スキップしてメインページに進む。Enter キーを押して有効にしてください。
ガイド

エコに旅する方法

ホテル検索

エコな旅行には様々な形があります。こちらでご紹介するアドバイスを参考に、環境に優しい炭素排出の少ないエコな旅を満喫してください。
エコに旅する方法

 

ホテルで使う電気を節約したり、環境に配慮したツアーに参加したり、エコな旅行には様々な形があります。こちらでご紹介するアドバイスを参考に、環境に優しい炭素排出の少ないエコな旅を満喫してください。

 

どうすれば旅行はエコになるの?

 

今、エコな旅行に人気が集まっています。その背景には、リゾートやホテル、ツアー会社がエコにますます貢献していることが挙げられます。その方法は、ソーラーパワーを使ったり、リサイクルを実施したりと様々です。旅行に行く際は、飛行機ではなくバスや電車を使うのもエコです。遠く離れた場所に行くのなら、どの航空会社が環境に一番配慮しているのか調べましょう。たとえば、ヨーロッパでは環境に優しいブランドは EU エコラベルを表示しています。

 

旅行中、環境に配慮するにはどうすればいいの?

 

旅行中は体調に気を付けて、環境のために歩くか自転車に乗るようにしましょう。レンタカーやタクシーの代わりにバスやトラムなどの公共の交通機関を利用して、できるだけ二酸化炭素の排出を抑えることが大切です。もし車がないとどうにもならないのなら、環境に配慮している会社を探して、燃費のいいハイブリッド車を借りるか、走行距離に応じて料金を支払うプランを選びましょう。

 

環境への影響を最小限にするにはどうすればいいの?

 

小さなことでも、環境への影響を最小に抑えるためにできることが沢山あります。たとえば、自然保護区など環境保全を目的としたプロジェクトを支援したり、ごみを減らしたり、生分解性のシャンプーや日焼け止めクリームを使ったりなど、色々な方法が考えられます。サンゴや象牙、熱帯広葉樹や動物の毛皮を使ったお土産も見かけますが、それらは環境破壊に繋がるだけでなく、多くの場合違法なのでご注意ください。

 

食事や買い物はどこでするべき?

 

エコな旅行を送る秘訣は、「グローバルに考え、ローカルに行動する」ことです。たとえば、カリブ海に浮かぶバルバドス島でもシャンパンやフォアグラは美味しく楽しめます。ですが、それらが遠路はるばる、目の前のテーブルに辿りつくまでの間に排出された炭素の量を考えてみてください。買い物をするならファーマーズマーケットへ。食事なら旬のオーガニック食材を使った地元の料理を。そういった料理は安くて美味しいだけでなく、環境にも優しいので、嬉しいことだらけです。ワークショップや専門店に行って、地元で作られたギフトを買うのもおすすめです。

 

リサイクルやごみの削減はどうすればできるの?

 

最初から包装を減らしたり、可能ならペットボトルを捨てずにまた使ったりしましょう。使い捨てカメラ、紙おむつ、使い捨てかみそり、ペーパータオル、プラスチックのカップなど一度使ったら捨ててしまうものはなるべく選ばないように。そういったものは身軽な旅行には便利なように思えますが、実は環境に負荷を与えています。泊まるホテルがごみの分別とリサイクルを実施しているか確認するのもお忘れなく。

 

どうすれば節水、省エネができるの?

 

ホテルの部屋を出る時に電気、エアコン、ヒーターのスイッチを消すなど、簡単な方法でも省エネに貢献できます。タオルも毎日取り替えてもらうのではなく、乾かしてまた使うようにしましょう。水も大切な資源です。特に乾燥した国では貴重なので、シャワーを浴びる回数を制限し、時間も短くするよう心がけましょう。

 

環境にダメージを与えるアクティビティにはどんなものがあるの?

 

水上バイクやヘリスキー、ゴーカートなどのアドベンチャー スポーツは、ウォーキングやポニートレッキング、サイクリングなどの穏やかなアクティビティに比べると、環境に与える負荷は大きいです。今、スキーリゾートの中には土壌浸食を食い止めようと行動を起こしているところがあります。ハイキングに行く際は、脆弱な生態系を破壊しないようにするためにも、決められたコースを守り、ごみは持ち帰りましょう。

 

環境に優しいツアーにはどんなものがあるの?

 

お金を払う前に、環境に優しいツアー会社を調べましょう。従来のツアーの代わりに環境に配慮したツアーが沢山あります。たとえば、環境保全を重視したケニアのサファリツアーや環境に優しいアマゾンツアーなどが挙げられます。

 

野生の動物の写真は撮っても大丈夫?

 

野生動物の習性や生態系に配慮するなら大丈夫です。距離も注意する必要があります。近づき過ぎると怯えさせてしまうかもしれませんし、自分自身も危険にさらされるかもしれません。周りの環境に馴染む色の服を選び、静かにじっとしているのがポイントです。カメラはズームレンズ付きがおすすめ。ベストショットを撮りやすくなります。

 

カーボンオフセットとは?

 

二酸化炭素排出量を減らす方法の 1 つが、飛行機や旅行で排出される二酸化炭素をカーボンオフセットによって相殺することです。旅行の間に空気中に排出される二酸化炭素量に相当するカーボンオフセットを購入すると、そのお金は、たとえば風力発電地帯や緑化プロジェクトなどの環境に優しいプログラムに投資されます。カーボンオフセットを販売している企業や航空会社は沢山あるので、ぜひチェックしてみてください。

 

環境に配慮しているおすすめのホテル

 

アール ホテル バティニョール – パリ

 

パリにある全館禁煙の環境に配慮したホテルです。全面改装を実施したのできれいです。場所はモンマルトルのすぐそば。凱旋門とシャンゼリゼ通りからは地下鉄に乗って 15 分ほどで到着します。フランスの伝統的な料理が並ぶ豪華な朝食ビュッフェを、パリらしいアーチ型の天井が素敵な朝食ルームでいただくことができます。無線の高速インターネットがご利用いただけるので、出張でお越しの方にもおすすめのホテルです。

 

ニールヴァナヘブン – フェアヘブン

 

オーストラリアのビクトリア州最大の都市、メルボルンの近くにある、環境に優しい 4 つ星のホリデーアパートメントです。メルボルンの周辺でホリデーを過ごしたい方におすすめです。アパートメントがあるフェアヘブン村は豊かな自然が魅力で、バードウォッチングを楽しんだり、ビーチでのんびり過ごしたり、思い思いに自然を満喫することができます。アパートメントの自慢はインフィニティプールです。太陽光で温められたインフィニティプールで癒される……これ以上環境に優しい贅沢はありません。

 

オーキット - アン エコテル ホテル – ムンバイ

 

この 5 つ星ホテルは、アジアで初めて環境に優しいホテルとして認定されたホテルであり、世界で初めて ISO14001 を取得したエコテルでもあります。ムンバイ空港から近い便利な立地に立ち、レストラン、バー / ラウンジ、カフェ、屋外プール、スポーツジム、ビジネスセンター、会議室など様々な設備が揃っています。客室は全部で 245 部屋。そのすべてにケーブルテレビ、ミニバー、冷蔵庫、コーヒー / ティーメーカー、室内金庫が備わっています。