バンコクに 1 日だけ滞在するけど、どうしよう? 絶対に見逃せない見どころは? そんな旅行者向けに、バンコクでおすすめの短時間でできるアクティビティをまとめました。中からいくつか選ぶのもよし、思いきって全部トライするのもよし、バンコクの魅力を体験してください。文化とレジャー両方のアクティビティをバランス良く組み合わせ、おすすめの時間帯も併せて紹介しています。

    バンコクの旅行常連者が言うように、バンコクは「すべての感覚が刺激される」都市。音、香り、光景のすべてが素晴らしくもあり、奇妙でもあり、訪れる人を魅了してやみません。さまざまな見どころに足を運んで、バンコクならではの魅力を発見してください。

    1

    王宮のワット プラ ケオ

    • 家族
    • 写真
    • 歴史

    王宮は、圧倒的な建築美と繊細なディテールで見学者を魅了し続けています。1782 年に建立されて以来、150 年ものあいだ、歴代のタイ国王の王宮として、そして行政の本拠地として使われてきました。ワット プラ ケオは、15 世紀にエメラルドの塊石から掘り出され、崇拝の的となっている仏陀像「エメラルドの仏陀」(プラ ケオ モラコット) が魅力です。

    地図
    2

    クローンツアー

    • 写真
    • 歴史

    高床式の小屋、古い木造のタウンハウス、荒れ果てた片流れ屋根の小屋など、バンコクの人々が以前どのように暮らしていたのか実感するには、バンコクのトンブリー クローン (運河) のツアーに参加してみてください。実際に目にすることになりますが、そう少なくない数の人たちがまだ運河や水路の岸に住んでいます。もっと読む

    3

    「暁の寺」ことワット アルン

    尖塔が天高くそびえ立つワット アルンのシルエットは印象的で、東南アジアでも屈指の知名度を誇ります。19 世紀前半に古代クメール様式の多彩な花文を華やかに描き、彩釉磁器で飾ったストゥーパもまた、すぐ近くで見ると美しく、参拝する人々の心を一目で捉えます。美しさもさることながら、ワット アルンはアユタヤ王国滅亡後のラッタナーコシン期の始まりと新都の創建のシンボルとなっています。

    地図
    4

    チャイナタウンマーケット

    バンコクを訪れたら、美味しい中華料理を求めてチャイナタウンへ出かけることは外せません。旧市場では、市内でも特に美味しく、お手頃な価格の料理が見つかります。漠然とした料理 (ツバメの巣のスープ) から派手な料理 (北京ダック) まで、目と舌を楽しませてくれるメニューが揃っています。もっと読む

    夕日が沈んだ後、ホテルのラウンジでゆったりする時代はもう終わりました。アイコニックなステート タワーズの屋上にあるシロッコやバンヤン ツリーのヴァーティゴとムーン バーからは、バンコクで見ることができる最も美しい夕陽を堪能できます。ダウンタウンの喧騒から遠く離れたこの高さでは、きらびやかな夜景を背景にロマンチックな雰囲気が広がります。もっと読む

    もっと読む
    6

    アジアティーク : ザ リバーフロント

    アジアティーク : ザ リバーフロントは、市内で最も人気のあるナイトバザールとモールの 2 つのショッピング体験をうまく組み合わせています。BTS スカイトレインのサパン タクシン駅から 10 分ほど川下にあるこの場所は、以前は活気に満ちた国際貿易港でしたが、現在は 1,500 を超えるブティックと 40 のレストランが入居する巨大なレプリカの倉庫型複合施設があります。午後 5 時から営業しているため、ひと晩中過ごすことができます。ブティックを見て回り、お土産や自分のためのアイテムを買いながら過ごしましょう。それでも十分楽しめないという場合には、毎晩行われているショーもあります。

    地図
    7

    ソイ ランブトリ

    カオサン ロードと平行する、ソイ ランブトリは、高層ビルが立ち並ぶ前のバンコクの面影を残しています。よく茂ったガジュマルの木々が歩道に影を落とすソイ ランブトリ。悪名高いカオサン ロードより、こちらで宿泊することを選ぶ旅行者もいますが、外国人からよりも地元の人々から愛されています。もっと読む

    地図
    8

    ディナー クルーズ

    空が金色から黄昏色へと変わると、チャオプラヤ川周辺も静かになり、また別の美しさを見せてくれます。復元されたチーク材を使ったボートや豪華ヨットでディナークルーズに出かけ、ワット アルンのアイコニックなシルエットからサパン ブートの工場群やグランド パレスの優雅な曲線まで、チャオプラヤ川に沿って広がるスカイラインをご覧ください。

    9

    ソイ カウボーイ

    ソイ カウボーイ (カウボーイ通り) の名前は、1970 年代初頭にここで最初のバーを開いたアフリカ系アメリカ人がカウボーイ ハットをかぶっていたことに由来しています。この歓楽街は、パッポンやナナ プラザのようなバンコクの他の際どい地域よりも、のんびりしたカーニバルのような雰囲気があります。点滅するネオンが街並みをカラフルに照らしていますが、これは実際に目で見ないと信じられない光景です (目で見ても信じられないかもしれません)。もっと読む

    地図

    バンコクの刺激的なナイトライフシーンは世界でも最高クラスの評価を得ています。ゴーゴーバーやクラブの黎明期から比べると、多くのことが変わりました。ソイ カウボーイ、パッポン、ナナがゆっくりと目立たない存在になっていき、カオサン、RCA、スクンビット 11、トンローが、国際的に活躍する DJ が最新のミックスでクラブを盛り上げる最も熱いエリアになりました。もっと読む

    もっと読む
    Willy Thuan | 旅のプロ

    旅行の計画をスタート !

    旅行情報

    新型コロナウイルス (COVID-19) 関連の制限事項をご確認ください。

    詳細はこちら
    ページトップに戻る

    Maps