ニューヨーク トラベル キットには、米国でも屈指の人気を誇る目的地への旅行を計画するのに役立つ重要な情報をまとめました。どんなに旅慣れた人でも、旅立つ前に必ず確認しなければならないことがあります。現地の天候の様子、空港からホテルまでの行き方、必要な通貨とプラグの種類など、これらすべてにお答えするほか、旅行におすすめのシーズン、行き方、おすすめの観光ルートについての基本的な情報など、役に立つ旅行のヒントもいくつかお教えします。

    すべてこのニューヨーク トラベル キットに詰まっています。この読みやすくまとめられたガイドを読み終える頃には、ニューヨークへ旅立つための準備がいくらか整っているはずです。

    1

    ニューヨーク旅行におすすめの時期 (気象情報)

    ニューヨークは温暖湿潤気候で、平均気温は冬 0 ℃、夏 23 ℃ です。

    • 年間を通して雨が降り、雨の日は月に平均 9 ~ 11 日間ほどです。
    • 12 月から 3 月の間は雪が降ることがあります。
    • 1 年で最も温暖な時期は、5 月 ~ 9 月です。
    • 夏の 6 月から 8 月までは観光のピークシーズンのため、ホテルと航空券もピーク料金となります。
    • 5 月、6 月、9 月下旬から 11 月上旬が旅行に最適な時期です。天候は穏やかで、夏の混雑を避けることができ、航空券とホテルの料金も比較的手頃です。
    2

    ニューヨークの基本

    • 言語 : 主要 : English; Secondary: スペイン語、中国語、イタリア語
    • プラグの種類 : A および B
    • 電気 : 120 V
    • 通貨 : 米ドル (US$)
    • 国際電話コード : +1 212
    • 緊急通報番号 : 911
    3

    市内への入り方

    ジョン F ケネディ国際空港

    ジョン F ケネディ国際空港 (JFK 空港) はニューヨークの主要空港です。市内中心部から東南東に約 24 km、クイーンズ区にあります。北米で最も乗降客の多い空港の 1 つで 8 棟のターミナルがあり、さまざまな飲食店やショップ、銀行や両替サービスなどの施設が入っています。ニューヨーク中心部に行くには、いくつかの方法があります。

    • マンハッタンまでタクシーを利用する場合、所用時間は約 30 ~ 40 分、料金は US$50 ~ 75 前後です。タクシー乗り場は、各ターミナルのすぐ外にあります。
    • エアトレイン (AirTrain) と地下鉄を利用する場合、マンハッタンまでの所用時間は約 50 ~ 75 分、料金は US$7.75 です。エアトレインの駅は各ターミナルにあります。これがニューヨークのダウンタウンに行く最も安価な方法です。
    • JFK 空港にはさまざまなシャトルバス会社が乗り入れています。マンハッタンまでの所用時間は約 50 ~ 75 分、料金は US$20 ~ 30 前後です。
    • レンタカー会社のカウンターデスクは、各ターミナルにあります。手続き後、エアトレインでフェデラル サークル駅に行き、乗車します。


    耳より情報

    • マンハッタンまで地下鉄を利用すると最も時間がかかります。
    • そのため推奨ではありませんが、利用する場合はエアトレインでジャマイカ駅まで行き、ダウンタウン / ミッドタウン マンハッタン行きの E、J、Z 線に乗り換えます。または、エアトレインでハワードビーチ駅まで行き、A 線に乗ります。
    • ピーク時は、ジャマイカ駅でロングアイランドレイルロード (LIRR) に乗り換えれば、マンハッタンとブルックリンまでの時間を大幅に短縮できます。


    ラガーディア空港

    ラガーディアはニューヨークにある 3 空港のうち最も小さい空港です。マンハッタンのミッドタウンから約 13 km のクイーンズ区にあります。主に国内線が就航しています。ニューヨーク中心部に行くには、いくつかの方法があります。

    • マンハッタンまでタクシーを利用する場合、所用時間は約 20 ~ 30 分、料金は US$50 ~ 75 前後です。タクシー乗り場は、各ターミナルのすぐ外にあります。
    • Q70 バス (ラガーディア リンク) はジャクソンハイツの地下鉄駅に接続しています。ミッドタウンとローワー マンハッタンまでの所要時間は約 1 時間、料金は US$7.75 です。
    • M60 バスは、空港とブロードウェイ (コロンビア大学の近く) を結んでいます。アッパー マンハッタンまでの所要時間は約 1 時間、料金は US$8 前後です。
    • グランドセントラル駅、ペン駅 (ペンシルベニア駅)、ポートオーソリティ行きの NYC エアポーター バスもあります。
    • ターミナルの外で、レンタカーセンター行きシャトル乗り場の看板を見つけましょう。約 10 社のレンタカー営業所があるレンタカーセンターまで、無料のシャトルバスを利用できます。


    ニューアーク国際空港

    ニュージャージー州にあるニューアーク国際空港 (EWR) は、ニューヨークのダウンタウンからの距離が他の 2 つの空港よりも少し離れています。国際線、国内線ともに就航しています。ニューヨーク中心部に行くには、いくつかの方法があります。

