バンコク, バンコク リバーサイド 周辺のホテル

バンコク, バンコク リバーサイド 周辺の 129軒のホテル検索

  • 事前払いまたは現地払いのオプション有
  • ほとんどの部屋のキャンセル手数料無料
  • 価格保証

バンコク リバーサイドの旅行コース

バンコク リバーサイドエリアについてよくある質問

  • 1. バンコク リバーサイドエリアはどんな所?

    リバーサイド周辺のナイトライフは、スクンビットやシーロムのようなバンコク市街地のシーンとはまったく対照的です。バンコクを訪れる観光客にとって、これは実に喜ばしいことです。アフターダークの賑わいのほとんどは川を見渡せる魅力的なバーやレストランに限られ、その多くが豪華ホテル内にあり、ゲストに生演奏やエンターテイメントを提供しています。バンコク リバーサイドのナイトライフ トップ10では、チャオプラヤ川沿いにある洗練されたバーやライブ ミュージックが聴けるスポットに加えて、家族全員が楽しめるリバー クルーズや一流のショーなど、素晴らしい夜のアクティビティを紹介しています。バンコクのナイトライフ トップ10のリストには、当然のことながらルーフトップ バーが登場しますが、リバーサイド周辺には市内でもトップクラスのルーフトップ バーがあります。
    夜のチャオプラヤ川を心ゆくまで楽しむにはディナークルーズがおすすめです。陽が沈み、空が刻々と色を濃くして、バンコクの象徴とも言うべきワットアルンと王宮がライトアップして私たちの目の前に荘厳な姿を現す頃が、この川が最高に美しく見えるときです。たくさんのリバー クルーズの中から選び抜いた、2つのクルーズをご紹介しましょう。まず最初のアプサラ ディナー クルーズ バイ バンヤン ツリーは、川沿いの有名なランドマークをゆっくりと眺めながらセット メニューが楽しめる、快適で幻想的なクルーズです。2つ目のリバー スター プリンセス クルーズは一段とカジュアルな雰囲気で、ビュッフェ式ディナー、音楽の生演奏とダンスなどが楽しめ、乗客通しの交流の機会もあります。いずれも価値あるサービスを非常にお得な料金で提供しています。

  • 2. バンコク リバーサイド周辺のおススメのホテルは?

    バンコク リバーサイド周辺で一番オススメできるホテルは、アナンタラ・バンコク・リバーサイド・リゾート&スパでしょう。2011年11月にマリオット系列からアナンタラにブランドを変え、同時にレストランや客室のリノベーションを行い、リゾート感たっぷりの高級ホテルです。また、チャトリウム ホテル リバーサイド バンコク シャングリ・ラ バンコクルブア アット ステート タワーレガシー スイーツ スクンビット バイ コンパス ホスピタリティなどもオススメです。特にチャトリウム ホテル リバーサイド バンコクは落ち着きのある雰囲気が自慢で、贅沢な一時と安らぎを提供してくれるホテルとして、人気があります。また、朝食は種類も豊富で大変好評です。

  • 3. バンコク リバーサイドから行けるおススメの観光名所は?

    リバーサイドエリアにあるリゾートでゆったりと贅沢な時間を過ごした後には、歴史にも触れてみましょう。 バンコク最大のパワースポットであるエラワン寺院がオススメ。グランドハイアット・エラワン・ホテル前にあるヒンドゥー教祠で、一年中内外からの参拝者で賑わっています。1953年にこのエラワンホテルの建設工事が始まりましたが、当時事故が多発して工事がなかなか進みませんでした。占星術師にヒンドゥー教神のブラフマー(宇宙の創造を司る)を祀る祠を設けるよう勧められたのでそうしたところ、以降は工事が順調に進んだとか。その後、「願い事がかなう神様」として、人々に口コミで知れ渡り、病気平癒や家内安全から金運、人気運などの願いをかなえるべく、今も絶えまなく多くの人たちがお参りに来るようになりました。ここで願い事が叶った人は、神様に踊りや音楽を奉納する習慣があるので、敷地内に舞踊団が待機をしています。毎年11月9日(エラワンホテルの竣工した日)は、記念のお祭りが盛大に行われます。なお、ここで寄進されたお金は、病院の医療設備の購入に当てられることになっています。参拝は08:00から22:30までとなっています。

  • 4. バンコク リバーサイドまではどうやって行きますか?

