アレックス ガーランドの人気小説『ザ ビーチ』に登場したカオサン通り。その小説でも描かれたように「バックパッカーの聖地」と言われています。多くの旅行者が何かを探し求めてやってくる、まさに「聖地」という呼び名がぴったりの場所です。カオサン通りとその両側の通りにわたって、買い物や情報交換、次の旅先に向けた準備にと、多くのバックパッカーが集まります。

    1 km ほどのこの通りには、安宿や中級ホテル、インターネットカフェ、バー、レストラン、マッサージパーラー、さらに旅行代理店、書店、露店、タトゥーショップなどが所狭しと並び、今ではカオサンだけに収まりきらず、隣のランブトリ通りにまで人や店舗が溢れ出しています。細かいことは気にしない「何でも OK」のカオサン通り。バンコクでもここだけの独特の雰囲気が漂っています。

    バンコクの観光スポット

    旅行の計画をスタート !