シンガポールのおすすめの公園と自然の空間ベスト 18

シンガポールのアトラクション

    シンガポールは自然のアトラクションがいっぱいです。そしてこの街の他の多くのエリアと同様、シンガポールの自然公園は非常によく整備されて計画されています。シンガポール ナイトサファリには、動物園や水族館と同じように、多くの魅力があります。ジュロンバードパークが世界的に有名なのは当然ですが、もう 1 つの大きな魅力は爬虫類公園です。

    豪華な植物園の中でも、国立蘭公園には、1,000 種類を超える種と 2,000 種類もの交配種の蘭のコレクションがあります。以下のシンガポールでおすすめの自然のアトラクションのガイドをご覧ください。

    1

    ブキティマ自然保護区

    ブキティマヒルはシンガポールで一番の高さを誇り、最も高い場所では高度が 163 メートルあります。ブキティマ自然保護区は、市内中心部から車でわずか 30 分の距離にあります。164 ヘクタールにもわたる一次熱帯雨林保護区です。ヒンデーデ ドライブの終わりのアッパー ブキ ティマ ロード沿いにあります。入場無料で、ビジター センターは毎日午前 8 時半から午後 6 時半まで営業しています。この保護区は週末に人気のスポットで、マウンテンバイクに乗った 10 代の若者から本格的なジョギングランナーまで幅広い層が訪れます。

    園内には自然歩道があり、本物の原生林の光景、におい、音を感じながら散策できます。これは、数百年前にさかのぼる開発前のシンガポールの姿です。森林では、背の高い樹木、リアナ、巨大なシダが生い茂っています。また、さまざまな野生動物が生息しています。気性の荒いカニクイザルには気をつけてください。木から木へと飛び移りながら、後をつけているかもしれません。

    ロケーション: ブキティマヒル、ダウンタウン シンガポールから約 12 キロ

    営業時間: 毎日午前 6 時~午後 7 時

    • カップル
    • 家族
    • 写真
    • 格安

    写真提供 Holiday Point (CC BY 2.0) 修正済

    2

    シンガポール バタフライ & インセクト キングダム

    蝶や昆虫を好きな方なら、セントーサ島にあるバタフライ & インセクト キングダムがおすすめです。ライフサイクルを説明する展示ホールや、情報豊富なフレームコレクションを備え、約 3,000 種の蝶と昆虫を紹介しています。自然愛好家、好奇心旺盛な子供たち、思い出作りのために訪れた昆虫愛好家まで、さまざまな来場者のニーズに応えます。

    営業時間: 毎日午前 9 時半~午後 7 時

    電話番号: +65 6275 0013

    • カップル
    • 家族
    • 写真
    3

    セントラル キャッチメント自然保護区

    自然での冒険にまつわるイメージが、道に迷うリスクを常に冒しながら何時間もトレッキングすることであれば、セントラル キャッチメント自然保護区でなら満足できるはずます。この 2,000 ヘクタールの保護区は、アッパーパース貯水池、パース貯水池、マクリッチ貯水池、セレター貯水池周辺の森林で構成されています。オールド アッパー トムソン ロードからアッパーパースの森林に入ることができます。入場は無料。ビジター センターがないこの場所では、端末で位置情報を常に確認する必要があります。ブキティマ自然保護区とは異なり、セントラル キャッチメント自然保護区の森林は二次林です。

    公園はブキティマ保護区に続いているので、かなり長距離のハイキングを楽しむことができます。帽子と十分な水を持参して、燃えるような太陽の暑さから身を守りましょう。

    営業時間: 毎日午前 7 時~午後 7 時

    電話番号: +65 1800 471 7300

    • カップル
    • 家族
    • 写真
    • 格安
    • アドベンチャー
    4

    中国庭園と日本庭園

    中国庭園と日本庭園は、ジュロンバードパークの隣、ユアンチンロードのそばにあります。各庭園は 13.5 ヘクタールに及びます。中国庭園はジュロン湖の中央に浮かぶ島にあり、古典的な中国北部の帝国様式が取り入れられています。中国庭園周辺を散策して、入口の獅子像、石造りの船、そびえ立つ塔、孔子像を鑑賞しましょう。ロマンスの庭園 (Garden of Romance) で築山の美しさに目を見張り、ハーブガーデンで料理用ハーブや薬用ハーブの香りを味わいましょう。中国庭園の一番の見どころは、蘇州スタイルの盆栽庭園。約 2,000 鉢もの盆栽を誇り、盆栽愛好家には必見のスポットです。