    スカイトレイン駅「サパーンタクシン」から無料シャトルボートで、リバーサイドエリアのリゾートまでアクセスできます。

バンコク旅行

バンコクはタイ王国の首都で、ラオスやカンボジアを含むインドシナ半島の経済の中心地でもあります。観光業は大きな産業のひとつ。年間 1 千万人以上の観光客が世界中から訪れます。賑やかな大都会と、厳かな仏教文化が息づいた古今の歴史と伝統が調和した都市です。 バンコクは熱帯気候で、年間を通じて平均最高気温は 31 度以上です。一般的に雨季 (5 月~ 10 月)、乾季 (11 月~ 2 月)、暑季 (2 月~ 5 月)の 3 季節に分かれます。常に日差しが強く、高温多湿の気候のため、通気性の良い服装がおすすめです。エアコンが効きすぎている場所もあり、また寺院などは肌の露出した服装では入場できないので、羽織るものがあると便利です。
ワットポーと呼ばれるバンコク最古のお寺は、涅槃像だけでなく、タイ古式マッサージの総本山としても有名です。敷地内にあるマッサージ場では、観光客でも本場のマッサージを気軽に受けることができます。
ラタナコーシンと呼ばれる旧市街は、バンコク発祥の地。荘厳な王宮や、数々の荘厳な仏教寺院を見学することができます。カオ サン通りは、バックパッカーたちの拠点として世界的に有名で、若者が集まるパブやクラブ、アートギャラリー、おしゃれなホテルなどが続々オープンしています。このほか、旧市街の南東に広がるチャイナ タウンや、パッポン ナイト マーケットなど、活気に満ちた東南アジアならではのスポットを訪れてみましょう。

バンコク リバーサイド

リバーサイド周辺のナイトライフは、スクンビットやシーロムのようなバンコク市街地のシーンとはまったく対照的です。バンコクを訪れる観光客にとって、これは実に喜ばしいことです。アフターダークの賑わいのほとんどは川を見渡せる魅力的なバーやレストランに限られ、その多くが豪華ホテル内にあり、ゲストに生演奏やエンターテイメントを提供しています。 バンコク リバーサイドのナイトライフ トップ 10 では、チャオプラヤ川沿いにある洗練されたバーやライブ ミュージックが聴けるスポットに加えて、家族全員が楽しめるリバー クルーズや一流のショーなど、素晴らしい夜のアクティビティを紹介しています。バンコクのナイトライフ トップ 10 のリストには、当然のことながらルーフトップ バーが登場しますが、リバーサイド周辺には市内でもトップクラスのルーフトップ バーがあります。
夜のチャオプラヤ川を心ゆくまで楽しむにはディナークルーズがおすすめです。陽が沈み、空が刻々と色を濃くして、バンコクの象徴とも言うべきワットアルンと王宮がライトアップして私たちの目の前に荘厳な姿を現す頃が、この川が最高に美しく見えるときです。 たくさんのリバー クルーズの中から選び抜いた、2 つのクルーズをご紹介しましょう。まず最初のアプサラ ディナー クルーズ バイ バンヤン ツリーは、川沿いの有名なランドマークをゆっくりと眺めながらセット メニューが楽しめる、快適で幻想的なクルーズです。2 つ目のリバー スター プリンセス クルーズは一段とカジュアルな雰囲気で、ビュッフェ式ディナー、音楽の生演奏とダンスなどが楽しめ、乗客通しの交流の機会もあります。いずれも価値あるサービスを非常にお得な料金で提供しています。
スカイ バー アット ルブア ステート タワーはバンコクの代表的なナイトスポットです。それにはいくつかの理由があります。まず最初に、市内の眺望を 360 度見渡すことができ、なかでも、チャオプラヤ川とバンコクの街の摩天楼はまたとない絶景です。カクテルは値段が張りますが、きわめて独創的でルブアのトップ ミクソロジスト (バーテンダー) はフレーバー入りの氷、試験管、氷でできたグラスなどを使って、独創的なカクテルを創作すると定評です。人気は収まるところを知らず、混み合います (映画『ハングオーバー !! 史上最悪の二日酔い、国境を越える』でロケに使用)。スカイ バー アット ルブアは、バンコクで体験してみたい必見のアトラクションとして高い人気を保持しています。
ザ ミレニアム ヒルトン ホテルはチャオプラヤ川のトンブリー側に建つ超高級ホテルです。ホテルの宿泊客ではなくても、最上階の目を見張るようなルーフトップ バーに上がれば、この豪華ホテルのクオリティの高さを肌で感じることができます。 スリー シックスティ ラウンジはバンコク有数のルーフトップ バーです。一流のバーが数多く存在するこの街で、トップクラスのバーの地位を得ることはそうたやすいことではありません。その名の通り、ここからは何にも遮られることなく、 360 度バンコクのパノラマを一望できます。川の向こうに沈む夕日を眺めるのに最適な屋外テラスに加え、雨の日でもゆっくりと外の景色を楽しめる屋内のラウンジもあります。屋内ラウンジでは、毎晩 8 時よりジャズの生演奏が楽しめます。

