはユダヤ人街であり、サンクロワ・ブリトネリ通りはゲイ文化のカフェやブティックが集まっています。さらにケレー通りやシャロンヌ通りの周辺には、新感覚のビストロなど個性的な店が集まります。

バスティーユ広場にはオペラ鑑賞の聖地、オペラ・バスティーユ劇場が。バスティーユ広場の北東は夜遊びスポットが集まるエリアで、深夜の2時すぎまでバーやクラブに集う若者で賑わいます。

マレ~バスティーユは中心部にも近く、全体として比較的リーズナブルなエリア。観光、ショッピングにも便利です。ホテルは近年の人気上昇に伴って徐々に上がってきていますが、個性的でお手ごろなホテルが多くあるので2万以下のホテルも見つけられるでしょう。

マレ地区は、パリッこにも人気のエリアになっていて、洒落たバーやカフェもたくさんあります。夜になると道端にワインを持った人が溢れ、とても刺激的で楽しい経験ができるでしょう。ただし、北マレなど、少し治安が悪いと言われているところもあるので、夜間の外出には注意が必要です。特に東駅と北駅周辺での夜の行動は控えた方がいいでしょう。

■凱旋門~シャンゼリゼ通り~コンコルド広場

パリらしさを味わうならこちら。フランス料理やブランド店の高級エリア
シャンゼリゼ通りにはカフェや有名ブランド店が並び、夜遅くまで散策する観光客で賑わっています。高級ブランドのお店巡りで外せないのは、シャンゼリゼに交わるジョルジュ・サンク大通りにあるエルメス。モンテーニュ大通りのルイ・ヴィトン、クリスチャン・ディオールも観光客に人気です。

ホテルは5万円以上の一流ホテルが多く集まっています。3つ星レストラン「アランデュカス」の豪華な朝食で有名な「ホテルプラザアテネ・パリ」もこのエリアにあります。モンソー公園辺りは、高級住宅エリア。パラス認定 のホテル「ロワイヤルモンソー・ラッフルズパリ」では、伝説のパティシエ、ピエール・エルメの朝食も楽しめる。

コンコルド広場近辺も、高級ホテルが並んでおり、優雅な時間を過ごしたい方におすすめです。 1928年に建築された歴史ある「フォーシーズンズ ホテル」はパリ中心街まで徒歩5分。日本人スタッフもいるので安心して過ごせます。

■モンマルトル~アベス

昼も夜も暮らすように滞在。「ムーラン・ルージュ」「アメリ」の街
右岸の北部に位置しており、赤い風車が目印の有名なキャバレー「ムーラン・ルージュ」もこのモンマルトルに位置しており、周辺の歓楽街は雰囲気だけでも楽しめます。またパリを一望できるモンマルトルの丘にはサクレ・クール寺院、テルトル広場には画家の集合スポットがあり、昼夜豊かな表情を見せてくれるエリアです。

サクレ・クール寺院の西にあるアベス地区にはジャン=ピエール・ジュネの人気映画「アメリ」の舞台になったカフェがあり、主人公が食べていたクレーム・ブリュレが今も人気です。食料品の店が市場のように並ぶルピック通りでは、庶民の暮らしに触れることができます。

ホテルはパリ中心からやや離れているので、1万円以下で泊まれる手頃なホテルを見つけやすいエリアです。パリの景色を一望できる「テラスホテル」は、モンマルトル地区の中心にあり、シャルルドゴール空港からタクシーで30分。内装はモダンでシック。ベランダからの景色が素晴らしいのでおすすめです。

遠くにはエッフェル塔も見え、夜には、シャンパンを飲みながら、キラキラ点滅するシャンパンフラッシュを望めるかもしれません。

値段重視でホテルを選ぶ時は立地をチェック。モンマルトルの東側は強盗やスリが多く、パリ中心の中で最も治安が悪いエリアとも言われているからです。昼間は比較的安全ですが裏通りに入ると強引な客引きもいるので注意して下さい。

セーヌ川より南のエリア

■カルチェ・ラタン~ノートルダム寺院

パリの学生街・高級住宅街。落ち着いた滞在をしたい方にオススメ
ソルボンヌ大学や名門高校であるアンリ四世校など、多くの学校が集まる学生街です。ムフタール通りは学生たちの活気にあふれ、庶民的なレストランが集まっています。またこのエリアは高級住宅街でもあり、治安も比較的良いのが特徴です。