    ダブル ビューティー ブリッジを渡ったところにあるのは、無駄を省いたシンプルな造りの日本庭園。静かな庭園、ジグザグの橋、小石が敷かれた小道、石灯籠、伝統的なあずまやが広がります。

    ロケーション: 1 Chinese Garden Rd, Singapore 619795

    営業時間: 毎日午前 5 時半~午後 7 時

    • カップル
    • 家族
    • 写真
    • 格安
    5

    イースト コースト パーク

    シンガポールで最も人気がある、国内最大の広さ (1.85 平方 km) を誇る公園。埋立地に造られており、ウォータースポーツから、サイクリング、ローラーブレード、ボーリング、18 ホールの屋内ミニゴルフコースまで、さまざまなアクティビティを体験できます。その他にも、人工ビーチ、ショップやキオスク、トイレ、バーベキュー施設があり、ホリディシャレーに宿泊できます。

    シンガポールの人は食べることが大好き。数多くのレストランがあって、よりどりみどりです。イーストコースト シーフード センターには、8 軒のシーフード レストランが並んでいます。スパイシーなサンバルソースを添えたエイひれ焼きやサテ (甘いピーナッツ ソースをかけて食べる、肉の串焼き) などをぜひお試しください。

    ロケーション: E Coast Park Service Rd, Singapore

    営業時間: 24 時間年中無休

    • カップル
    • 家族
    • 写真
    • 格安
    6

    フォート カニング パーク

    シンガポールのダウンタウンにある緑豊かなこぢんまりとした公園。クラークキーや市庁舎から徒歩圏内です。この小さな公園はシンガポールの歴史を物語る場所で、オーチャードロードに面しており、シンガポール国立博物館の隣にあります。コロニアル様式の建造物がいくつかあり、そのうちの 1 つは、スタンフォード ラッフルズ卿の元邸宅です。今では、アートの展覧会や公演会が開催される人気の会場となっています。

    営業時間: 24 時間年中無休

    • カップル
    • 家族
    • 歴史
    • 写真
    • 格安

    写真提供 Marco Verch Professional Photographer and Speaker (CC BY 2.0) 修正済

    7

    ガーデンズ バイ ザ ベイ

    シンガポールのベイエリアにある広大な公園。カラフルで未来的な雰囲気を味わえます。有名なスーパーツリーでは、庭園を見下ろす感動的なスカイウォークを楽しめます。貝殻の形をした大型のドームの中では、ひんやりとした山の気候が再現されており、何百もの木々や植物を見てまわれます。大人から子供まで家族みんなで楽しめます。

    営業時間: 毎日午前 5 時~午前 2 時

    電話番号: +65 6420 6848

    • カップル
    • 家族
    • 写真
    8

    ホートパーク

    ガーデニングやレジャー、レクリエーションがコンセプトの公園。テーマ別に 20 の庭園があり、ファンタジーガーデンでは、オズの魔法使いのキャラクターに出会えます。ほかにも、リサイクルガーデン、ハーブ & スパイスガーデン、ウォーターガーデン、木登りコーナーがあります。ホートパークは、テロック ブランガー ヒル パークとケント リッジ パークにもつながっています。

    営業時間: 毎日午前 6 時~午後 10 時

    • カップル
    • 写真
    • 格安

    写真提供 blackbass (CC BY 2.0) 修正済

    9

    ジュロン バード パーク

    202,000 平方メートルの広さのバード パーク。ジュロン ヒルの西側斜面に位置し、400 種、約 8,000 羽の鳥が生息しています。1971 年の開園日には、12 の国、7 つの動物園、そして 40 名の個人が鳥を寄贈しました。鳥のための大型のおりでは、広々としたスペースを鳥たちが飛びまわっています。一日中、さまざまな楽しいショーが催されます。

    ロケーション: 2 Jurong Hill Jurong Bird Park, Singapore 628925, Singapore

    営業時間: 毎日午前 8 時 30 分~午後 6 時

    電話番号: +65 6265 0022

    • カップル
    • 家族
    • 写真

    写真提供 Jan (CC BY 2.0) 修正済

    10

    マリーナ バラージ

    レクリエーション スポットにもなっているダム施設。市内の主要な観光スポットのガーデンズ バイ ザ ベイから歩いてすぐのところにあります。この多目的施設は、本島の最南端に位置し、シンガポール全体の貯水と洪水調節の役目を担います。

