バンコク, カオ サン 周辺のホテル

バンコク, カオ サン 周辺の 171軒のホテル検索

  • 事前払いまたは現地払いのオプション有
  • ほとんどの部屋のキャンセル手数料無料
  • 価格保証

カオ サンの旅行コース

カオ サンについてよくある質問

  • 1. カオ サンはどんな所?

    カオ サンはアジアを旅するバックパッカーの拠点として世界的にも知られるバンコクの路地です。カオサンとはタイ語で「白米」の意味だが、元々はこの周辺に米問屋が多かったことに由来しています。タイ国内を旅行する者のみならず、ミャンマーやカンボジア、あるいはインド、ネパールなどを旅行するバックパッカーもまずカオサンロードに拠点を置き、情報収集や航空券の購入をする事が多いです。タイはこれらの国々よりも政情が安定しており、また航空券の手配やインターネット接続が容易であるため、バックパッカーの聖地とも言われています。300メートルほどの通りにはバックパッカー向けのホテルやゲストハウスが軒を連ね、レストラン、インターネットカフェ、旅行代理店、古本屋、ランドリー、衣料品店、土産物店等、旅行者に必要な店がずらりと並んでいます。
    かつては安宿をメインに、旅行代理店が長さ約300メートルの路地の両脇に点在していましたが、インターネットが普及したここ数年では、カオサン通りも大きく変わりました。若者を対象とするパブやクラブのほか、おしゃれなホテルやブティクなども続々登場するようになって、西洋人以外に地元の若者もよく遊び来ています。
    ちなみに、カオサンの宿はドミトリーからホテルに至るまで予算に合わせて宿泊場所を選べます。ドミトリーで80バーツ~、後は部屋の広さやエアコンの有無などで料金が変わります。中にはすっかり長期滞在する人もいるそうです。

  • 2. カオ サン周辺のおススメのホテルは?

    カオ サンの周辺だと、チラックス リゾートプリンス パレス ホテルヌーボ シティ ホテルなどがおススメです。プリンス パレス ホテルはバンコクでのナイトライフ, 観光, ショッピングに最適なエリアに位置しており、一人旅でも楽しめるホテルです。

  • 3. カオ サンから行けるおススメの観光名所は?

    バックパッカーの聖地とも呼ばれるカオ サンから行ける観光名所としては、サイアム スクエアをおススメします。タイ王国バンコクのサイアム地区にある繁華街ですが、楽しみ方いっぱいです。同地区からスカイ・ブリッジにより、サイアム・センター(及びサイアム・ディスカバリー・センター)、MBKセンター(マーブンクロン・センター)、サイアム・パラゴン、バンコク伊勢丹、ラチャプラソンやスクムウィット通り等の主要ショッピング街につながっています。
    サイアム・スクエア内にも、レストラン、カフェ、有名ブティック、学習塾、レコード店、本屋、ハードロックカフェや銀行等多様な商業施設が展開しています。来客層も高校生や大学生から会社員や外国人観光客まで実に幅広く、「バンコクの新宿」と呼ばれることもあります。
    チュラーロンコーン大学の所有地を有効活用するため、1965年に最初の建物が建設されました。タイ王国で最も権威のある同大学の隣地という好条件から、この地域はすぐに発展しました。当初は普通のお店が軒を連ねていたが、徐々にブランドの店舗が入居するようになり、ホテル、ショッピングセンターやレストラン等の新業種/大規模開発の参入を誘発しました。周囲の地区もサイアム・スクエアの繁盛に肖るべく、積極的に地区間をつなげる工夫をしています。顕著な例として、MBKセンターからサイアム・スクエアに繋がるエアコン付きの陸橋歩道があります。現在、サイアム・スクエアは特に10代の若者に人気が高く、若者の流行の発信地でもあります。若者向けのイベントもよく開催されています。

  • 4. カオ サンまではどうやって行きますか?

    スワンナプーム国際空港からExpress Bus No.AE2で移動してください。バーンラムプー[บางลำพู]に下車するとすぐです。

バンコク旅行

バンコクはタイ王国の首都で、ラオスやカンボジアを含むインドシナ半島の経済の中心地でもあります。観光業は大きな産業のひとつ。年間 1 千万人以上の観光客が世界中から訪れます。賑やかな大都会と、厳かな仏教文化が息づいた古今の歴史と伝統が調和した都市です。 バンコクは熱帯気候で、年間を通じて平均最高気温は 31 度以上です。一般的に雨季 (5 月~ 10 月)、乾季 (11 月~ 2 月)、暑季 (2 月~ 5 月)の 3 季節に分かれます。常に日差しが強く、高温多湿の気候のため、通気性の良い服装がおすすめです。エアコンが効きすぎている場所もあり、また寺院などは肌の露出した服装では入場できないので、羽織るものがあると便利です。
ワットポーと呼ばれるバンコク最古のお寺は、涅槃像だけでなく、タイ古式マッサージの総本山としても有名です。敷地内にあるマッサージ場では、観光客でも本場のマッサージを気軽に受けることができます。
ラタナコーシンと呼ばれる旧市街は、バンコク発祥の地。荘厳な王宮や、数々の荘厳な仏教寺院を見学することができます。カオ サン通りは、バックパッカーたちの拠点として世界的に有名で、若者が集まるパブやクラブ、アートギャラリー、おしゃれなホテルなどが続々オープンしています。このほか、旧市街の南東に広がるチャイナ タウンや、パッポン ナイト マーケットなど、活気に満ちた東南アジアならではのスポットを訪れてみましょう。

