はじめに 
    この夏、私たちは各地の旅行エキスパート達とタッグを組み、旅行の役に立つ #行こうリアル旅ガイド をお届けします!久しぶりの旅行が素晴らしいものになるように、旅先の裏側を知り尽くした地元の専門家によるヒントやおすすめ情報が満載のガイドです。その土地ならではのグルメから文化体験、アクティビティ、パフォーマンス、お買い物スポットまで、一味変わった旅と、一生に一度の体験をご提供します。また、新型コロナウイルス収束後に安全で充実した休暇を過ごすためのヒントも紹介しています。ザ・観光地とはおさらばしよう、今こそ#行こうリアル旅!

    風光明媚な景色、近未来的な都市、活気に満ちた文化など、シンガポールにはさまざまな魅力があります。その一方で、シンガポール旅行にはお金がかかるというのもよく知られた話です。実際、エコノミスト インテリジェンス ユニットの 「2021 年世界生計費調査」によると、シンガポールは世界で 2 番目に生活費の高い都市となっています。

    だからと言って、シンガポール旅行に必ず多くの費用がかかるというわけではありません。お金をかけずにシンガポールを楽しむ方法はいくらでもあります。手頃な価格の飲食店で食事をしたり、無料のツアーやアクティビティを利用したりなど、地元の人しか知らないような本当にお得な楽しみ方があるのです。この #行こうリアル旅ガイドでは、低予算でシンガポールの旅を楽しむコツ、地元の人のようにシンガポールを見て回る方法をまとめています。また、人混みが心配な方のためにソーシャルディスタンスを取るためのヒントも紹介しています。

    シンガポール旅行における新型コロナウイルス感染対策と注意事項

    • ショッピングモール、劇場、レストラン、公共交通機関、タクシーなど、すべての屋内環境でマスクを着用する必要があります。屋外環境でのマスク着用は任意ですが、人が多いところではマスクを着用することをおすすめします。 
    • グループの人数に制限はなく、グループ間のソーシャルディスタンス も義務付けられていません。
    • 屋内施設への入場にワクチン接種証明書の提示は必要ありません。
    • シンガポールの最新の新型コロナウイルス規制とガイドラインについてはこちらをご覧ください。
    1

    お得な航空券で旅行するためのベストシーズンを把握する

    言うまでもなく、飛行機で旅行する場合、クリスマスや新年を含むホリデーシーズンはベストシーズンではありません。特に 12 月は年末の休暇で帰省する人が多いため、航空券を買うには不向きです。学校の休みに合わせて旅行を計画する場合も、旅費は高額になるでしょう。 

    一般的に、数か月前 (できるだけ早く) に航空券を予約すると費用を抑えて購入できます。また、フライトの予約では曜日も重要です。通常、航空券は火曜日、水曜日、土曜に料金が低く、金曜日と日曜日は高額になります。 

    2

    ホーカーセンターやフードコートで食事をする

    シンガポールは世界屈指の美食文化を誇る都市で、ミシュランの 3 つ星レストランがいくつもあります。 しかし、食費を抑えたいなら、シンガポール中にに数多くあるホーカーセンターに行くべきです。一食あたりの値段が 300 円から 1,000 円程度とお手頃で、1,000 円出せば 2 ~ 3 人でシェアできるほどボリュームたっぷりの料理を味わえます。 

    シンガポールではコロナ前の生活にかなり戻りつつあるため、昼食時と夕食時 (12:00 - 14:00、18:30 - 20:30) は混雑する傾向があります。人混みを避けてソーシャルディスタンスを確保したい方は、ホーカー内の店舗でテイクアウトすることもできます。

    おすすめのホーカーセンターを紹介します。 

    チャイナタウン コンプレックス :  200 軒を超える飲食店が入っているホーカー。その豊富なメニューで食欲旺盛な美食家たちも飽きさせません。しかも、ここには世界一安いミシュランの星付き店「香港油鶏飯麺」があり、300 円ほどで油鶏飯を味わうことができます。  

    マクスウェル フード センター : こちらも食通に人気のホーカーです。街の中心部に位置し、近くに仏牙寺龍華院博物館などの文化施設があります。チキンライス、魚のスープ、粥、点心といった名物料理のほか、オイスターケーキ (1 個約 200 円という安さ) などの軽食も売られています。

    ラオパサ : セントラルビジネス地区に位置するラオパサでは、シンガポールのローカルフードから世界各国の料理まで、幅広い味を楽しめます。たとえば北インド料理やベトナム料理、日本食を扱う店も入っています。料理に加え、内装も印象的なホーカーです。 

