北半球の人々にとって、8 月は夏の最後の月。休暇を最大限に活用するには、行き先を賢く選ぶ必要があります。そこで 8 月におすすめのスポットを厳選しました。

    のどかなビーチ、感動的なサファリ アドベンチャー、風光明媚なハイキング、舞台芸術祭。アフリカのサバンナから、北ヨーロッパの首都まで、方面も多彩です。野生動物を間近で観察。文化に親しむ。大満足の 8 月の旅を見つけましょう。

    1

    スペイン、フォルメンテラ島

    素晴らしいビーチとのんびりとした雰囲気

    ヨーロッパでも指折りのビーチ。8 月のフォルメンテラ島は、透き通った海と、海岸の粉のように柔らかい白砂に魅せられたカップルや家族でいっぱいです。このスペインの島で人気のあるアクティビティは、シュノーケリングセーリング、そして日光浴。より大きくて混雑した隣のイビサ島からフェリーで簡単に行くことができるため、フォルメンテラ島は日帰り旅行客にも人気の目的地となっています。

    ここに 1 日以上滞在する場合でも、ほとんどの場合はイビサ島にある最寄りの空港を経由してここに着くことになるでしょう。フォルメンテラ島のビーチでは、大きな近隣のビーチよりもはるかにリラックスして過ごすことができます。島の北部に 450 m にわたって広がるプラヤ デ セス イエテスは、とりわけ素晴らしいビーチです。このビーチは細長く伸びた陸地に沿って広がっており、思い出に残る夕日のスポットでもあります。ターコイズブルーの海は浅く穏やかで、海水浴にぴったりです。

    ビーチに行きたい !

    地図
    2

    ケニア、マサイマラ

    畏敬の念を起こさせるアフリカの自然

    ケニアのマサイマラ国立公園。ここで自然界で最も劇的な光景の 1 つとされる動物の大移動を見たいのであれば、8 月が最適な月です。マサイマラとセレンゲティを隔てているマラ川。ワニが出没するこの川を、およそ 200 万頭のヌーの群れが渡ろうとします。ヌーのほかにも、この動物保護区にはビッグ 5 と呼ばれるライオンヒョウ水牛サイをはじめとして、さまざまな野生生物が生息しています。これらのうちの最初の 4 種は目にする可能性は非常に高いものの、この保護区のクロサイは少し見つけにくいことがあります。

    8 月のマサイマラは比較的乾燥して涼しいため、保護区のサバンナの荒野でサファリをするのに最も人気があり、費用も高くなる月の 1 つとなっています。日中の最高気温は 25°C 程度で、気温は快適です。また、雨が降らないため植物が少なくなり、この地域の素晴らしい野生生物を見る機会が増えます。

    自然と戯れる

    地図
    3

    カナダ、バンクーバー

    芸術と自然が均等に

    バンクーバーの文化は多様性に富み、活気に満ちたアートが街を賑わせています。8 月はバンクーバーで最も暖かい月。平均気温は 18°C と、比較的快適な季節です。したがって、この月にお祭りやその他の野外活動が活発に行われるのも自然なことです。8 月上旬にこの街を訪れるならば、印象に残るセレブレーション オブ ライツ国際花火大会を見られるチャンスがあります。この種の大会で最も名誉あるものの 1 つです。

    またバンクーバーは、その自然景観の美しさで世界中で知られています。スタンレーパークは、自然に囲まれてハイキングやサイクリングができ、街から近い便利な場所にあるため、とても人気があります。バンクーバーには楽しく過ごせるビーチもたくさんあります。イングリッシュベイ ビーチは海水浴向けの素晴らしいビーチ。またキツラノ ビーチは地元では「キッツ」と呼ばれ、大きな海水プールや近くのバスケットボール コートも含め、さまざまな施設が整っています。ビーチとハイ カルチャーを組み合わて旅をしたいならば、8 月を通してバンクーバーで催されるバード オン ザ ビーチ シェイクスピア フェスティバルがお勧めです。

    今すぐ見る

    地図
    4

    スロベニア、リュブリャナ

    新進気鋭の理想的な都市滞在型休暇の場

    リュブリャナは、緑豊かな空間と印象的な建築に彩られた魅力溢れる街です。8 月は気温が 26°C 前後になるため、スロベニアの美しい首都を訪れるのによい時期です。気候が温暖なので、自転車に乗ってこの街の活気ある文化を探索するのにも絶好の季節です。旧市街の上にあるリュブリャナ城の壮観は見逃せません。ケーブルカーの鉄道があるので、頂上まで容易に行くことができ、街の素晴らしい景色を楽しむことができます。地上に戻ったら、メテルコバに向かいましょう。街の文化の中心地で、独創的なストリートアートを楽しみながら、爽やかなスロベニアの白ワインで喉を潤しましょう。

    近くにあるブレッド湖にも行かなくては旅は締めくくれません。首都の北西 55 km の場所にあります。山々と森に囲まれたこの地域では、絵のように美しい風景の中をハイキングすることができ、また古代の城を見ることもできます。湖の中にはブレッド島があり、手漕ぎボートで行くことができます。聖母被昇天教会 (湖のマリア教会) が島を象徴する見所となっており、訪れる価値があります。

    セールを見る

    地図
    5

    英国、エディンバラ

    お祭りを見物し、素晴らしい観光スポットを満喫

    8 月のエディンバラではさまざまなお祭りが開かれるため、この華やかな街を訪れるのに絶好の季節です。このスコットランドの首都では、毎年 11 回の祭りが催されますが、そのうちの 5 つが 8 月中に行われます。芸術を愛する人にはエディンバラ芸術祭、また文学好きの人にはエディンバラ国際ブック フェスティバルがお勧めです。おそらく最もよく知られているのがエディンバラ フリンジ。最も多くの人が訪れます。この芸能の祭典では、さまざまな演目が上演されますが、近年では高い技量を持ったコメディアン達がこの街に惹き付けられて、フェスティバルの国際的な評価を高めています。

    お祭りを満喫した後も、見るもの、することが 8 月にはたくさんあります。比較的天気の良い日は、外に出てみましょう。この街を象徴するエディンバラ城はロイヤルマイルの頂上にあります。石畳の急坂を歩いて行く価値は十分にあります。明るく晴れた朝には、近郊にある死火山のアーサーズ シートを訪れるのがお勧めです。ここから眺める街の景色はインスタ映えすること間違いありません。

    今すぐ予約

    地図
    Shane Mac Donnchaidh | コントリビューティングライター

    旅行の計画をスタート !

    新型コロナウイルス (COVID-19) に関する旅行情報

    本ガイドでご紹介しているアトラクションやツアーは、コロナの影響により営業状況が通常と異なる場合があります。ご出発の前に現地の情報を確認してください。

    ページトップに戻る

    Maps