パリ, シャンゼリゼ (8 区) 周辺のホテル

パリ, シャンゼリゼ (8 区) 周辺の 193軒のホテル検索

  • 事前払いまたは現地払いのオプション有
  • ほとんどの部屋のキャンセル手数料無料
  • 価格保証

シャンゼリゼ (8 区)の旅行コース

パリ旅行

スタイリッシュとコスモポリタンを体現する都市パリは、世界最高水準のレストラン、居心地良いカフェに交じって、有名な観光名所が点在し、訪れてみたい都市として上位にあげられる街です。世界で最も権威ある美術館のいくつかが存在し、一年中多種多数のイベントでにぎわう最重要級の文化中枢でもあります。多国籍企業が多い地域のため、商用客も多く訪れます。
パリの象徴、エッフェル塔が摩天楼の中から誇りやかにそびえ立ち、夜間はライトアップでいっそう見応えがありますが、この塔一番の魅力は、展望階からの息をのむ眺望です。700 段分を超える階段をのぼるか、エレベーターに乗って展望階まで上がりましょう。子どもたちが終日楽しく過ごせるディズニーランド パリは、おとぎ話に出てくるような城が立ち、カラフルな乗り物、魔法をテーマにした愉快なキャラクター満載の世界です。ルーブル美術館前には、奥の伝統的なルーブル宮と対照的に輝くガラスのピラミッドがあります。ここから取り入れられた自然光が広々した地下展示室まで届きます。世界中から集められた数千点の作品を鑑賞でき、「モナリザ」の静かな微笑、迫力満点のルネサンス絵画の大コレクションには特に多くの来館者が引きつけられています。ノートルダム大聖堂は、繊細なフランス ゴシック建築の粋で、白い石造りの外観、きらびやかな金の内装、高い天井で知られています。シックなパリ市民と同じ装いを手に入れるには、ぜいたくなギャラリー ラファイエットに向かいましょう。この高級デパートでは、10 階を上回るフロアにデザイナーのファッション、アクセサリー、コスメなどを販売しています。

シャンゼリゼ (8 区)

パリの8区は、市の中央のやや西寄りにある行政区。「エリゼ区 (Arrondissement de l'Élysée)」と呼ばれることもあります。セーヌ川の北岸に面しており、アンヴァリッド(廃兵院)の対岸にあたります。 区の名称は、市の中央部から時計回りに螺旋を描くようにして各区に付けられた番号を基にしており、当区はその8番目にあたることから、「8区」と名づけられました。7区とともにフランスの政治・行政の中心であり、フランス大統領官邸、内務省があります。また、世界的に有名な凱旋門、マドレーヌ寺院、シャンゼリゼ大通り、コンコルド広場などもあります。 なお、セーヌ川に沿った地域は、「パリのセーヌ河岸」として世界遺産に登録されています。 世界一美しいと言われ、「晴れでも、雨でも、昼でも、夜でも、欲しいものは何でもあるさ」と唄われた街路、シャンゼリゼ大通り。東はコンコルド広場を出発し両脇に緑が溢れる並木道から、西は凱旋門へ向けてカフェ、映画館、アーケードが並ぶ華やかな歓楽街へと表情を変えています。シャンゼリゼ特徴づけるのは、やはりその広さでしょう。何車線にも渡る大通りの両側には、人々がそぞろ歩き、カフェがテーブルを並べ、大道芸人が人だかりを集めるのに十分な舗道が広がっています。そして通りには高級ブティック、映画館、ショッピング街、キャバレー、ショールームなどが立ち並ぶ。周辺も華やかな通りが続き、ジョルジュ・サンクとモンテーニュ通りを結ぶエリアは一流ブティックやシックなレストラン、高級ホテルが集中する黄金の三角地帯。 全長2km、幅約100mの並木道。ギリシャ・ローマ神話に由来し、楽園を意味する「エリーゼの野」大通りは、フランス革命記念日(7月14日)や国家的行事にも利用されています。また、自転車レース「ツール・ド・フランス」のゴール地点となったり、大晦日には歩行者天国となって新年を祝うイベントが行われるなど、数々の祝祭イベントの舞台となっています。18世紀末には荒涼としていたが、1828年パリ市の管轄になってからは、ガス灯や噴水で飾られた賑やかな通りとなり、 富裕階級の遊び場として栄えました。
今や革命記念日(毎年7月14日)にパレードが行われたり、 シャンゼリゼ大通りは、コンコルド広場から、凱旋門のあるシャルル・ド・ゴール広場まで延びる全長2㎞、幅約100mの並木道です。通りには高級ブランド店、老舗カフェ、映画館やキャバレーが軒を連ね、華やかな雰囲気に溢れています。 今日シャンゼリゼ大通りは、 。

おすすめ宿泊エリア

パリには、5 つ星から格安ホテルまで幅広いホテルがあります。主要名所の近くには 3 つ星から 4 つ星のホテルがいくつもあり、24 時間多言語対応の親切なスタッフが迎えるフロントデスク、荷物保管、ツアーやチケットの手配、無料の朝食、事務サービス、コンシェルジュ デスク、バーなど便利なサービスを備えていることで人気を集めています。一日たっぷり観光した後は、空調、防音が行き届いた、LCD テレビ、MP3 ドッキング ステーション、無料の新聞、無料 WiFi、金庫、直通電話、ヘアドライヤー、プライベート バスルームなど、アメニティの充実した快適な客室に戻ってくつろぎましょう。
第 7 区のエッフェル塔からオルセー美術館までは、ホテル、レストラン、主要な見どころが集まり、観光客でにぎわうエリアです。エッフェル塔の影を踏みながら歩くと、粋なバルコニー付きアパルトマン、テラスのある背の高いビルが並んでいます。第 8 区のシャンゼリゼ通りは凱旋門に通じるいかにもパリらしい通りで、歩道に張り出したカフェ、ブティック、書店が軒を連ねています。文化の香りと活気に満ちた代表的な地域です。第 9 区にはオペラ座といくつもの有名デパートがあるため、ショッピングでも人気があり、躍動感あふれるビジネス街には多くの多国籍企業が本社を構えています。
シャンゼリゼ (8 区) の周辺だと、ホテル ナポレオンホテル デュ コレクショナー アルク ドゥ トリオンフホテル マリニャン シャンゼリゼなどがおススメです。
シャンゼリゼ (8 区) 地域で 5件予約された オテル スプランディード ロイヤル パリホテルと口コミで パリの人気ホテルとして評価され 5件予約された ロカパート - サン ラザール / モンソー ホテルをお勧めします。

アクセス

ロワシー シャルル ド ゴール空港はパリの北 25 ㎞ にあり、世界中の主要都市と空の便でつながれています。空港からタクシーやレンタカーを利用できますが、ピーク時は道路が非常に混雑します。公共交通機関を利用すると、通常は時間、費用ともに大幅に節約できます。空港とパリ北駅は所要時間約 25 分間の高速 TGV でつながれています。オルリー空港はパリの南 12 ㎞ の場所にあり、ヨーロッパと北アフリカの各地と空路でつながれています。ここからトラムウェイ サービスを利用して地下鉄やバスに乗り換えると、ポルト ドゥ ショワジー地区まで 40 分で行くことができます。
シャンゼリゼの最寄駅は、パリ・メトロ1号線 フランクラン・ルーズヴェルト駅、ジョルジュ・サンク駅、パリ・メトロ1、2、6号線 シャルル・ド・ゴール・エトワール駅となります。

シャンゼリゼ (8 区)のトラベルガイド

パリのトラベルガイド