    それでも、訪れるほとんどの人にとって、ここはレクリエーションのための場所。ダムの屋上に広がる公園は、特にピクニックや凧揚げを楽しみたい人に評判です。高台の芝生からは街のスカイラインを一望でき、観光客にも、美しいシンガポールの夕日を眺めたい人にも人気です。

    電話番号: +65 6514 5959

    • 写真
    • 格安
    11

    マウント フェーバー パーク

    セントーサ島、港、南に広がるの島々、活気のあるセントラル地区を望む素晴らしいパノラマの景色を眺めることができます。丘の上にはシンガポールの神話的シンボルであるマーライオンがあります。多くの人がそこまで登って景色を楽しんでから、ケーブルカーでセントーサ島に向かいます。ケーブルカーからはさらに素晴らしい景色が広がります。

    マウントフェーバーには、ジュエルボックス、アルティボ バー、フェーバーヒル ビストロ、グラス バーなどの有名レストランがあり、グルメ好きも大満足。週末になると、ハイキングを楽しむ大勢の人が、さまざまなトレイルを歩いて頂上を目指します。頂上には、車で行くこともできます。

    ロケーション: カンポン バル ロードとテロック ブランガー ロードの交差点

    電話番号: +65 6377 9688

    • カップル
    • 家族
    • 写真
    • 格安
    12

    シンガポール国立蘭園

    緑豊かなシンガポール植物園内にあり、世界で最もエキゾチックな蘭のコレクションを見ることができます。国立蘭園がオープンしたのは 1995 年。しかし、美しく希少な蘭の花は 1859 年のシンガポール植物園の開園当初から園内にありました。園の最初のディレクターであるヘンリー リドリーによって蘭のコレクションプログラムが始まり、1899 年に蘭ハウスがオープンしました。その後、I H バーキルや R E ホルタムなどの歴代のディレクターによって園の拡張が行われました。

    営業時間: 毎日午前 8 時 30 分~午後 7 時

    電話番号: +65 6471 7361

    • カップル
    • 写真

    写真提供 ABrocke (CC BY-SA 3.0) 修正済

    13

    シンガポール植物園

    シンガポール植物園は、当初スタンフォード ラッフルズ卿によって設立されましたが、1826 年の彼の死後、元の施設は閉鎖されました。現在の庭園は 1859 年に創業し、小規模な熱帯雨林、ジンジャー園、蘭園を特徴とするユニークなものに発展しました。国立蘭園では、1,000 種を超える蘭と 2,000 を超える交配種の蘭のコレクションを観賞できます。

    営業時間: 毎日午前 5 時~翌午前 0 時

    電話番号: +65 6471 7361

    • カップル
    • 家族
    • 写真
    • 格安
    14

    シンガポール ナイトサファリ

    シンガポール ナイトサファリは、世界でも有数の観光スポット。エンターテインメントと驚きで訪問者を魅了します。また、飼育動物と野生動物の生息環境を向上させるため、保護、救助、研究にも取り組んでいます。日が沈んだら、トラムに乗ったりトレイルを歩いたりして、夜行性の野生動物の観察に出かけましょう。

    野生生物への配慮が行き届いたこのアトラクションでは、アジア、アフリカ、ヨーロッパ、アメリカ大陸のさまざまな動物が、広々とした自然の囲いの中を歩き回っています。シンガポール動物園で大人気のナイトサファリは、シンガポールがアジアで有数の家族向けの目的地として高く評価されるのに貢献してきました。

    営業時間: 毎日午後 7 時半~翌午前 0 時

    電話番号: +65 6269 3411

    • カップル
    • 家族
    • 写真
    • ナイトライフ

    写真提供 Allie_Caulfield (CC BY-SA 2.0) 修正済

    15

    シンガポール動物園

    広々とした熱帯雨林の環境に 315 種、2,500 匹以上の動物を擁するシンガポール動物園。大人も子供も楽しめます。多くの展示セクションでは、餌付け体験やふれあい体験ができ、動き回るエキゾチックな動物を間近で見ることができます。チョウ、アジアゾウ、熱帯の色とりどりの鳥、ホッキョクグマなど、世界各地の大小様々な動物を見にいきましょう。人気の動物は、サルや大型の霊長類。オランウータン、テングザル、ヒヒの専用セクションがあります。この動物園は、野生生物の救助、健康管理、研究の中心地でもあり、シンガポールの野生生物保護区に含まれています。

