はじめに: この夏、私たちは各地の旅行エキスパート達とタッグを組み、旅行の役に立つ#行こうリアル旅ガイドをお届けします!久しぶりの旅行が素晴らしいものになるように、旅先の裏側を知り尽くした地元の専門家によるヒントやおすすめ情報が満載のガイドです。その土地ならではのグルメから文化体験、アクティビティ、パフォーマンス、ショッピングスポットまで、旅行者に一風変わった旅と一生に一度の体験を提供します。また、新型コロナウイルス収束後に安全で充実した休暇を過ごすためのヒントも紹介しています。ザ・観光地とはおさらばしよう、今こそ#行こうリアル旅!

    微笑みの国へ、おかえりなさい ! 新型コロナウイルス(COVID-19))に関する渡航制限が 2 年以上を経てようやく緩和され、人々は再び海外旅行に出かけるようになっています。アジアを訪れる旅行客、特にのんびり休暇を楽しみたい多くの人にとって、アクセスしやすくホスピタリティやアクティビティも充実しているタイは、今も変わらず人気の目的地です。

    タイには、美しいビーチや、きらびやかな寺院、食欲をそそる料理など、見どころがたくさんあるので、はじめは旅程の組み方にも悩んでしまうかもしれません。最後の海外旅行から2年以上が経っているならなおさらのことです。しかし、ご安心ください。タイ在住で、エクスペディアグループののマーケット マネジメント担当ディレクターを務めるマーク・ヴァスが、この美しい国のあまり知られていないアクティビティや隠れた観光スポットについてのリアルな情報を紹介します。

    このガイドでは、タイのとっておきの穴場や街歩きのすすめ、旅を快適にする工夫やタイの新型コロナウイルス対策の現状など、旅行に役立つヒントをお伝えします。

    1

    まだ知られていないタイの休暇スポット

    タイを訪れ、この国の不思議な魅力をたっぷり楽しむには、今が絶好のチャンスです。タイの一部地域ではすでに活気が戻り始めていますが、ほとんどのビーチや島は、コロナ禍以前に比べると観光客がまだ少ないため、人混みを逃れて静かな環境でバケーションを満喫したい方にはピッタリです。

    タイのビーチに寝そべって美しい海を眺めたければ、ヤオノイ島やランタ島がおすすめです。どちらの島もまだ知名度がそれほど高くないため、絶景ポイントでも順番待ちの列に並ばずに写真撮影ができます。島を訪れる際は、ロングテールボートを 1 日借りて、フレンドリーな現地の人に島周辺を案内してもらうとよいでしょう。通常、島への日帰り旅行はランチビュッフェ付きです。また、旅程次第では途中で多くの立ち寄り先で景色を楽しむこともできます。澄みきった海でひと泳ぎできるように、シュノーケリングの道具をお忘れなく ! 저는 개인적으로 에메랄드 동굴이 가장 아름답다고 생각해요. 지난 2000년에 레오나르도 디카프리오가 출연한 '비치'라는 영화가 개봉했는데, 영화 속에 나오는 멋진 장면을 촬영한 곳이 바로 여기 에메랄드 동굴이에요. 레오나르도 디카프리오를 좋아하거나그의 영화를 인상깊게 봤다면 꼭 방문해 보시기를 추천해요.私に言わせれば、エメラルドケーブ以上に美しい場所はなかなかありません。2000 年に公開されたレオナルド ディカプリオ主演の映画「ザ・ビーチ」には、ここエメラルドケーブで撮影されたシーンも登場しました。映画をご覧になった方やディカプリオのファンなら必ず訪れたいスポットです。

    自然の中で過ごすのが好きな方には、チャトゥチャックのバンコク ウィークエンド マーケットの隣にあるクイーン シリキット公園がおすすめです。ここは、緑豊かな森と緑地が作る木陰の下をのんびりと散策できる公園です。運が良ければ、フクロウなどの珍しい鳥に会えるかもしれません。 

