旅とは視野を広げること。新しい景色を見て、新しい人と出会い、新しい文化に接することです。加えて、世界の多様な味覚を知ることも旅の醍醐味でしょう。あらゆる国に独自の料理がありますが、移民やその土地の環境、大挙して訪れる旅行客の影響を受けることも少なくありません。

    新鮮な魚介類、バーベキュー ステーキ、スパイシーなスープ、ベジタリアン料理。どのような料理がお好きでも、大満足なグルメ都市があります。珍しい食べ物、絶品料理、食事以外も楽しめる、選りすぐりの都市ベスト 15 をご覧ください。

    1

    日本、大阪

    天下の台所

    大阪は食の街として日本でも一目置かれた存在であり、親しみを込めて「天下の台所」と呼ばれています。街の住民は、気さくで面白いことが好きとして知られており、これは食文化にも反映されています。人気の料理には、お好み焼きたこ焼きなどが挙げられます。大阪には日本最大級の魚市場もいくつかあり、マグロの競りが毎日行われています。

    手頃な価格でいろいろなものを少しずつ味わいたいなら、道頓堀に向かいましょう。串かつ焼き鳥といった屋台が並んでいます。近くには黒門市場があり、新鮮な野菜、エビやカニ、またお土産を買うことができます。

    一切れちょうだい

    地図
    2

    フランス、リヨン

    伝統的なブションと 20 軒ものミシュラン星付きレストランが集う

    フランスの美食の都として知られるリヨン。ブションと呼ばれるリヨン特有のレストランでは、リヨンの郷土料理を味わえます。仔牛のキャセロール、鴨レバーのパテ、ローストポークやソーセージなど、どれも深い味わいのあるものばかりです。食事と食事の合間に、世界屈指の美味しさのワインとチーズを驚くような価格で扱っている生鮮市場を歩いてみましょう。リヨンが発祥とされる有名な料理には、ロゼット リヨネーズ (燻製のポークソーセージ)、サラダ リヨネーズ (ベーコン、レタス、クルトン、卵のサラダ)、そしてタブリエ ド サプール (牛の胃袋を使った料理) などがあります。

    市内にはミシュランの星を獲得したレストランが 20 軒ほどあり、その中には完璧な 3 つ星を誇るレストラン、ポール ボキューズがあります。壮大な市庁舎があるリヨン 1 区では、何軒ものレストランが軒を連ねます。カフェ コントワール アベルは、リヨンで最も古いブションと言われています。ここでは、季節の食材を生かした本格的な地元料理を食べることができます。

    チーズをどうぞ

    地図
    3

    ペルー、リマ

    ペルーの食の首都でニッケイ料理を試す

    飛行機で世界中を飛び回る食通の間で注目を集めているリマ。サンペレグリノがスポンサーを務める世界のベストレストラン 50 によれば、世界のトップ 10 のレストランのうちの 2 軒がリマにあります。波のように押し寄せた移民により、ラテンの食材に日本の風味と調理技術が組み合わさって、日系ペルー料理、ニッケイ料理が独自に形成されました。文字通り、太平洋を越えて交わることで生まれた料理と言えるでしょう。

    市内で味わえるおいしい料理には、クイ (揚げたモルモット)、セビチェ (柑橘類の果汁で絞めた生の魚)、そしてロモ サルタード (サーロインのマリネ) などがあります。セントラル レスタウランテは、リマのトップクラスのレストランで、正統派のペルー料理やピラニアなどのユニークな料理を楽しめます。

    食べてみよう

    地図
    4

    アメリカ合衆国、テキサス州、オースティン

    世界最高クラスのバーベキューを食べる

    オースティンには、世界最高クラスのバーベキューの店が何軒もあります。この街を訪れたなら、バーベキューされたリブ、ソーセージ、ブリスケット (肩バラ肉) を食べるべきです。これらは「テキサスのバーベキューの三位一体」とも呼ばれています。地元でよく見られる付け合わせは、ポテトサラダ、ザワークラウト、豆など。そして、ほとんどの店のメニューにフライドポテトが載っています。

