スキップしてメインページに進む。
ガイド

台中のグルメガイド

宿泊施設を検索

台湾で台中市は「お菓子の街」として知られており、絶品スイーツを数多く生み出した発祥地とも言われています。

 

今や台湾土産の定番である「鳳梨酥」(パイナップルケーキ)をはじめ「老婆餅」「太陽餅」、人気のタピオカミルクティ「珍珠奶茶」も台中が発祥です!沢山あるお店からお気に入りを選ぶも良し、元祖や本店巡りをするのも良し、台中スイーツ天国を満喫しましょう。

 

パイナップルケーキの元祖「日出」

 

「日出」は台中出身のオーナーが2002年にオープンした洋菓子店で現在台中市内に5店舗を展開中。オープン当初から、おしゃれな外装とインテリア、そして材料にこだわったチーズケーキにより一躍話題のお店に。

 

2006年に発売した元祖「土鳳梨酥」(パイナップルケーキ)は現在「日出」の看板メニューになっています。というのも、「日出」以前の「パイナップルケーキ」と謳っていたものは、実は、冬瓜が使用されており「日出」の「土鳳梨酥」が初めて100%台湾産のパイナップルを使用した正真正銘の「パイナップルケーキ」だといわれています。現在「日出」グループの支店は台中市内のみでの展開ですが、その味は台湾全土のパイナップルケーキに革命を起こしたといっても過言ではないでしょう。

 

「日出」のパイナップルケーキはシーズンにより味が変わっていますが、これはパイナップル本来の味を大切にした結果だと言われています。常時複数のパイナップルケーキが用意されており、酸味のあるもの、甘みの強いものなど好みに合わせて選ぶことができ、もちろん試食が可能です。いずれのパイナップルケーキも台湾産のパイナップルを100%使用、皮にはチーズが使用されていてしっとり、餡はゴロゴロした食感が美味しいケーキに仕上がっています。また、「土鳳梨酥」と並んで人気なのがオリジナルメニューの「酪乳蛋糕」(チーズケーキ)。「日出」のチーズケーキは、しっかりとしたチーズのコクと季節の果実や天然の原料を使ったさわやかな甘さが魅力。また、低カロリーに抑えられており、一切れあたり200kcalほど。スイーツの食べ歩きも安心してできます。

 

また「土鳳梨酥」「酪乳蛋糕」の他にも日持ちのする「日出荷蘭餅」(オランダケーキ)も人気です。ちなみに賞味期限は短いものから、「酪乳蛋糕」(4日)、「土鳳梨酥」(2週間)、「日出荷蘭餅」(45日)となっています。

 

さらに「日出」商品の魅力として、特筆すべきはおしゃれな店内とパッケージです。「日出」グループの各店舗はそれぞれが異なるテーマを持っており、スタッフの制服や内装、インテリアまで徹底しています。また、箱や手提げ袋、ノベルティなど、どれもレトロで美しいデザインが採用されており、食べ終わった後もとっておきたくなるかわいさです。

 

日出

 

大地店:台中市西区五權西三街43号(緑に溶け込むアットホームなお店)

 

修道院店:台中市西区大隆路29号(修道院の図書館のようなゴシックな雰囲気)

 

旅人店:台中市中港路一段382号(「旅人が立ち寄る駅」がテーマ)

 

土鳳門市店:台中市中港路2段118号

 

宮原眼科冰淇淋

 

「日出」が「台鉄台中駅」前に出店した最新のアイスクリームショップ。ため息が出るほど美しい店内と絶品アイスクリーム&チョコレートのお店はカフェも併設。

 

「日出」が5店舗目にオープンしたのは日本統治時代の病院をリノベーションしたレトロな赤煉瓦の建物。店内は4階建てで1階はアイスクリームショップ、2階は「醉月樓沙龍(酔月楼沙龍)」という名前のカフェ、3階は吹き抜けを見渡せるキャットウォーク(貓道)、4階は「摘星楼冰淇淋沙龍」というVIPサロンになっています。

 

「日出」特製アイスクリームは、なんと50種類ほど!すべてのアイスクリームが台湾産または世界中の厳選された素材から作られており、台湾産のフルーツやお茶類を贅沢につかったアイスクリームはここでしか食べられない味になっています。また「日出」名物のチーズケーキやパイナップルケーキをトッピングすることもでき、1度で2度おいしいのが魅力です!また、店内の別のスペースでは台中名物のタピオカミルクティの日出版「宮原珍珠奶茶」や世界中から選び抜かれた原料が絶妙に調合されたチョコレートを集めたショコラティエ「宮原巧克力」も併設されています。

 

宮原眼科冰淇淋:台中市中区中山路20号

 

太陽餅/老婆餅

 

台中名物のひとつ「太陽餅」はサクサク・ほろほろとした白いパイ生地の中に麦芽糖や蜂蜜、練乳等でつくられた餡がはいっているお菓子。程よい甘さで、お茶請けにもぴったり。壊れやすいためお土産用には箱買いがおすすめです。

 

そして、そんな「太陽餅」で最も有名なお店が元祖である「太陽堂」。「太陽堂」は1954年に創立された老舗で、現在では「太陽餅」のあまりの人気ぶりのため中区自由路沿いをはじめとする市内には「〜老舗」「〜老店」「新〜」などの’’なんちゃって’’「太陽堂」が乱立しています。

 

また「太陽餅」の派生商品として生まれた「老婆餅」(ラオポォピン)も人気の台中銘菓。海苔、蜂蜜、山芋などの餡にもち米粉が使用されており太陽餅よりソフトな食感が魅力です。

