リガのホテル | ラトビア

ホテル検索

10 泊分たまると、1 泊分の無料* 宿泊特典 !

対象ホテルのシークレット プライスをチェック

  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
  6. 6
  7. 7
  8. 8
  9. 9
  10. 10
=

事前払いまたは現地払いのオプション有

ほとんどの部屋のキャンセル手数料無料

最低価格保証

リガのホテルを探す

リガのホテル

ラトビアの首都リガは、国の人口の 3 分の 1 が住む美しい石畳の街。まさにラトビアの心臓と言えるエリアです。2014 年の欧州文化首都に選ばれたリガは、長い歴史を誇り、興味をそそられる場所がいっぱい。アイス クリームのコーンをひっくり返したような屋根の聖マリア教会などがある旧市街は中世の街並みを残し、ユネスコの世界遺産に登録されています。ドイツの飛行船ツェッペリンの格納庫を転用した市場にはたくさんの店が並び、賑わいを見せています。でも、リガの見どころは過去の歴史ばかりではありません。川沿いに建つ金属の魚のひれのような斬新な形をした現代的な図書館が、その良い例。リガは歴史と革新が共存する街です。

見どころ

リガのほぼすべての建物やバルコニー、橋は、繊細な造形の像や手彫りの顔などで装飾されています。リガは世界最大のアール ヌーヴォー建築群のある街。アール ヌーヴォー博物館はその象徴です。らせん階段や曲線を多用した壁の装飾など、アール ヌーヴォー時代の特徴に満ちた建物を見て回りましょう。博物館で静かな時間を過ごしたら、サイホーの恐怖の館で肝試し。濃い霧の中で何かが動いたり気味の悪いうめき声が聞こえてきたら、どんなに心臓が強くても背筋がぞっとするに違いありません。インタラクティブな劇場で行われるイベントに参加すれば、悪夢を見ること間違いなし。観客の動きに合わせて俳優が即興で演じるので、恐怖が倍増します。その後で市庁舎広場の魅力的な光景を見たら、心が弾んでくるでしょう。広場に腰を下ろして大道芸人の陽気なパフォーマンスを眺めてみましょう。目を凝らして地面を見ていると、目立たないながらも金属の円盤に気が付くかもしれません。これはクリスマス ツリー発祥の地を表すもので、1510 年にブラックヘッド同業組合が最初にこの場所に木を飾ったと言われています。

リガのホテル

眠るだけの簡素なホステルから、歴史ある建物に高級感のある空間を整えた 5 つ星ホテルまで、リガにはあらゆる要望に応えるホテルが揃っています。専門スパのマッサージでとろけるような時間を過ごしたり、カジノ ホテルに泊まって幸運の女神が微笑むことを祈りながらカジノで遊んだり。室内温水プールがあれば天候とは無縁。いつでも気持ちよく泳げます。ホテルのバーでリガ名物の薬草酒ブラック バルサムを試してみても。地元の人々は、風邪を引いたときにこの苦いお酒を薬代わりに使いますが、それほどたくさん飲みたくないものです。リガのほとんどのホテルでは、WiFi 環境、薄型テレビ、気持ちの良いベッドが揃っています。

宿泊エリア ガイド

旧市街に滞在すると、夏のさわやかな朝には熱いコーヒーをすすり、凍えそうな冬には氷の張ったダウガヴァ川にオレンジ色の日光が差すのを眺めて楽しむことができます。寒さをちょっと我慢できそうなら、雪が舞った後に街を散策。石畳の通りや美しい尖塔がうっすら雪化粧したロマンチックな街並みが広がります。ベーカリーで、ベーコンが詰まった伝統的なパン、ピーラージニを食べて温まりましょう。街の中心のホテルに滞在すれば、国立歌劇場で観劇する前に食事を楽しむこともできます。歌劇場では、オペラ歌手の見事な歌声に全身で感動できることでしょう。

リガへのアクセス

リガ国際空港には、世界中の都市からの便が 1 日に何百も行き交います。ストックホルムからアクセスする場合は、バルト海を横断するフェリーが毎日運航しています。エストニア、ロシア、ベラルーシなどの都市からリガに行く場合は、安全で正確、お財布にも優しい国際列車が利用できる他、バスで国境を越える方法もあります。