    フランクリン バーベキューはおそらく市内で最も有名なレストランで、厳格にランチの時間のみ営業しています。このレストランの評判は高く、プルドポークやブリスケットのほか、さまざまな燻製肉を楽しめます。何時間も列に並ぶときもありますが、胃袋は十分に満足します。夜は 6 番街に向かい、典型的なオースティン スタイルのバー巡りで締めくくりましょう。

    今すぐ予約

    地図
    5

    タイ、バンコク

    世界のストリート フードの中心地へ

    バンコクは世界のストリート フードの中心地として人気を集めています。その料理は、スパイシーさ、酸味、塩味、甘味、苦味の 5 つの風味が混ぜ合わされた、味の爆発として有名です。トムヤムクン (エビの酸っぱいスープ)、パッタイ (タイ風焼きそば)、ソムタム (グリーンパパイヤのサラダ) といったストリート フードは街中にあり、ほとんどの場所で 100 バーツ以下の値段です。

    チャイナタウン、シーロム、そしてバンコクの旧市街では、何百もの露天商が早朝から深夜まで食べ物を扱っています。都心の喧噪から逃れたい場合はソイ ランブットリーに向かいましょう。混沌とした雰囲気で有名なカオサン通りに近い歴史地区にあります。

    お腹いっぱい食べよう

    6

    オーストラリア、メルボルン

    活気のあるコーヒーショップとブランチのカルチャーに浸る

    メルボルンは活気に満ち、若さが溢れる都市です。コーヒーショップの文化は、この街の DNA の一部となっています。ここの料理は、中国、英国、スペイン、イタリア、ギリシャ、メキシコなど、過去数十年にわたって押し寄せた移民の波から影響を受けてきました。居心地の良いワインバーやレストランは何十軒もあり、ブランチのメニューは他の街とは比べものになりません。

    チャイナタウンは、中国の食材とスパイスをふんだんに使った料理を楽しむのにぴったりな場所であり、またカールトンはイタリア料理でトップクラスと言われている地区の 1 つです。メルボルンの若者を虜にしているボヘミアン料理が気になりますか ? そうであればセントキルダまたはフィッツロイに向かいましょう。一風変わったクラフトコーヒーとブランチを試したいならば、ツー バーズ ワン ストーンへ。アボカドトースト、リコッタパンケーキ、中東風の焼きナスなどが名物料理です。

    今すぐ検索

    地図
    7

    スペイン、サン セバスチャン

    ユニークなバスク風のタパス料理を楽しむ

    一人当たりのミシュランの星付きレストランの数がパリより多いサン セバスチャン。まさに料理を楽しむために行く場所です。タパスのバスク版とされるピンチョスは、ここが発祥の地とされています。塩漬け肉やシーフードをスナックサイズにした一品を、素晴らしいリオハ ワインとともに平らげましょう。この街で最も有名な料理には、焼いたクモガニ、二枚貝のマリネエール、イカスミ風味の仔イカなどがあります。

    サン マルティン市場は、市内で最大かつ最も有名な魚市場ですが、さまざまな種類のおいしい肉も扱っています。料理は他の誰かに頼みたいですか ? 海に面したレストラン、アルサックは受賞歴もあり、地元のワインやカラフルなカクテルを飲みながら、ユニークなバスク料理を味わうことができます。

    タパスを満喫

    地図
    8

    トルコ、イスタンブール

    伝統的なバザールでメゼを楽しむ

    トルコ料理は、かつてここに君臨した帝国と同じくらい多様性に満ちており、バルカン半島、中央アジア、東ヨーロッパ、中東の料理が融合したものとよく言われています。このトルコ最大の都市、イスタンブールで定番なのが、メゼと呼ばれる前菜。地元でよく食されるメニューには、エズメ (トマトのピリ辛ペースト)、パトゥルジャン サラタス (焼きナスのサラダ)、ゼイティンヤール エンギナル (アーティチョークを使った美味しい料理) などがあります。

