冬休みのパリでは、クリスマスに向けて装飾されたカフェやお店の暖かさを楽しみながら、彫刻庭園や並木道を散歩することができます。冬のホリデーシーズンにパリのホテルを予約し、クリスマス イルミネーションで輝く光の都をご覧ください。

    1

    シャンゼリゼ通りを歩く

    • カップル
    • 家族
    • 写真

    冬になると、パリ中の大通りの並木がきらめく光で飾られます。中でも最も有名なのがシャンゼリゼ通り。まるで星々が舞い降りたような美しさです。夕方になったら他の観光を早めに切り上げて、ライトアップされた凱旋門まで通りを歩きましょう。その後は、ラデュレの暖かいティールームへ。ラズベリーマカロンと熱々のホットチョコレートが待っています。

    2

    クリスマス マーケット

    • カップル
    • 家族
    • ショッピング
    • 写真

    パリのクリスマスと言えば、「雪」をまとったシャレー (山小屋) や、ソーセージやジンジャーブレッドなどを売る人気の屋台が通りに並び、焼き栗やホットワイン (ヴァン ショー) の香りが漂う雰囲気が思い浮かぶのではないでしょうか。この季節には、パリのクリスマス マーケットをいくつか訪れてみましょう。左岸ではサン ジェルマン デ プレ広場サン シュルピス広場、モンマルトルではアベス広場、そしてシャンゼリゼ通り沿いなどが有名です。

    写真提供 Cécile Leducq (CC BY 2.0) 修正済

    3

    クリスマスのイルミネーションとショッピング

    • ショッピング
    • 写真

    パリでは冬のホリデーシーズンになると、デパートがクリスマスのイルミネーションを競い合います。ギャラリー ラファイエットプランタンではアラベスク模様で点滅するライトと輝く星が飾り付けられ、アールヌーボーのステンドグラスのドームの下にはクリスマスツリーがそびえ立ちます。BHVボン マルシェでは、アニメーションのウィンドウ ディスプレイにクリスマスの物語が映し出されます。これには子供も大人も目を奪われるでしょう。

    4

    ノートルダム大聖堂での礼拝

    • 歴史
    • 写真

    ノートルダム大聖堂で奏でられるオルガンの音色と合唱。これには心が揺さぶられます。そしてクリスマス ミステリー ライト ショーの期間には、アートや歴史の画像が中世の壁に映し出されます。この祝祭の季節には子供たちによるコーラスが響きわたり、大聖堂の身廊にはキリスト降誕のシーンが飾られます。忘れられないクリスマスを体験するなら、大聖堂で深夜のミサに参加してから、冬のパリの暖かいホテルに戻ることをおすすめします。

    5

    カルーセルとアイスリンク

    イルミネーションで彩られたカルーセル (回転木馬) は、魔法のような冬のパリの伝統です。鮮やかな色が塗られた馬、点滅するライト、音楽が子供たちを心を引き寄せます。右岸にはカルーセルが 2 つあり、冬の夜空を明るく照らしています。市庁舎の前には、おとぎ話のようなカルーセルが設置されます。アイススケートを楽しみたいならば、セーヌ川左岸に期間限定のスケートリンクが登場します。スケート靴を借りて挑戦してみましょう。また小さな子供向けのボブスレーにも数ユーロで乗ることができます。

    写真提供 Thomas Conté (CC BY-SA 2.0) 修正済

    6

    クリスマスのメニュー

    • 食事

    クリスマスイブからボクシングデーまで、パリのレストランの多くは閉店してしまいますが、モンパルナスにあるブラッセリー、アール デコ ラ ロトンドは営業しています。赤いベルベットの長椅子にゆったりと座って、カキ、エビ、ロブスター、ムール貝が山盛りになったシーフードの大皿を囲んでクリスマスを祝いましょう。かつてアーネスト ヘミングウェイやパブロ ピカソも頻繁に訪れた店で、ランプに照らされた雰囲気は豪華そのものです。

    地図

    写真提供 flightlog (CC BY 2.0) 修正済

    7

    パリの大晦日

    パリの大晦日は街が最高に盛り上がります。新年までの時間をカウントダウンする、地球上で最もお祭り騒ぎをする街の 1 つでしょう。真夜中になると、凱旋門での華やかな花火を見ようと、シャンゼリゼ通りは人でいっぱいになります。モンマルトルのレストランでは別のお祭り騒ぎが待ち受けていますが、かなり前から予約しておく必要があります。

    写真提供 Falcon® Photography (CC BY-SA 2.0) 修正済

    旅行の計画をスタート !

    Maps