 

太陽堂

 

台中市自由路二段25号

 

※他にも支店あり

 

春水堂

 

今や台湾だけでなく世界で愛飲されている飲み物「パールミルクティ」(タピオカミルクティ)の発祥はここ台中!1980年代、中国茶を飲みやすい雰囲気で提供しようと「春水堂」により提供されたのが始まりといわれています。当時は、温かいお茶が中心で冷たいお茶の販売はめずらしく、台湾のお茶の飲み方に大きな革命を起こしたともいわれています。

 

現在では台湾全土で飲むことができる「パールミルクティ」ですが元祖「春水堂」のものはなんといっても厳選されたアッサム紅茶と黒蜜入りの珍珠(パールタピオカ)をつかった上品な味わい。また「春水堂」店内ではドリンクメニューだけでなくお食事メニューも提供しています。

 

現在では台湾全土に40店舗を持つほどになった人気店の「春水堂」ですが、台中市内の店舗では体験型のワークショップ「パールミルクティー教室」を開催しており、おいしく頂くだけでなく、自分でパールミルクティを作るという台湾ならではの体験をすることもできます。

 

四維店

 

住所:台中市西区四維街30号

 

秋山堂

 

洗練された空間で本格的な中国茶芸を体験できる「秋山堂」

 

パールミルクティの元祖「春水堂」が始めた中国茶・茶器の専門店「秋山堂」は2006年に設立されました。オーナーの「自らが厳選した台湾国産の茶葉を、適正な価格で提供したい」という強い思いから誕生したこのお店は、上質な茶葉が150元(560円)からと買いやすい値段になっています。なので、「秋山堂」には台湾に暮らす人々が、自宅でゆっくりとお茶を楽しむために買い求めに来ることが多いというのも納得です。

 

店舗は「國美店」「台中大墩店」の2店舗で「國美店」は「國立台湾美術館」内の地下1階「春水堂」に併設されています。自然光が入る落ち着いた雰囲気と洗練された古典的な中国風インテリアが素敵です。静かで落ち着いた雰囲気の中、台湾ならではの中国茶芸を本格的なスタイルで体験してみてはいかがでしょう。

 

秋山堂

 

國美店:台中市五權西路一段2号B1

 

台中大墩店:台北市信義区菸廠路88号3F

 

※12歳以下のお子様の入店はご遠慮下さい。

 

沁園春

 

台中駅前の老舗上海料理店。炒飯、点心などの定番中華料理が絶品です。

 

台中市中區中正路71号

 

(台鐵台中駅から徒歩5分)

 

天天見麵

 

「365日いつでも楽しめる麺料理」をテーマに掲げた台中の麺料理専門店。リーズナブルな値段で本格的な手打ち麺から高級食材フカヒレを使った点心まで味わえる人気店です。四川料理のエキスパートが腕を振るうセルフサービスのレストランで、台湾庶民の代表食である麺料理を様々なバリエーションで提供しています。また、飲み物や豊富な種類の小菜(シャオツァイ)と呼ばれる小鉢はセルフサービス。最後にまとめてお会計する仕組みで、旅行客でも使いやすいシステムになっています。定番の人気メニュー「老北京酢醤麺」90元(330円)から。

 

台中市大墩十二街126号

 

台中限定!とろみ太麺「大麺羹」

 

日持ちがしないため、他の地方には伝播されず、台中でしか食べられないといわれている「大麺羹」(ダーメンカン)。極太の「大麺」をとろみがついた干しえびベースのあっさりとしたスープに油葱酥(紅玉ねぎフレーク)・エビ・切干大根・ニラを混ぜて食べる台中料理です。スープがあんかけのように麺にからみ、食欲をそそります。台中の屋台料理ですがお店でも食べることができ、特に北区の「英才大麵焿‎」が人気のお店となっています。

 

英才大麵焿‎

 

住所:台中市北区英才路215号

 

逢甲夜市/中華路夜市

 

台湾で忘れてはならないのが夜市。台中の「逢甲夜市」「中華路夜市」も屋台グルメが充実しています。特に、客層の大半が若者という大規模な夜市「逢甲夜市」は定番ものから世界各国の文化を取り入れた最新スイーツのお店まで幅広くが展開しているのが特徴。「吃・喝・玩・楽」(飲んで食べて遊ぶ)の要素が集まり、エネルギッシュな夜市です。

 

一方、より地元に密着したローカルな夜市といえば「中華路夜市」公園路から民族路一帯を中心とした中華路上には、グルメ系の屋台が多く、台北と高雄に挟まれた台中には全国各地・東西南北の食べ物が大集結。また、台中にしかないローカルフード「大麺羹」(ダーメンカン)の屋台もあります。

 

逢甲夜市

 

住所:台中市西屯區福星路・文華路・逢甲路付近

 

 

中華路夜市 

 

住所:台中市中区中山路周辺

 

 

台中で和食「貓吃魚」

 

「猫が魚を食べる」というかわいいネーミングの和食が食べられるレストラン。台中市内で和食がいただけるお店「貓吃魚日式料理食堂」は西屯區の福林路にひっそりと佇んでいます。人気メニューは焼き鳥屋やお刺身、お寿司などでにぎり寿司は生や炙りで食べられます。

 

貓吃魚 日式料理食堂

 

住所:台中市西屯区福林路75-1号

 

 

詳細はこちらで

 

台中ホテル |  台湾ホテル