    バザール巡りをして、ケバブをつまみ、新鮮なミントティーを味わってみましょう。グランドバザールは、世界最大かつ最古の屋根付き市場の 1 つです。店舗の数は 4,000 軒に上り、1 日あたり最大 40 万人が訪れます。スパイスとトルコ料理のほか、陶器、カーペット、ジュエリーも売られています。混雑を避けるには、早目に行きましょう。

    食べよう

    地図
    9

    アメリカ合衆国、ニューヨーク州、ニューヨーク

    世界の料理のるつぼ

    ニューヨークは世界中の文化のるつぼであり、その文化の多様性は料理も反映されています。ビッグアップルは、ホットドッグからベーグル、そして NY スタイルのピザに至るまで、さまざまな料理を世に広めてきました。また、エッグベネディクト、ロブスター ニューバーグ、ミートボール スパゲッティなど、世界的に有名になった料理の発祥の地でもあります。

    また安くておいしいものを探すなら、この街の有名なストリート フードを楽しむことをお勧めします。ミッドタウンやブロンクスには、さまざまな文化から生まれた料理を売る屋台が並んでいます。食べ物の大きさは大抵は巨大です ! お金を惜しまない気分ならば、マンハッタンのアッパー イーストサイドにある高級レストランに行きましょう。また、食料品を買い込んで、自分で料理を手早く作るという案もあります。NYC にあるデリ、食料品、お酒を扱う雑貨店の数は 12,000 軒を超えます。

    新しい食べ物を見つける

    地図
    10

    イタリア、フィレンツェ

    風変わりではあるが素晴らしい肉料理を試す

    フィレンツェはトスカーナ州の食の都であり、食材の質がよく、風味も際立っていることで有名です。その料理は、高級料理よりもむしろ農民の食事の伝統に由来しています。そして動物の身体で無駄になるところはほとんどありません。フィレンツェの有名な肉料理には、フィレンツェ風のステーキやランプレドット (牛の胃袋の煮込みをサンドイッチにしたもの) があります。

    パスタから牛の胃袋の煮込みに至るまで、あらゆる料理を売る屋台が街中で見つかります。サン ロレンツォ周辺に位置する歴史的なスポット、ダ ネルボーネ。ここには、フィレンツェのストリートフードで最も有名な場所があります。長い行列ができていて、待たなければならないかもしれませんが、ダ ネルボーネの屋台では本格的なフィレンツェ料理を楽しめます。

    どうぞ召し上がれ

    地図
    11

    デンマーク、コペンハーゲン

    究極の新北欧料理

    コペンハーゲンは、分子ガストロノミーにおいて既成概念の枠を超えています。そのダイニングシーンだけでも、旅行するだけの価値があります。デンマークの食の中心地でもある首都の街。スモーブロー (ランチによく食べられるオープン サンドイッチ) のほか、コッグ トースク (茹でたタラ) やフレスケスタイ (皮付きのローストポーク) といったボリュームのある魚料理や肉料理で有名です。また、コペンハーゲンは新北欧料理の発祥の地でもあります。この料理は、新たな料理のベースとして、自然、地元、季節の食材を使うことを推奨しています。

    新北欧料理に触発された最高の料理を試してみたいならば、ミシュランの 2 つ星を獲得したノーマ レストランを予約しましょう。メニューには、グリルしたネギ、鶏皮とデンマーク産スモークチーズを添えたライ麦パン、ウズラの卵の燻製、海草を添えた生海老など、想像力に富んだ料理が揃っています。

    セールを見る

    地図
    12

    アメリカ合衆国、サウスカロライナ州、チャールストン

    ローカントリー料理の本場

    チャールストンは、ローカントリー料理を楽しむのにぴったりな場所の 1 つ。この料理は、シーフードをふんだんに使い、アフリカの影響を取り入れた伝統的な南部料理です。地元の人のお気に入りには、フロッグモア シチュー、オクラのスープ、シュリンプ アンド グリッツ、チャールストン レッドライスを添えたサーモンなどがあります。ほとんどの料理には、ホッピンジョン (カロライナの豆と米を使った料理)、オーブンで焼いたマックンチーズ、キャベツの炒め物などが添えられています。

