ソウル, 景福宮 周辺のホテル

ソウル, 景福宮 周辺の 150軒のホテル検索

  • 事前払いまたは現地払いのオプション有
  • ほとんどの部屋のキャンセル手数料無料
  • 価格保証

景福宮の旅行コース

景福宮についてよくある質問

  • 1. 景福宮はどんな所?

    「景福宮(キョンボックン)」はソウルの五大宮の一つで、朝鮮王朝の正宮として600年の歴史があります。この宮は朝鮮の創始者である「太祖・李成桂」が高麗の首都を移転した際、新しい王朝の宮殿として1395年に建てられたもので、ソウルの北にあるので「北闕」とも呼ばれています。
    景福宮は15万坪におよぶ広い敷地に長方形に作られ、南側には正門である光化門、東側には建春門、西側には迎秋門、北側には神武門があります。宮内には勤政殿をはじめ、交泰殿、慈慶殿、慶会楼、香遠亭などの殿閣があります。景福宮の正殿である勤政殿は公式的な儀式を行い、官僚たちの朝礼が行われていたところです。
    勤政殿の花崗岩を敷き詰めた庭には、道が通っています。道の真ん中は若干高く広いのですが、この道は王様が通る道でした。その両側の若干低い道は、文武官僚が通った道です。
    慈慶殿と交泰殿は、各々王の母と皇后の寝殿です。慈慶殿は十長生(長生不死を象徴する10種のもの)煙突と花塀が有名で、朝鮮時代に作られた最も美しい煙突として数えられ、宝物第810号に指定されています。交泰殿は王妃が個人的な日常生活をしていたところで、峨嵋山側の塀と後門が美しいことで有名です。
    景福宮の趣をさらに引き立てているのは、慶会楼と香遠亭です。慶会楼は国の慶事がある時や、外交使節を応接する時に宴会を催した所で、大きな人工池の上にあります。香遠亭は寝殿の裏側に位置する後苑空間で、慶会楼と同じく池を掘り真ん中に人工島を作って東屋を建てたものです。慶会楼に比べて女性的なのが特徴で、特に峨嵋山は、自然の地形と建物を調和させた、韓国の典型的な宮中後苑です。ほかにも王様の執務室であった思政殿、学者たちが本を読んだ図書室である修政殿などがあります。
    景福宮内には文化財もたくさんあります。全国各地に散らばっていたものを移してきた、敬天寺十層石塔(国宝第86号)、法泉寺智光国師玄妙塔(国宝第101号)などの国宝物や、自動時計を設置した報漏閣、天上時計と自動水時計を設置した欽敬閣などがあります。

  • 2. 景福宮周辺のおススメのホテルは?

    景福宮周辺のホテルとしては、サマーセット パレス ソウルオボック ゲストハウスラオン ゲストハウス鍾路などがあります。その仲でも特に人気があるのが、サマーセット パレス ソウルホテルですが、古宮や人気スポットが徒歩圏内であり、空港リムジンバス停留所も近いため、アクセスがたいへん便利です。キッチン、洗濯機が完備されており、長期滞在にもオススメホテルです。

  • 3. 景福宮から行けるおススメの観光名所は?

    景福宮周辺には景福宮の正門である光化門をはじめ、 国立古宮博物館、国立現代美術館など、歴史や文化に触れる名所がたくさんあります。その中、光化門興礼門の広場では、朝鮮時代の守門軍の交代儀式を再現した王宮守門将交代儀式が行なわれるため、観光客に人気があるスポットです。儀式の合間は、鮮やかな伝統衣装を着た守門将と一緒に写真を撮ることができます。

  • 4. 景福宮まではどうやって行きますか?

    景福宮までは地下鉄を利用するのが、一番便利です。地下鉄3号線景福宮駅の5番出口からすぐ。韓国を代表する古宮の雰囲気にピッタリな伝統衣装(韓服)を着ていけば入場無料です。

景福宮

「景福宮(キョンボックン)」はソウルの五大宮の一つで、朝鮮王朝の正宮として600年の歴史があります。この宮は朝鮮の創始者である「太祖・李成桂」が高麗の首都を移転した際、新しい王朝の宮殿として1395年に建てられたもので、ソウルの北にあるので「北闕」とも呼ばれています。
景福宮は15万坪におよぶ広い敷地に長方形に作られ、南側には正門である光化門、東側には建春門、西側には迎秋門、北側には神武門があります。宮内には勤政殿をはじめ、交泰殿、慈慶殿、慶会楼、香遠亭などの殿閣があります。景福宮の正殿である勤政殿は公式的な儀式を行い、官僚たちの朝礼が行われていたところです。
勤政殿の花崗岩を敷き詰めた庭には、道が通っています。道の真ん中は若干高く広いのですが、この道は王様が通る道でした。その両側の若干低い道は、文武官僚が通った道です。
慈慶殿と交泰殿は、各々王の母と皇后の寝殿です。慈慶殿は十長生(長生不死を象徴する10種のもの)煙突と花塀が有名で、朝鮮時代に作られた最も美しい煙突として数えられ、宝物第810号に指定されています。交泰殿は王妃が個人的な日常生活をしていたところで、峨嵋山側の塀と後門が美しいことで有名です。
景福宮の趣をさらに引き立てているのは、慶会楼と香遠亭です。慶会楼は国の慶事がある時や、外交使節を応接する時に宴会を催した所で、大きな人工池の上にあります。香遠亭は寝殿の裏側に位置する後苑空間で、慶会楼と同じく池を掘り真ん中に人工島を作って東屋を建てたものです。慶会楼に比べて女性的なのが特徴で、特に峨嵋山は、自然の地形と建物を調和させた、韓国の典型的な宮中後苑です。ほかにも王様の執務室であった思政殿、学者たちが本を読んだ図書室である修政殿などがあります。
景福宮内には文化財もたくさんあります。全国各地に散らばっていたものを移してきた、敬天寺十層石塔(国宝第86号)、法泉寺智光国師玄妙塔(国宝第101号)などの国宝物や、自動時計を設置した報漏閣、天上時計と自動水時計を設置した欽敬閣などがあります。

ソウルでの宿泊

最高級ホテルから経済的なユースホステルまで、旅行の予算と目的に応じて様々な宿泊施設をチョイスできます。ショッピングや観光に便利なのが、明洞(ミョンドン)エリアで、ロッテ ホテル ソウルをはじめ、ホテル プレジデントコリアナ ホテルなどがあります。 明洞エリアはソウル一の繁華街でもあるため、毎日、観光客だけでなく多くの現地の人でも賑わっています。 ソウル旅行におすすめのホテルとしては、ソウルの中心部、明洞(ミョンドン)と市庁(シチョン)の間にあるロッテ ホテル ソウルです。ロッテ百貨店やロッテ免税店とも繋がっており、宿泊だけではなく、買い物などもにとても便利なホテルです。朝食ビュッフェの種類が豊富で、乙支路入口駅(ウルチロイック)直結しているため、移動にも便利です。 景福宮 地域で 5件予約された ハノック ゲストハウス スーホテルと口コミで ソウルの人気ホテルとして評価され 5件予約された ブッチョン ゲストハウス ホテルをお勧めします。

ソウルのトラベルガイド

ソウルのトラベルガイド