    • タクシーを利用する場合、所要時間は交通状況により 40 ~ 50 分。費用は US$50 ~ 75 前後です。
    • エアトレイン ニューアークは NJ トランジットとの接続が良く、NJ トランジットに乗り換えればマンハッタンのニューヨーク ペン駅 (ニューアーク ペン駅ではありません) まで行けます。ワールド トレード センターへは PATH 通勤鉄道を利用します。どちらの目的地も所要時間は 30 ~ 40 分、料金はワールド トレード センターまで US$11、マンハッタンまで US$12.50 です。
    • また、ポートオーソリティ、ブライアントパーク、グランドセントラル駅行きのニューアーク リバティー エアポート エクスプレス バスもあります。所要時間は約 50 ~ 60 分、料金は US$13 です。
    • エアトレインに乗って、レンタカーエリアに行きます。


    電車を利用する場合

    • ニューヨーク市には 2 つの主要な鉄道駅があります。
    • 1 つはグランド セントラル駅 (東側) です。ここからバスと地下鉄の路線 (4、5、6、7、S 線) に接続し、市内のどこにでも行けます。
    • 郊外に行く場合は、メトロノース (Metro-North) 通勤鉄道を利用すると便利です。
    • グランドセントラル駅はそれ自体が観光スポットのため、着いたところでまず 1 つ観光ができます。
    • もう 1 つは、ペン駅 (ペンシルベニア駅、西側) です。アムトラックと LIRR 両方の鉄道を利用できます。
    • ペン駅は、さまざまなバスや地下鉄線 (1、2、3、A、C、E など) と接続しているため、市内のどこへでも行くことができます。


    バスを利用する場合

    • すべての主要バス会社が米国内の各都市からポートオーソリティ バスターミナルに接続しています。
    • このバスターミナルには 12 の地下鉄線が乗り入れているため、ここからの乗り継ぎも便利です。
    4

    ニューヨークの歩き方

    旅行のヒント

    ニューヨークは、短い距離であれば徒歩での市内観光をおすすめします。離れたところに行くには、MTA (メトロポリタン トランスポーテーション オーソリティ) が運営する地下鉄とバスのネットワークを利用すると非常に便利です。

    • 24 時間年中無休の地下鉄とバス路線がたくさんあり、マンハッタン、クイーンズ、ブルックリン、ブロンクスの 4 地区を運行しています。
    • メトロカード (MetroCard) を購入すれば、地下鉄やバスに割引料金で乗車でき、提携している博物館やレストランも割引になります。
    • メトロカードの初期料金は US$5.50 です。地下鉄やバスの各駅にある券売機とカウンターで購入できます。
    • 地下鉄またはバスに 1 回乗車すると US$2.75 が差し引かれます (メトロカードがない場合の乗車券は US$3)。
    • 障害のある方はすべてのバスに無料で乗車できます。
    5

    タクシー

    • マンハッタンのタクシーはたいてい黄色 (通称、イエローキャブ) ですが、外側の区 (ボロ) のタクシー (通称、ボロタクシー) は緑色です。
    • 路上でタクシーを拾うことができます。
    • すべてのタクシーに、タクシーメーター、GPS、クレジットカード設備が付いています。
    • 降車時には運転手にチップを渡しましょう。
    • 基本初乗り料金は US$2.50、その後 1/5 マイル (約 322 m) ごとに 40 セント加算されます。平日の午後 4 時から午後 8 時までのラッシュアワーには加算料金が適用されます。
    • ニューヨークでは、Uber や Lyft アプリを利用してタクシーを呼び出すことができます。
    6

    シティバイクでサイクリング

    • ニューヨーク市には、シティバイクという自転車共有システムがあります。1 日と 3 日間有効のパスがあります。
    • 料金は、30 分間 1 回の乗車が US$3、24 時間有効 30 分間、回数無制限のパスが US$12 です。
    • ステーションは 24 時間年中無休。場所はアプリで確認できるほか、車体が独特の明るい青色のため、すぐに見つけることができます。
    7

    フェリー

    • ニューヨーク港をはさむスタテン島とマンハッタン間をスタテン アイランド フェリーが運行しています。料金は無料です !
    • マンハッタンからブルックリンとクイーンズに、イーストリバー フェリーを利用して移動することもできます。
    • イエローキャブと同じ黄色の水上タクシーもあります。ルートは市内さまざまですが、主として観光スポットを結んでいます。
    8

    • ニューヨーク周辺のドライブはあまり得策ではありません。パーキングも市内全域で高額です。
    • 車で市内に入るときは、どこに駐車するかをあらかじめ計画しておきましょう。ベストパーキング (Best Parking) ウェブサイトでは、民間パーキング施設の料金と場所の比較、路上パーキングに関する最新情報、車利用者が知っておくべき規制事項を確認できます。
    • 交通標識に注意して、必ず従ってください。急に牽引車が角を曲がってくることもあります。

    旅行の計画をスタート !

    Maps