便利で美味しい食事を安く食べられるバンコクの屋台は、地元の文化に触れるのにおすすめの方法です。それでも、外国から初めてバンコクを訪れている場合は、少し不安を感じてしまうかもしれません。そのため、販売されているメニュー、おすすめの屋台、そして笑顔で指さすだけでは伝わらないときに使える便利なフレーズなどを揃えた、バンコクの屋台ガイドを作りました。

    屋台料理はバンコクの名物です。市内のどこに行ってもあちこちに屋台があり、特に賑やかなエリアではたくさんの屋台が並んでいるのを見ることができます。いくつかの屋台は、特に地域のマーケットなどではグループで運営しています。そのため、毎晩同じ場所に行き、違うメニューを試すことができます。中には 24 時間営業している屋台もあります。

    バンコクのストリート フードは、さまざまなスタイルで登場します。道路脇にたたずむ質素なカートもあれば、地元の市場に屋台がずらりと並んでいるところもあります。また歩道までテーブルがはみ出しているような伝統的なスタイルの店舗もあります。衛生面が心配であれば、混んでいる店の方が材料の回転がよく、新鮮なのでおすすめです。

    それぞれの屋台は、大抵は決まった料理だけを扱っています。食材と、それらの下ごしらえの様子を観察すれば、その屋台が売っている料理の種類が想像できます。店主らは使い込んだ中華鍋で炒め物を作ったり、パパイヤを叩いたり、串に刺した肉を焼いたり、麺を茹でたりと、忙しく働いています。簡単な英語を話す人もいますが、保証はできません。皆さんの助けになるよう、最も人気のある屋台料理のリスト (タイ語付き) を用意しましたので活用してください。

    • ソムタム (ส้มตำ) – パパイヤのサラダ
    • カオパッド (ข้าวผัด) – チャーハン
    • パッタイクン (ผัดไทยกุ้ง) – エビ入り麺
    • カオマンガイ (ข้าวมันไก่) - 蒸し鶏が乗ったご飯
    • ガイ / ムービン (ไก่/หมูปิ้ง) - 串焼きの鶏肉 / 豚肉
    • サイ クローク イサーン (ไส้กรอกอีสาน) - 酸味のあるイサーン風ソーセージ
    • パッ クラパオ ムー (ผัดกระเพราหมู) -豚肉のバジル炒め
    • プラパオ (ปลาเผา) - 魚の塩焼き
    もっと読む
    2

    麺料理

    屋台で売られている麺には実に多くの種類があります。鶏肉入りの麺、アヒル肉入りの麺、ワンタンとムー デーン (赤い焼豚) が入った卵麺、牛肉とミートボール入りの麺、さらにイェン ター フー (紅腐乳で味付けし、魚のすり身団子、イカ、空心菜が入った麺) など、数え切れないほどあります。麺自体の太さや形もさまざまです。

    実にたくさんの選択肢があるため、どのような麺を食べるか決めるのに迷ってしまうこともあるでしょう。

    • センヤイ (ライス リバー ヌードル) : 白い米粉から作られた、平たい幅広の麺
    • センミー (ビーフン) : 針金のように細い米粉麺
    • センレック : 中くらいの幅の平らな米粉麺 (パッタイで使用されるものと同じ種類)
    • バミー : 卵と小麦粉の麺 (色が黄色)
    • ウンセン (ガラス麺) : 針金のように細くて透明な、大豆の粉で作られた麺
    • ギィアオ (ワンタン) : 豚の挽肉を黄色い生地に包んで茹でたもの

    好みの麺の種類を決めたら、次に食べる方法を決めます。ナーム (汁あり) とヘーン (汁なし) があります。次に肉を選びます。並べてあるものを見れば種類がわかるでしょう。価格は 30 バーツから 80 バーツまでさまざまです。大盛り (ピセー) にすると追加料金がかかることがあります。

    通常、タイ人は麺のスープに調味料を加えて食べます。これは 4 つの味とも呼ばれ、砂糖、唐辛子の粉、唐辛子入りの酢、魚醤を指しますが、砕いた落花生を加えることもあります。

    3

    バンコクのさまざまな種類の屋台

    そのほかのタイの屋台料理には、カオ ラード ケーン (カレーライス) があります。これを売っている屋台は、おそらく最も早く安く食べられる場所でしょう。さまざまな具がブリキのトレイに並んでいます。ここでの注文手順は麺のときよりも簡単。ただ食べたいものを指さすだけです。値段も理にかなっていて、注文する具が多いほど、値段が高くなります。

    これらは皆さんが目にするであろうものの一部に過ぎません。皆さんの探検心次第で、さまざまな料理が見つかることでしょう ! 背中を流れる汗、空気中を漂う唐辛子の刺激的な匂い、ガタガタする椅子とテーブル、安くておいしい食べ物。一度は体験してみることをおすすめします。You can find Thai street food just about everywhere in Bangkok and at practically every time of the day or night – except on Monday daytime because that's the official street cleaning time when street stalls are not allowed to operate in many areas.

    写真提供 Marco Verch (CC BY 2.0) 修正済

    4

    チャイナタウン

    日暮れ時、バンコクの屋台通が集まる随一の場所がヤワラート通り、バンコクのチャイナタウンのメインとなる通りです。特に人気があるのが焼いたシーフード。レック & ラットと T & K の 2 軒のレストランがパドゥンダオ通り (ソイ テキサス) の両側にあり、とても賑やかです。

    バンコクのチャイナタウンの屋台の食べ物をうまく楽しむには、1 軒の店でお腹いっぱいになってはいけません。地元の人と同じように、少しつまんでは移動しましょう。最初は戸惑うかもしれませんが、冒険だと思うことができれば、とても楽しい体験になります。人気料理には、点心、カキのオムレツ、コショウが効いたスープに入った平麺、焼き栗、アイスクリーム、フルーツ、さまざまなタイ風中華のデザートなどがあります。

    地図
    5

    バンラック

    古くからあるバンコクのこの地域には、タイの首都へやってきた移民と長きにわたる繋がりがあります。中国人、インド人、西洋人らが持ち込んだ独自の食文化。時間が経つにつれて、これらが伝統的なタイ料理と組み合わされました。このエリアのストリートフードで人気があるのは、ローストダック、カリカリに焼いた豚肉、お粥、豚肉の餃子、ロティ入りグリーンカレー、焼きたてのパンなどです。このような狭い場所でさまざまなものが選べるので、バンラックは屋台巡りのコースとして人気があります。

    6

    バンコクの旧市街 (ラタナコーシン)

    バンコク旧市街では、その狭い通りに伝説的とも言えるストリートフードのレストランが点在しています。その中でも有名なのがパッタイ ティップ サマイで、この店のパッタイはバンコクで最高、つまり世界一との評判を得ています。地元の人達からは、パッタイ プラトゥー ピーや、「ゴースト ゲート パッタイ」と呼ばれることも。午後の半ばを過ぎた頃から夜遅くまでの間に来れば、地元の人にも旅行者にも人気のあるバンコクの本物のストリートフードを楽しむことができます。

    写真提供 Iudexvivorum (CC0 1.0) 修正済

    7

    カオサン通りのストリートフード

    カオサン通りとその姉妹通りであるソイ ランブトリの周辺では、あらゆるストリートフードを目にすることができます。チャーハンからトムヤムスープ、そして揚げた虫を売るカートまで !

    これらのレストランの中には外国人にも「食べやすい」ように味付けを変えているところも多くありますが、この辺りには他にも安くておいしい料理がたくさんあります。

    地図
    Paul Smith | 旅のプロ

    旅行の計画をスタート !

    Maps