台北の天気

台北旅行におすすめのシーズン

    台湾は亜熱低気候で太平洋に面しているため、台北の天気は、夏は高温多湿で冬は寒く乾燥していることが特徴です。台湾は年間に 2 回モンスーンの季節があるため雨が多いことで知られており、太平洋からの台風により大型の嵐に年に 2、3 回見舞われます。湿度が 70% を下回ることはほとんどないため、寒い季節は非常に寒く、暑い季節は肌にまとわりつくような大変湿った感じになります。

    実際、台北にはほかの気候帯と同様に季節が 4 つあります。しかし、台湾の季節はたいてい、長い夏 (5 月から 9 月) と長い冬 (11 月から 3 月) とされており、春と秋 (それぞれ 4 月と 10 月) は比較的短くなっています。降雨量はほとんど予測できません。降りやまない小雨が 2 週間続くこともあれば、晴天が 2 週間続くこともあります。しかし一般的には、暑ければ暑いほど雨もよく降ると考えられます。観測史上では 12 月の降雨量が最も低く (60 mm)、8 月が最も高くなっています (300 mm)。

    1

    台北に行くべきベストの時期

    台北に行くのに最適な時期は、3 月から 5 月の間です。この期間の平均気温は 22 ℃ で、冬の最低気温からは上昇しますが、夏の最高気温には達しません。桜の木にはまだ美しい花が咲き乱れ、雨は比較的少量です (月に 177 mm)。これは、2 つのモンスーンの季節の間であり、台風の季節が始まる前だからです。

    2

    台北で一番暑い時間

    台北の気候は、特に湿気の多い夏のピーク時 (特に 6 月、7 月、8 月) に最も暑くなり、気温が 40 °C 近くになることもあります。相対湿度はそれよりもさらに高く感じます。この時期は南西モンスーンのピークでもあり、月降水量は最大で 360 mm です。

    台湾の夏は、6 月から 10 月まで続く太平洋の台風シーズンの真っ只中でることに注意が必要です。台北はほとんどの都市が台風に耐えられるように開発されているので一般に安全ですが、強風と大雨があなたの旅行計画に影響を与える可能性があります。台風の季節に訪れた場合は、天気予報から注意をそらさないことをおすすめします。

    3

    ピークシーズン

    市内の主要な観光シーズンは 5 月から 9 月までの夏の間です。台北の天気は雨が多いのですが、時折の晴れた日には地元のホテルは十分に明るく、そして暑くなります。寒い真冬の中国の旧正月には 2 番目のピークシーズンがあります。一般的に 1 月の終わりから 2 月の初め頃で、観光客が街にあふれ、ランタンフェスティバルやその他新年のお祝いが楽しめます。祭りを楽しみたいなら、早く予約しなければなりません。

    4

    オフシーズン

    訪れる観光客が最も少ない時期は、冬の間、特に 11 月から 1 月にかけての時期です。この時期、北東モンスーンは台北の天気にそれほど悪影響を及ぼさないので、雨はかなり少なくなります (月に 73 mm 程度)。気温も低く、1 月の平均気温は約 16 ℃ です。湿度が高いと、6 ℃ でも温暖な気候であるかのように感じます。

    街にはピークシーズンが 2 回あるように、オフシーズンも 2 回あります。台北では、「ゴーストマンス」期間中、航空運賃と宿泊料金が最も低くなることがよくあります。この全国的な手の込んだ儀式の期間中、台湾人は旅行には不運がつきまとうと信じているため、台北には国内の観光客はほとんどいません。このイベントは太陰暦に基づいているため、正確な開始日は年によって異なりますが、8 月末または 9 月の初め頃です。この時期、夏の暑さは 30 ℃、モンスーンの雨量は 1 か月で 300 mm をはるかに超えます。

    旅行の計画をスタート !

    Maps