主な見どころは、パンテオンとリュクサンブール公園。サンジェルマン・デ・プレやノートルダム寺院にも歩いて行ける位置で、地下鉄を使えば右岸の見どころへのアクセスも便利です。

カルチェラタンは学生街ということもあり、ホテルも食事も比較的お手ごろです。値段も2万円以下で多く見つけられます。モダンで綺麗なホテルが多いので、パリ初心者の方にもおすすめです。

■サンジェルマン・デ・プレ(オルセー美術館~ノートルダム寺院)

アート満喫のエリア。リピーターにもオススメ
洗練された文化的なムードが漂うエリアです。芸術家や文化人が常連だった老舗カフェ、「カフェ・ドゥ・マーゴ」や「カフェ・ド・フロール」は今も営業しており、当時の趣きを感じることができます。

通りにはオシャレなブティックや雑貨屋、インテリア、アンティーク屋、画廊などがあり、散策やウィンドーショッピングを楽しむことができます。ルーブル美術館の対岸に位置しており、オルセー美術館やノートルダム寺院も至近距離となっています。そのためアート鑑賞を主な滞在目的とする場合に便利です。

2万以下で泊まれるホテルもありますが、だいたい平均は3、4万ぐらいです。サンジャルマンは、富裕層が多く住むエリア。とても綺麗で落ち着いています。治安もとてもいいので、安心して出かけられます。観光地というよりも綺麗なパリの日常が楽しめるエリア。

ホテルは少し高めに感じるかもしれませんが、優雅に落ち着いたパリステイを楽しみたい方に、オススメです。川を渡れば、ルーブルやシャンゼリゼ方面にも行けるのでアクセスも便利です。

■エッフェル塔周辺

ゆったりとパリを眺めたい方にオススメ
官庁街・住宅街の広がる静かで落ち着いたエリアです。見どころとしてはエッフェル塔や、セーヌ川遊覧船の発着場、オルセー美術館などがあります。

ホテルは、大体2万~3万円ぐらいのホテルが多いですが、アクセスの面で少し不便さを感じる立地の場合、2万円以下のホテルも見つかります。全体的に値段設定が高めなのは、やはりエッフェル塔が近い、という点でしょうか。

エッフェル塔を間近で見たい‼という方には、「プルマン パリ トゥール エッフェル」をオススメします。値段は少々お高めですが近代的なタイプのホテル。綺麗な上に立地も素晴らしいです。部屋にもよりますが目の前にエッフェル塔が見えます。

■13区(イタリー広場)、14区(モンパルナス)、15区(モンパルナス駅周辺)

郊外のお手頃ホテルを見つけたい方にオススメ
13・14・15区は地下鉄やバスを利用すれば中心へのアクセスも便利なエリア。格安ホテルやレストランが多いのが嬉しいポイントです。

左岸の南部に位置する13区は庶民的な住宅街。ラオスやベトナムの美味しいレストランが集まっており、周囲には大型ショッピングセンターやヨーロッパ最大のチャイナタウンもあるので日本食もそろいます。地下鉄を使えば中心の観光スポットへのアクセスも便利です。

14区は13区の西側に位置し、アーティストや作家に愛されたエリアです。藤田嗣治やモディリアーニ、シャガールが通ったカフェ、ラ・ロトンドや、ヘミングウェイが通ったカフェ、ル・セレクトなどがあります。また、クレープ屋激戦区ともなっています。モンパルナス墓地やカタコンブなどもあります。

さらに西の15区にはモンパルナス駅やモンパルナス・タワーがあります。 周辺は若いカップルやファミリー層が多く住むエリア。ホテルは1万~2万円程度で見つかります。治安も良く庶民的なスーパーやショッピングモールが立ち並んでいます。

モンパルナス駅からは高速列車TGVも出ているため、遠出される方にピッタリ。イタリー広場の方は、パリのイメージとはかけ離れていきますが、買い物や滞在がお手ごろに出来るので、気の張らない旅をしたい方にはオススメです。

まとめ

パリのホテル料金は全体的に高めとなっていますが、まずは宿泊日数や旅の目的で宿泊エリアを絞り込み、その中で予算や求めるサービスに合ったホテルを選ぶといいでしょう。中心から少し離れるとリーズナブルな宿を見つけやすくなりますので、地下鉄・バスなどの公共交通機関を使いこなす方法も検討してみて下さい。

【今すぐ使える割引クーポン!】

パリのホテル予約で使える割引クーポンコードをプレゼント!この機会にぜひ、ご利用下さい。

パリの旅行ガイド

パリの旅行ガイド