    近くにはルンピニー公園もあります。この公園から、新しく開園したベンジャキティ公園までは、地元の住宅街をまたぐ歩道でつながっています。このルートの途中には市街地と道路の上に架けられた吊り橋があり、民家、路地、モスクなどを垣間見ることもできます。 タイが誇る美しい寺院といえば、グランドパレス(タイ王宮)やワットアルン(暁の寺)が有名ですが、静かな地域に建つ知る人ぞ知る寺院にもぜひ注目してみてください。さまざまな驚きに巡り合えるでしょう。 

    もう 1 つのおすすめのアクティビティは、私が「都会のサファリ」と呼んでいる、花が咲き、ボートが行き交う市場「タラ」です。BTSスカイトレインで目的地にアクセスして、午後にはまた別のエリアをのんびり散策してはいかがでしょう。市場までは狭い路地が続いています。こうした路地を通り抜ければ街の様子もよくわかり、地元の人々の生活を感じたり、寺院やコーヒーが飲める隠れ家的なお店を見つけたり、観光客を暖かく迎えもてなしてくれる親切な地元の人々と触れ合ったりもできます。 

    街の喧騒から逃れたいなら、バンコクの「緑のハート」と呼ばれる「バン クラ チャオ」がおすすめです。ここでは、静かな通りや沼地にある歩道をレンタサイクルや徒歩で巡ることができます。小さなコーヒーショップや水上マーケットが数多く見つかり、タイの文化が詰まった光景にも出会えるでしょう。暑さ対策のために、帽子と日焼け止めを忘れずに持参してください。定番の観光コースだけでなく、内なる冒険心を解き放ち、思いきってタイの美しい街に「すっかり迷い込んで」みるのもおすすめです。角を曲がるたびに、タイならではのすてきな発見が待っているかもしれません。

    2

    都市部の移動はますます楽に !

    タイの街はタクシーや配車アプリを活用することで、簡単に移動することができます。旅行者が安心して観光に利用できるように、タクシーでメーターが使用されるようになりました。ただし、一部地域では今でも運賃の交渉が行われています。メーターのないタクシーに乗る場合はオンラインで標準運賃を確認してから乗車するようにしましょう。配車アプリ「Grab」も普及しているので、こちらのアプリを使うのもおすすめです。

    市内観光のもう 1 つの方法は、タイならではの移動方法「トゥクトゥク」に乗ることです。トゥクトゥクに乗る前は、目的地と料金についてドライバーと合意してから出発することをおすすめします。

    タクシーやトゥクトゥクを使う際の交通渋滞が気になる場合は、高架鉄道「バンコクBTSスカイトレイン」を利用すると、渋滞に巻き込まれることなくバンコク市内の主要市街地や観光スポットの近くまで行くことができます。

    3

    旅行の前に知っておくべき、タイの新型コロナウイルス対策の現状

    タイの新型コロナウイルスの感染状況はここ数か月で劇的に改善したため、タイ政府はコロナ関連の多くの安全規制措置の解除に踏み切りました。マスク着用は引き続き推奨されていますが、屋外での着用義務はなくなりました。もっとも、屋外でもナイトマーケットなどの混雑する場所では任意で着用する人もいます。

    バンコクの街並みには暮らしと活気が戻りつつあります。ナイトスポットの営業規制も感染拡大前の状態に戻っています。一部の施設は深夜0時まで営業しているため、おおらかで魅惑的なタイのナイトシーンを心ゆくまで楽しめます。また、営業時間を午前 2 時まで延長している施設もあるので、夜遊びには事欠きません。ただし、安全には各自で十分留意しましょう。政府機関の公式サイトで、新型コロナウイルスに関する最新情報を確認することをおすすめします。 

    4

    現在、タイを旅する際に気をつけたいこと

    タイの町では、コロナ禍以前と比べると通りの人混みは少なくなっています。そのおかげで、以前は日常的だった交通渋滞にも悩まされずに済むでしょう。現在では、平日の夕方などのピーク時のみ渋滞が発生します。観光スポットは活気に溢れていますが、周辺の静かな地域を訪れれば人混みを避けることができます。

