スキップしてメインページに進む。Enter キーを押して有効にしてください。

バンコク, スクンビット のホテル

写真提供者 (Trover) : Luv_to_Wander

658軒のホテル検索

写真提供者 (Trover) : Luv_to_Wander

シークレットプライスでもっとお得に予約

お得な シークレットプライスに簡単アクセス

  • 多数の宿泊施設で事前払いまたは現地払いを選択可
  • 多数の宿泊施設のキャンセル手数料無料
  • 価格保証

スクンビットの旅行コース

スクンビット の詳細情報

  • スクンビットへの交通アクセス

    スクンビット駅(バンコク・メトロ)、サイアム駅 - ベーリング駅(バンコク・スカイトレインスクムウィット線)、サナームキラーヘンチャート駅 - サイアム駅(バンコク・スカイトレインシーロム線)に乗れば、スクンビットエリアまでアクセスできます。

スクンビットについて

外国人が多く住居を構えるスクンビットエリア。とりわけ中近東からの長期滞在者や観光客で賑わうソイ・ナーナー周辺の別名ミドルイースト・タウンと、日本人駐在員の家族が暮らすソイ33周辺のジャパニーズ・タウンが有名です。ミドルイースト・タウンはケバブなどの中東料理レストランやパブ、バーが密集する歓楽街、ジャパニーズ・タウンは日本料理レストランや日本食材を取り扱っているスーパー、本・CD屋などが集まる生活の拠点。どちらも国際都市・バンコクを感じさせる場所となっています。BTSアソークやプロームポン、トンロー駅付近には、高級ホテルや百貨店が建ち並び、滞在やショッピングを楽しむのにたいへん便利な場所です。またトンロー駅前に広がるソイ38には、パッタイなど麺類をはじめとしたタイ料理を提供する屋台街があり、夕方から明け方まで買出しに来る地元のセレブや外国人観光客などで賑わっています。アソーク駅付近には、どの季節に訪れてもマンゴーやドリアンなど上質な高級果物を扱う店が軒を連ね、こちらも地元のセレブたちにひいきにされています。BTSアソーク、プロームポン、トンローの3駅周辺には、いわゆる高級ホテルや百貨店以外にも、小粋で隠れ家的なホテル、レストラン、雑貨店、スパなどが点在しており、地元のセレブや周辺の日本人らで賑わいます。とりわけ、南北に2キロメートルにわたって延びるトンロー(ソイ55)の両側、さらにそこから枝分かれする大小のソイは、「レストランの激戦区」といわれるほどのレストラン密集地帯。タイ料理はもちろん、イタリアやフランス、中華など各国料理の有名レストランが腕を競っています。

スクンビット の宿泊おすすめ

ティア サービスド アパートメント エカマイ は、5件が予約された人気ホテルです。

下のリンクで割引のホテルをご確認できます。

スクンビットの特別割引ホテル

スクンビットの直前割引ホテル

スクンビットの観光スポット

  • カオサン ロード

    外国人バックパッカーの溜まり場として知られています。「カオサン」とはタイ語で「白米」の意味ですが、元々はこの周辺に米問屋が多かったことに由来します。300メートルほどの通りにはバックパッカー向けのホテルやゲストハウスが軒を連ね、レストラン、インターネットカフェ、旅行代理店、古本屋、ランドリー、衣料品店、土産物店等、旅行者に必要な店がずらりと並んでいます。

  • エラワン寺院

    グランドハイアット・エラワン・ホテル前にあるヒンドゥー教祠で、一年中内外からの参拝者で賑わっています。1953年にこのエラワンホテルの建設工事が始まりましたが、当時事故が多発して工事がなかなか進みませんでした。占星術師にヒンドゥー教神のブラフマー(宇宙の創造を司る)を祀る祠を設けるよう勧められたのでそうしたところ、以降は工事が順調に進んだとか。その後、「願い事がかなう神様」として、人々に口コミで知れ渡り、病気平癒や家内安全から金運、人気運などの願いをかなえるべく、今も絶えまなく多くの人たちがお参りに来るようになりました。ここで願い事が叶った人は、神様に踊りや音楽を奉納する習慣があるので、敷地内に舞踊団が待機をしています。毎年11月9日(エラワンホテルの竣工した日)は、記念のお祭りが盛大に行われます。なお、ここで寄進されたお金は、病院の医療設備の購入に当てられることになっています。参拝は08:00から22:30までとなっています。

スクンビットのトラベルガイド

バンコクのトラベルガイド