スキップしてメインページに進む。

モンマルトル 周辺のホテル

155軒のホテル検索

シークレットプライスでもっとお得に予約

お得な シークレットプライスに簡単アクセス

  • 多数の宿泊施設で事前払いまたは現地払いを選択可
  • 多数の宿泊施設のキャンセル手数料無料
  • 価格保証

モンマルトルの旅行コース

モンマルトル についてよくある質問

  • モンマルトルへ旅行に行くなら、いつが一番いいですか。

    施設により営業時間が異なります。サクレクール寺院の開門時間:6:00~22:30。寺院内天井ドーム見学:5~9月 8:30~20:00、10~4月 9:00~17:00。

  • モンマルトルの魅力的なところは?

    モンマルトルには様々な観光スポットが散在しています。サクレ・クール寺院は、ロマネスク・ビザンチン様式の丸い聖堂が目をひく白亜の寺院です。吹き抜けのドーム頂上からはパリ市街が見渡せます。テルトル広場は、かつての"芸術家村"の面影を今でも残す一角。パリの風景画を販売する画家や、似顔絵描きと観光客でいつも賑わっています。広場周辺の土産物屋やレストランは夜遅くまで営業しています。モンマルトル墓地は、映画監督のトリュフォー、音楽家のベルリオーズ、画家のドガ、文学者のスタンダールら著名な芸術家のお墓が数多くあります。ラシェル通りの階段を上っていくと中央入り口。門を入ると墓地内の地図があり、有名人の墓の所在がアルファベット順に記してあります。ダリ美術館は、シュールレアリスムの巨匠ダリの絵画、彫刻、および版画がおよそ300点あまり展示されています。

  • モンマルトルに行く方法(アクセス)

    モンマルトルの最寄駅は、メトロ 2号線のANVERS駅もしくは12号線のABBESSES駅となります。

モンマルトルについて

平らなパリのなかでも坂道、階段通りが集中しているのが、モンマルトルの丘周辺。石畳の坂道、長い階段、風車小屋にパリの眺望、芸術家たちが愛した風情が今も残るモンマルトル。頂上には白いサクレ・クール寺院がそびえています。モンマルトル=芸術家の街というイメージは今でも息づいていて、サクレクールの周りには似顔絵描きや、絵を売る人々が集まっています。かつてピカソやモディリアーニが住んだ安アパート洗濯船(Le Bateau-Lavoir)を中心に、マティス、コクトー、ブラック、ユトリロなどが住んでいました。斜面に広がる小さなぶどう畑では、毎年秋には葡萄が収穫されワインが造られています。シャンソニエ アジル・ラパンがすぐ近くにあり、丘のふもとはムーラン・ルージュなど夜になるとネオンきらめく歓楽街が広がっています。近年では映画「アメリ」のカフェが新たな観光スポットとなっています。

モンマルトル おすすめの宿泊

その他のホテルおすすめ

  • きれいなホテルをお探しのお客様へ - ビー ユー ラグジュアリー アパートオテル ラ シュエット
  • サービスがいいホテルをお探しのお客様へ - ビー ユー ラグジュアリー アパートオテル ラ シュエット
  • 便利なホテルをお探しのお客様へ - ビー ユー ラグジュアリー アパートホテル ラ B&W
  • コンディションがいいホテルをお探しのお客様へ - ビー ユー ラグジュアリー アパートオテル ラ シュエット

下のリンクで割引のホテルをご確認できます。

モンマルトル の特別割引ホテル

モンマルトル の直前割引ホテル

モンマルトル周辺の観光地

  • ギャラリー ラファイエット百貨店

    オペラ座界隈の中心に位置する老舗デパート、ギャラリー・ラファイエット。天井を飾るクーポールと呼ばれるドーム型ステンドグラスは歴史的建造物に指定され、パリ観光のスポットの1つとなっています。このデパートに行けば、ブランド物から、お土産、滞在中のご飯やお菓子まで、なんでも揃う上、ショッピングで面倒な免税手続きも日本人専用のカウンターがあり、日本語で対応してくれるのでとっても安心です。さらにここでは免税手続きだけでなく、ショッピングの相談や館内のお得情報も聞けるので、ショッピングの前にまず立ち寄ってみるといいかもしれません。隣にはプランタンも並んでおり、周辺は巨大なショッピングエリアになっています。

  • パリ オペラ座

    オペラ座は劇場としての素晴らしさだけではなく、その建物自体も豪華絢爛で、一歩足を踏み入れると中世フランスにタイムスリップしたような感覚になります。華麗な佇まいのオペラ歌劇場は、大理石とブロンズ、金箔を多用したファサードと、モザイク装飾の天井、大理石、彫刻などで見事に飾られた堂々とした内部入口の大階段で、非常に優雅な様相を呈しており、劇場であるだけでなく、さまざまな芸術品が並ぶミュゼといっても過言ではありません。2000人の観客を収容できる広い劇場内部は、皇帝の色である赤と金をメインに装飾されており、非常に豪華な作りになっています。皇帝のパヴィリオンとの間には、図書博物館(フランス国立図書館)があり、1669年にルイ14世によって設立された王立音楽アカデミーから今日のパリ国立オペラに至るまでの歴史を物語る資料や品物が沢山保管されています。

パリのトラベルガイド

パリのトラベルガイド