    営業時間: 毎日午前 8 時半~午後 6 時 (最終入場 : 17:30)

    電話番号: +65 6269 3411

    • カップル
    • 家族
    • 写真
    16

    スンガイブロー湿地保護区

    南北へ移動する渡り鳥の中継地となっており、バードウォッチングに最適です。87 ヘクタールの湿地保護区であるこの公園には、街の中心部から車で 1 時間弱で到着します。

    ここでは、かつてシンガポールの至るところにあったマングローブの湿地を見ることができます。ビジターセンター、遊歩道、バードウォッチング用の小屋があり、ゴイサギやシロハラクイナを観察できます。さまざまな種類のチョウ、ムツゴロウ、大トカゲも探してみましょう。園内ではエビや魚の養殖も行われているので、水産物の養殖に興味がある方は、ぜひ訪れてみてください。

    営業時間: 毎日午前 7 時~午後 7 時

    電話番号: +65 6794 1401

    • カップル
    • 家族
    • 写真
    • 格安

    写真提供 Qingwu Zhou (CC BY-SA 3.0) 修正済

    17

    サザンリッジ

    シンガポール南部を横切る 9 km のトレイル。マウントフェーバー、テロック ブランガー ヒル パーク、ケントリッジパークにつながっています。ランニングやハイキングなどのアウトドア アクティビティに最適な場所。自然が好きな方にもおすすめです。サザンリッジにはいくつかのコースがあり、すべてのコースが充実した施設でつながっていて、トレイル沿いには、トイレ、自動販売機、レストラン、カフェなどの施設もあります。人気のコースは、マラントレイル (800 メートル)、ヘンダーソンウェーブ (上下に波打つ 274 メートルの橋)、フォレストウォーク (階段がない傾斜のある遊歩道)、フェーバートレイル (1 km)。

    コース沿いには公共交通機関を利用できる場所がたくさんあり、訪問者は心ゆくまでこの場所で時間を過ごせます。これはサザンリッジの大きな魅力です。

    営業時間: 24 時間年中無休

    電話番号: +65 1800 471 7300

    • カップル
    • アドベンチャー

    写真提供 Zairon (CC BY-SA 4.0) 修正済

    18

    マクリッチ貯水池のツリートップウォーク

    マクリッチ貯水池のツリートップウォークは、シンガポールではこのジャンルの先駆けとなるビッグプロジェクトです。高さ約 25 メートル、長さ 250 メートルの歩行者専用の木製の橋からは、シンガポールの別の一面を見ることができます。高層ビルが 1 つも視界に入らず、森林の素晴らしい景色をパノラマで一望できるのです。

    支柱のない構造のこの吊り橋は、一方通行で、一度に渡れるのは 30 名のみです。出発点はランジャー駅 (橋から約 4.5 km) で、再生した生い茂る林の中をパーストラックに沿って歩いていきます。ほかにも、アッパー トムソン ロードからビーナスドライブに進み、そこからツリートップウォークまで歩く方法があります。この場合、距離が約 2 km 短くなります。

    この橋を歩いていくと、森林の高い木々の枝葉が生い茂る、一味違った景色を楽しめます。歩きやすいウォーキングシューズ、飲料水、蚊よけスプレーを必ず用意しましょう。ハイキングは、選択するルートにより往復で 3 ~ 5 時間かかります。素晴らしい日中のアクティビティですが、高いところに架かる、足元から下が見えるつり橋が苦手な方はご注意を!

    ロケーション: シンガポール マクリッチ貯水池公園

    営業時間: 火曜日~金曜日 : 午前 9 時~午後 5 時、土曜日~日曜日 : 午前 8 時 30 分~午後 5 時 (月曜定休)

    • カップル
    • 家族
    • 写真
    • 格安

    写真提供 Walter Lim (CC BY 2.0) 修正済

    Penny Wong | 旅のプロ

    旅行の計画をスタート !

    Maps