おすすめ宿泊エリア

バンコクにはデラックスなシティ ホテルとしてシェラトン グランデ スクンビット ラグジュアリー コレクション ホテル バンコクソフィテル バンコク スクーンビット、ビジネスにもレジャーにも最適なジ ウェスティン グランデ スクンビット、バンコ、川沿いにそびえるリゾート ホテルのモンティエン リバーサイド ホテルなど有名なホテルが多くあります。近年では、サイアム アット サイアム デザイン ホテル バンコクなどおしゃれなブティック ホテルも増えています。ホテルズドットコムは、その他にもお客様のニーズに合ったバンコクのホテルを検索できます。
サイアム スクエアからラーチャダムリ通り周辺は、リーズナブルな雑貨から最新の高級ブランド品までが揃うバンコク最大のショッピングエリア。周辺には有名観光スポットも点在しており、大都会バンコクを満喫するのに最適です。市内東部のスクンビット周辺は、閑静な高級住宅街で、高級ホテルからおしゃれなデザイナーズ ホテルが集まっています。各国料理のレストランやカジュアルなカフェ、ブティック、雑貨店もオープンし、流行の発信地となっています。また、バンコク リバーサイドでは、大都市の賑わいのさなかにありながら、ウォーターフロントでゆったりとしたリゾート スタイルの滞在を堪能できます。 バンコク リバーサイドの周辺だと、チャトリウム ホテル リバーサイド バンコク シャングリ・ラ バンコクルブア アット ステート タワーなどがおススメです。 バンコク リバーサイド 地域で 5件予約された イン ア デイホテルと口コミで バンコクの人気ホテルとして評価され 5件予約された バーン ゲイソン ホステル ホテルをお勧めします。

アクセス

バンコクの空の玄関口であるスワンナプーム国際空港 (BKK) までは、日本の主要空港から毎日直行便が運航しています。市内中心部から約 48 km の場所にあり、鉄道が乗り入れています。空港からバンコク市内までは、空港鉄道エアポート レイルリンクが便利です。市内まで直行のエクスプレスで所要時間は 18 分。各駅停車だと 30 分弱でパヤタイ駅に到着します。パヤタイ駅では高架鉄道 BTS に乗り換えることができます。
市内の地下鉄 MRT、高架鉄道BTSは、観光にも安心して利用できる便利な交通機関です。タクシーや小型自動車トゥクトゥク、チャオプラヤー川のエクスプレス ボートなども現地の生活風景を体験できるおすすめの移動手段です。
サパーンタクシン駅(BTS) から徒歩でアクセスできる距離にチャオプラヤー川があり、周辺にはリバーサイドの有名ホテルや昔ながらの街並みが残っています。