    ホーカーセンターの他にも安く食べられる場所があります。そう、ほとんどのショッピングモールに入っているフードコートです。こうしたフードコートはエアコン付きで、ホーカーのような屋台料理はもちろん、欧米、日本、韓国など各国の料理も低価格 (だいたい 1,000 円以下) で楽しむことができます。 

    シンガポールでは水道水が飲めるので、水筒を持参してホテルの客室で水を入れることをおすすめします。セブン-イレブンのようなコンビニエンスストアでペットボトルの水を買うと、通常 200 円以上してしまいます。

    所在地 : 46 Smith St, Singapore 058956 | 1 Kadayanallur St, Singapore 069184 | 18 Raffles Quay, Singapore 048582

    3

    電車やバスで移動する

    シンガポールは小さな国なので、移動手段としてレンタカーを借りる必要はありません。タクシーもかなり高くつくことがあります。初乗り料金が約 300 円から 400 円で、チャンギ空港やシティエリアから移動する場合、場所によって高額の追加料金が発生します。 

    それよりも、効率的で手頃な運賃の電車や地下鉄、バスなどの公共交通機関の利用をおすすめします。マス ラピッド トランジット (MRT) とも呼ばれる地下鉄は広い範囲をカバーしているので、シンガポールのほとんどの地区を移動できます。 

    数日滞在するなら、シンガポール ツーリスト パスを購入するとよいでしょう。主なバスと電車を乗り放題で利用できる特別なカードです。パスの料金は 1 日用が約 1,000 円、2 日用 1,600 円、3 日用 2,000 円です。ただし、プレミアムサービスの乗り物 (セントーサ エクスプレス、RWS8D、ナイト オウル、ナイトライダー、チャイナタウン ダイレクト、急行バスなど) には乗車できません。

    地元の人の多くは、日々の通勤、通学に公共交通機関を利用しています。つまり、電車やバス、MRT に乗れば、混雑は避けられません。交通機関を利用する際はマスクを着用し、手指のアルコール除菌をお忘れなく。

    移動ごとに定額運賃にしたい場合は、EZ リンクカードを電車の駅で購入できます。カードの料金は約 1,200 円で、運賃分として 700 円がチャージされています。基本のバス運賃は約 95 円~ですが、MRT の運賃は約 45 円~ (平日の 7:45 まで) とさらに低料金です。 

    4

    庶民的なモールで買い物をする

    オーチャード ロードはシンガポールで最も有名なショッピング地区ですが、価格が高めです。手頃な服、小物、アクセサリーのお買い得品を探すなら、庶民的なモールやストリートマーケットに行ってみましょう。1,000 円以下の掘り出し物を見つけられるはず。 おすすめの場所はこちらです。 

    ブギス ストリート : 旅行の記念品やポストカードなど、さまざまな小物をだいたい 100 円から購入できる人気のストリートマーケットです。ジーンズ、T シャツ、アクセサリーを扱う衣料品店も多く、安いものでは 500 円ほどで売られています。

    ムスタファ センター : リトル インディアにあるこのモールには、ジュエリーから電化製品、衣料品、時計、チョコレート、香水、さらに洗面道具や化粧品まで、ありとあらゆるものが揃っています。年中無休、24 時間営業のため、夜間の買い物にも最適です。 

    所在地 : 3 New Bugis Street, Singapore 188867 | 145 Syed Alwi Rd, Mustafa Centre, Singapore 207704

    5

    無料の観光スポットやアクティビティを利用する

    出費がかさむことが多いのが観光スポット。無料の観光スポットもあるので、そうした場所に足を運んでみましょう。たとえば、シンガポール植物園は、静かな雰囲気の場所でユネスコ世界遺産にも登録されています。 

    ビーチで一日過ごしたいなら、イースト コースト パークウェイはいかがでしょうか。シンガポール南東部の美しい沿岸の景色を眺めながら、サイクリングやピクニックを楽しめます。セントーサ島もおすすめです。タンジョン ビーチ、シロソ ビーチ、パラワン ビーチなど、きれいなビーチに無料で入ることができます。 

    (注意 : 記事内の見解は著者独自の見解であり、ウェブサイトの見解を反映するものではありません。)

    Rebecca Wong | コントリビューティングライター

    旅行の計画をスタート !

    ページトップに戻る

    Maps