    チャールストンのフレンチクォーターには、受賞歴のある 82 クイーン レストランがあります。このレストランはローカントリー料理が専門で、地元の季節の食材を使用しています。値段はやや高めですが、南部風のおもてなしと料理の完成度にはきっと満足します。

    ここに行く

    地図
    13

    アルゼンチン、ブエノス アイレス

    世界中のステーキを愛する人のメッカ

    アルゼンチンの料理は、イタリアやスペインからの移民の影響を強く受けています。アルゼンチンのステーキは世界中で高い評価を得ており、首都ブエノスアイレスでは、鉄板で焼いたスタイルでも、または網焼きのスタイルでも、最高クラスのステーキに出会えるでしょう。そのバーベキュー料理のほかに、ブエノスアイレスでよく食べられている料理には、エンパナーダ (肉、エシャロット、ジャガイモ、卵を詰めたペストリー)、ミラネサ (鶏肉または仔牛肉を叩き、パン粉を付けて焼いた料理) があります。

    ブエノスアイレスでは、カジュアルなボデゴン (居酒屋)、パリラ (バーベキュー レストラン)、そして高級レストランが街中にあります。カバーニャ ラス リラスは、ブエノスアイレスでもトップクラスのステーキハウスです。会計が高額になることもあるため、クレジットカードを持って行くことを忘れないでください。しかし値段だけの価値はあります。

    ステーキをどうぞ

    地図
    14

    シンガポール、シンガポール島

    食べることが国民の娯楽

    この国の歴史が物語るように、シンガポール料理は、マレー、中国、インドの影響を受け、極めて多様性に富んでいます。シンガポール人は、自分達の食べ物を国民性の一部と見ています。この国の文学では、食べることが国民の頭から離れないと強く主張しています。地元の人のお気に入りには、バクテー (中国のスパイスとハーブで骨付きの豚肉を煮込んだスープ)、牛肉のクイティオ (蒸し煮または煮込んだ牛肉を添えたヌードルスープ)、酔っ払い海老 (米から作った酒で調理されたエビ) などがあります。

    シンガポールでは、高級レストランがそこら中にあります。しかし、その文化と多様な料理を味わうには、屋外の食の複合施設、ホーカーセンターに行くことをお勧めします。この国最大のホーカーセンターであるチャイナタウン コンプレックス フードセンターには 260 軒を超える屋台があり、レトロで楽しい雰囲気が漂っています。

    味わい尽くす

    地図
    15

    アメリカ合衆国、サンフランシスコ

    ゴールデン ゲート シティでシーフードを堪能

    サンフランシスコは海に囲まれた街。人気料理の多くがシーフードであることはごく自然です。チョッピーノは、シンプルながら風味豊かなシーフード シチュー。このゴールデン ゲート シティが発祥です。その他の人気料理は、パンボウルに入ったクラムチャウダー、ダンジネスクラブ、ポルトガル風のカルド ヴェルデ (緑のスープ) など。また、さまざまな肉料理のほか、ピザ、サンドイッチ、ホットドッグなどの世界中で人気のある食べ物もあります。

    サンフランシスコの最高のシーフード料理を味わいたいならば、受賞歴のあるフォグ ハーバー フィッシュ ハウスをお勧めします。港とゴールデン ゲートの壮大な風景も楽しめます。

    お腹はぺこぺこ

    地図

    旅行の計画をスタート !

    新型コロナウイルス (COVID-19) に関する旅行情報

    本ガイドでご紹介しているアトラクションやツアーは、コロナの影響により営業状況が通常と異なる場合があります。ご出発の前に現地の情報を確認してください。

    ページトップに戻る

    Maps