    タイでは、エコフレンドリーかつサステナブルな旅も注目されつつあります。

    特に世界的なロックダウンに伴い、旅行や人の移動が制限されたことで、自然環境が大幅に改善しました。こうした影響を見て、エコフレンドリー、サステナブルな活動への注目度が高まりました。エコでサステナブルな旅行を心がけたい方向けには、エクスペディアで持続可能な観光を表すユネスコのバッジを取得したホテルを探すことをおすすめします。 

    このバッジは、そのホテルが、プラスチック製のストローを紙製やガラス製、金属製のストローに置き換える活動、合成樹脂製チューブの代わりにソープディスペンサーを使用する活動、ペットボトル入りの水をグラスに置き換える活動、太陽光発電や LED に置き換えた節電など、環境に配慮した営業にに努めていることを示すものです。

    地元の人々を雇用し、地元の企業から食材を卸すようにするなど、地域に根付いた活動でサステナビリティを実現しようとするホテルもあります。タイ旅行中は、CO2削減に努め、現地のコミュニティやタイ経済への支援を示しましょう。その姿勢は 現地の人たちにも歓迎されるはずです。

    5

    旅行者がタイで安全に過ごすために

    タイ旅行中は、こまめに手を洗いましょう。また、ビーチや屋外のテラス席など開放された空間で、ソーシャルディスタンスを守りましょう。ほとんどのレストランには手指消毒液が用意されているので、持ち歩くのを忘れてしまっていても問題ありません。 

    現時点では、公共交通機関を除いて屋内屋外ともにマスクの着用義務はありませんが、必要と感じたらいつでもマスクを着用しましょう。

    実際に現地では、規制解除後も引き続きマスクを着用している人が多く見られます。マスク着用によって地域の安全に貢献すると地元の人にも喜ばれるでしょう。公共の場でマスクを外すことに慣れている方も、公共交通機関での移動中はマスク着用を強くおすすめします。マスクを二重に着用しているタクシードライバーも多くいます。 

    屋台で食べ物を販売する人や、モールやフードコートのスタッフも常にマスクを着用しているため、安心・安全に楽しむことができます。列の長さは、そのお店の美味しさと人気のバロメーターになっているため、人の多さや列の長さを見て諦めることなく積極的にトライすることをおすすめします。

    6

    お得に休暇を過ごす方法

    少しずつ計画が固まってきたら、最後に航空券とホテルを決めましょう。直前割引を狙ってギリギリに予約するのはおすすめしません。以前は、ギリギリになると料金が下がったりしていましたが、今は直前ではなく、ある程度前に予約する方がお得です。

    お得な料金で宿泊したいなら、エクスペディアHotels.com のアプリをダウンロードしましょう。デスクトップでは見つからない、アプリ限定の割引を提供する多くのホテルがあります。会員登録すると、さらにお得な料金プランやホテルからの優待特典が利用できる場合もあります。また、エクスペディアでホテルと航空券を同時に予約すると、ホテルの料金がさらに割引されることもあります。

    直前のキャンセルや変更予定が変わっても心配は不要です。変更やキャンセルに対応しているプランの場合、エクスペディアのサイトからキャンセル手続きが可能です。また、バーチャルエージェントやカスタマーサービスからも変更手続きを進めていただけます。

    最後に皆様にぜひお伝えしたいのは、価格の安さだけで宿泊施設を選ばないでほしいということです。事前によく調べて、自分が一番心ひかれるホテルを探しましょう。場所が気に入っている、評価が高い、なじみがある、など決め手はさまざまです。最安値の部屋ばかりが思い出に残るのではありません。心の声に従い、思い出に残るあなただけの冒険物語に出発しましょう!

    Mark Vasse | コントリビューティングライター

    旅行の計画をスタート !

    ページトップに戻る

    Maps