初めてビッグアップルを訪れる方は、ニューヨークの典型的な場所を巡りたくなるかもしれません。これらの場所は、さまざまな映画やインスタグラムの投稿でよく登場しますからね。問題は、これらの場所がいつも非常に混雑していること。夢に描いたように楽しむことができないかもしれません。このめまいがするような状況はさておき、ここでは、ニューヨークの有名な観光地の罠を回避するための実用的なヒントをご紹介します。これがあれば、混雑し、過大評価された場所を切り抜けることができます。また、時間を最大限に活用していただくために、別の観光スポットも取り上げています。

    この巨大都市では、いろいろなことが同時に進行しています。新しいウォーターフロント プロジェクト、レストラン、公園、エコフレンドリーな建造物が開発され、マンハッタンだけでなく、あらゆる場所で進化を続けています。

    1

    タイムズ スクエアのレストラン

    見どころ満載のタイムズ スクエア。何か食べたくなれば、割高ではあるもののサンドイッチや焼き菓子が売られているので空腹は満たせますが、ちゃんとしたニューヨークの食べ物を探すなら、西に行きましょう。タクシーに乗らなくても徒歩 10 分圏内にさまざまなレストランがあります。

    良質なレストランが多いのは 9 番街の 49 丁目から 43 丁目とその周辺。さまざまな料理を楽しむことができ、ベトナム料理、タイ料理、イタリア料理、ギリシャ料理、トルコのハラール料理、韓国料理、フランス料理、アメリカのハンバーガーにフライドポテトなど、食の国連と言っても過言でないグルメ街になっています。

    地図
    2

    FAO シュワルツで子供のおもちゃ

    子供連れが足を運ぶ FAO シュワルツは、時代を超え、クラシカルな雰囲気を長年保ち続けているおもちゃ屋さんです。5 番街からロックフェラー プラザに移転した際に、店の規模はやや縮小されました。どちらかというと一昔前のおもちゃが多く、トム ハンクスの映画で有名なウォーキングピアノには子供よりも大人のほうが熱中するかもしれません。3 階建ての店内では「Welcome to our world, welcome to our world, welcome to our world of toys (私たちの世界にようこそ、私たちの世界にようこそ、私たちのおもちゃの世界にようこそ)」という歌がエンドレスで流れています。

    ほかには、タイムズ スクエアの M & M's ワールドもおすすめ。幅広い年代で楽しめる明るい雰囲気の店です。広々とした店内は複数のゾーンに分けられ、M & M のチョコレートだけでなく、あらゆる種類のキャンディーが販売されています。親切で、ユーモアあふれるスタッフも店の魅力。可愛らしい商品が多く、値段も手頃なので、お土産を探すのにも最適です。

    ロケーション: M&M’S World, 1600 Broadway, New York, NY, USA

    地図

    写真提供 Luis Penados (CC BY 2.0) 修正済

    3

    ソーホー

    ソーホー (「ハウストン通りの南」の通称) はマンハッタンの南のエリアです。以前はファッションとショッピングのトレンディスポットとして賑わい、有名なデザイナーズショップや独立系ブティックが軒を連ねていましたが、残念ながら現在は高い賃借料と客の好みの変化により、空き店舗が増えています。

    代わりに、16 丁目と 9 番街の角にあるチェルシー マーケットをチェックしてみましょう。珍しい食べ物、家庭用品、オシャレなファッションの店がたくさんある屋内ショッピングバザールです。独自の商品を扱う現代風の小さな店が多く、若々しさとクリエイティブな雰囲気にあふれています。

    ロケーション: 75 9th Ave, New York, NY, USA

    地図

    写真提供 Prayitno (CC BY 2.0) 修正済

    4

    エンパイア ステート ビルの屋上

    エンパイア ステート ビルと言えば、世界的に有名な歴史ある 86 階の展望台。ただし、展望台に行くには何時間も列に並ぶ覚悟が必要です。屋上に通じるエレベーターは小さく、観光客の長い行列ができています。しかも 1 人 $20 の入場料がかかります。そのお金を払うなら、橋を渡ってブルックリンに行き、上質なジンを片手にマンハッタンの景色を眺めるほうがはるかにおすすめです。

    ウィリアム ヴェイル ホテルワイス ホテルのルーフトップバーなどはもちろん、地上の川辺を含め、ほぼどこからでも息を飲むほど美しい夕暮れの景色を一望できます。ブルックリン橋の下も散策にぴったりです。ため息が出るほどロマンチックな景色が広がっています。モノクロ写真好きには必見のスポットです。

    地図
    5

    ロックフェラーでのアイススケート

    誰もが知るロックフェラー センターのスケートリンクですが、リンクそのものは小さめで、たいてい大勢の人で混み合っています。と言っても、行く必要がないわけではありません。ロックフェラー プラザは、スケートリンクだけではなく、全体として見る価値のある場所です。ロックフェラー プラザは、1930 年代の株価大暴落の影響を受けたアールデコ様式建築で、中の壁画は有名なディエゴ リベラによって制作されています。

    市内中心部の 8.9 ヘクタールに及ぶこのエリアはミッドタウンと呼ばれ、地下にも多くのショップやレストランがあります。有名人を見かけたり、映画のロケ現場に遭遇したりすることもあるかもしれません。53 丁目のニューヨーク近代美術館にも歩いて 7 分ほどで行けます。

    ロケーション: 45 Rockefeller Plaza, New York, NY 10111, USA

    地図
    6

    セックス アンド ザ シティのフードマップをたどる

    デザートに関して言うと、NYC はセックス アンド ザ シティのキャリーたちの時代から大きく進化しました。マグノリアのカップケーキはもはやトレンドではありませんが、ソーホーにあるアイリーンズのチーズケーキは不滅の人気を誇っています。

    イースト ビレッジにあるベニーロズ カフェは昔ながらの人気店で、数々のかわいいペストリーがガラスケースの中に並んでいます。その近くにあるスーパームーン ベイクハウスは、ユニークなクロワッサンで知られるベーカリーです。ミッドタウンのモダン ペストリーは独創的なデザートで定評があります。このように、1 番を決めるのが難しいほどニューヨークにはさまざまなベーカリーがあります。

    写真提供 vincent desjardins (CC BY 2.0) 修正済

    7

    ブライアント パーク

    有名なコンサートの会場でもあったブライアント パークには、今も多くの人がやって来ます。広さ 3.6 ヘクタールと比較的小さな公園で、いつも街の人であふれています。そのためせわしない感じがすることも。ゆっくりくつろぐことはあまりできないかもしれません。

    人混みを避けるなら、南のグラマシー パークがおすすめです。手入れの行き届いたガーデンがあり、ピクニックにもぴったりです。次に、通りを渡って 14 丁目のユニオン スクエア パークに行ってみましょう。スナックの種類が豊富で、周りの人を眺めて過ごすのにもよい場所です。

    本好きな人や流行に敏感な人には、そこから 5 分ほどの場所にある老舗のストランド ブック ストアがおすすめ。ブライアント パーク、グラマシー パーク、ユニオン スクエア パークはそれぞれ徒歩数分ほどの距離にあり、一石三鳥のエリアになっています。

    ロケーション: グラマシー パーク : 3rd Avenue and E. 18th Street, New York, NY, USA

    地図
    Joy Sanyapongse | コントリビューティングライター

    旅行の計画をスタート !

    Maps