カオ サン

アジアを旅するバックパッカーの拠点として世界的にも知られるバンコクの路地。 カオサン」とはタイ語で「白米」の意味だが、元々はこの周辺に米問屋が多かったことに由来しています。 タイ国内を旅行する者のみならず、ミャンマーやカンボジア、あるいはインド、ネパールなどを旅行するバックパッカーもまずカオサンロードに拠点を置き、情報収集や航空券の購入をする事が多いです。タイはこれらの国々よりも政情が安定しており、また航空券の手配やインターネット接続が容易であるため、バックパッカーの聖地とも言われています。 300メートルほどの通りにはバックパッカー向けのホテルやゲストハウスが軒を連ね、レストラン、インターネットカフェ、旅行代理店、古本屋、ランドリー、衣料品店、土産物店等、旅行者に必要な店がずらりと並んでいます。
かつては安宿をメインに、旅行代理店が長さ約300メートルの路地の両脇に点在していましたが、インターネットが普及したここ数年では、カオサン通りも大きく変わりました。若者を対象とするパブやクラブのほか、おしゃれなホテルやブティクなども続々登場するようになって、西洋人以外に地元の若者もよく遊び来ています。
ちなみに、カオサンの宿はドミトリーからホテルに至るまで予算に合わせて宿泊場所を選べます。ドミトリーで80バーツ~、後は部屋の広さやエアコンの有無などで料金が変わります。中にはすっかり長期滞在する人もいるそうです。

おすすめ宿泊エリア

バンコクにはデラックスなシティ ホテルとしてシェラトン グランデ スクンビット ラグジュアリー コレクション ホテル バンコクソフィテル バンコク スクーンビット、ビジネスにもレジャーにも最適なジ ウェスティン グランデ スクンビット、バンコ、川沿いにそびえるリゾート ホテルのモンティエン リバーサイド ホテルなど有名なホテルが多くあります。近年では、サイアム アット サイアム デザイン ホテル バンコクなどおしゃれなブティック ホテルも増えています。ホテルズドットコムは、その他にもお客様のニーズに合ったバンコクのホテルを検索できます。
サイアム スクエアからラーチャダムリ通り周辺は、リーズナブルな雑貨から最新の高級ブランド品までが揃うバンコク最大のショッピングエリア。周辺には有名観光スポットも点在しており、大都会バンコクを満喫するのに最適です。市内東部のスクンビット周辺は、閑静な高級住宅街で、高級ホテルからおしゃれなデザイナーズ ホテルが集まっています。各国料理のレストランやカジュアルなカフェ、ブティック、雑貨店もオープンし、流行の発信地となっています。また、バンコク リバーサイドでは、大都市の賑わいのさなかにありながら、ウォーターフロントでゆったりとしたリゾート スタイルの滞在を堪能できます。 カオ サンの周辺だと、チラックス リゾートプリンス パレス ホテルヌーボ シティ ホテルなどがおススメです。 カオ サン 地域で 5件予約された オールド キャピタル バイク インホテルと口コミで バンコクの人気ホテルとして評価され 5件予約された Villa Mungkala ホテルをお勧めします。

アクセス

バンコクの空の玄関口であるスワンナプーム国際空港 (BKK) までは、日本の主要空港から毎日直行便が運航しています。市内中心部から約 48 km の場所にあり、鉄道が乗り入れています。空港からバンコク市内までは、空港鉄道エアポート レイルリンクが便利です。市内まで直行のエクスプレスで所要時間は 18 分。各駅停車だと 30 分弱でパヤタイ駅に到着します。パヤタイ駅では高架鉄道 BTS に乗り換えることができます。
市内の地下鉄 MRT 、高架鉄道 BTS は、観光にも安心して利用できる便利な交通機関です。タクシーや小型自動車トゥクトゥク、チャオプラヤー川のエクスプレス ボートなども現地の生活風景を体験できるおすすめの移動手段です。
カオ サンエリアは、スワンナプーム国際空港からExpress Bus No.AE2で バーンラムプー[บางลำพู]に下車してすぐです。

カオ サンのトラベルガイド

バンコクのトラベルガイド