大西洋のカナリア諸島には、スペインの魅力が詰まっています。旅行先として選ぶ人の多くは、魅力的なビーチや、冬も温かく一年中観光に適した気候を理由として挙げています。しかし、カナリア諸島には、太陽、砂浜、サーフィン以外にもたくさんの魅力があります。

    何よりの見どころは、火山によって誕生した島のドラマチックな自然の造形。内陸部の山々をうねるハイキングトレイルからは、圧倒されるほどの絶景を眺望できます。また、何世紀にもわたる文化の変遷が食べ物、言語、伝統を豊かにし、さらにこの地域の魅力を深めています。カナリア諸島の目的別おすすめの島を参考に、旅行の目的や好みに合う島を見つけましょう。

    1

    ウォーキング用のブーツでより楽しめるテネリフェ島

    カナリア諸島で最大の島にある豊富なハイキングコース

    • 写真
    • アドベンチャー

    カナリア諸島で最大かつ最も人口の多いテネリフェ島の魅力は、その多様性にあります。もちろん、いくつかの素晴らしいビーチがありますが、ワールドクラスのゴルフコース、洗練されたブティックホテル、ファミリー向けのリゾートも自慢です。しかし、注目すべきは内陸部の山々。ハイカーたちの注目の的となっています。

    島のトレイルを歩きに多くのウォーカーが訪れ、毎年 300 日は晴れるこの場所の恩恵を最大限に享受しています。テネリフェ島南部の植物が生い茂るサンティアゴ バレーを通る玄武岩の道と、テノ アルトからエル パルマルに至るきつい登山は、テノ マウンテンの素晴らしい眺めを堪能できることから、特におすすめです。

    どちらでもスペイン最高峰のテイデ山の景色を見ることができますが、より近くで見たい場合はロケス デ ガルシアのトレイルへどうぞ。楽に歩けるこの 1 周 2 時間のコースは、ロス ロケスの岩の造形美、ラ カスカダ (滝) として知られる冷却された溶岩がある場所、ラ カテドラル (大聖堂) と呼ばれる侵食によって露出した火山岩の「煙突」のそばを通ります。

    地図
    2

    夜型の人はグラン カナリアへ

    夜更かしをしてこの島の魅力を堪能する

    • ナイトライフ

    グラン カナリア島の活気あふれるラス パルマスは楽しみが詰まった首都。クラブやパーティーが好きな人々にはたまりません。体内時計を調整しましょう。真夜中まではほとんど何も起こらないため、郷に従うのなら夜型になる必要があります。そして、通常は朝食をとる時間にベッドに入ります。

    手始めに、ラス パルマスの独特な旧市街のベゲタで木曜日のタパスの食べ歩きを楽しみましょう。次はメサ イ ロペス地区にあるにぎやかなスペイン広場のバーに移動しましょう。街にある多くの会場では、ロック、ポップ、ジャズが入り乱れたパフォーマンスが開催されており、ライブ音楽を聴くこともできます。

    南部にあるマスパロマスやプラヤ デル イングレスの広大なリゾート地では、多くのお楽しみがあり、夜型の人でも普段と変わらずにお過ごしいただけます。退屈することはありません。周りの人々にホットなスポットを尋ねてみましょう。1 つ挙げるとすれば、イビサ発祥のパチャです。通りの客引きから受け取ったチラシがあれば、入場料を払う必要はありません。

    地図
    3

    芸術しか頭にない人はランサローテ島へ

    芸術愛好家が訪れるべき、過去に中傷され、軽蔑された島

    • 写真
    • ユニーク

    かつて「ランサグロッティ」とあだ名をつけられたランサローテ島。長い道のりを歩み続け、再びクールな場所となっています。その軽蔑するような呼び方は、スティレットヒールを履いた休暇中のエセックスの少女たちを目にするのを期待することと同じくらい妥当しません。

    むしろ、明らかに芸術的で、流行の最先端を行く雰囲気さえ漂う場所となっています。そして、その中心にあるのはセザール マンリケという 1 人の男の作品です。 この画家は彫刻家や建築家でもあり、島の至る場所でその作品を見ることができます。交差点など、ありそうにない場所でも気を抜かないようにしてください。

    セザール マンリケの素晴らしく創造的な家をお見逃しなく。現在は一般公開されています。5 つの溶岩でできた穴に組み込まれており、冷却された溶岩が窓枠から内部に入り込んでいます。また、崩壊した溶岩洞のハメオス デル アグアも必見。その荘厳な音響は、クラシックコンサートの開催に最適です。

    マンリケはかつてこのように言いました。「ランサローテ島は、額縁にはめられていない、台座に置かれていない芸術作品のようなもの。私は、それを展示して、人々が見えるようにしただけです」そして彼は見事に本質を射抜いていました。ランサローテ島の荒々しい生の美しさは、おそらくすべての芸術の中でも最高の作品です。

    地図
    4

    食通の方はラ ゴメラへ

    ラ ゴメラの伝統的な料理に舌鼓を打つ

    • 食事
    • アドベンチャー
    • ユニーク

    ラ ゴメラの美味しい料理は地理を反映しています。この島はわずか 24 km 程度の広さにもかかわらず、内陸部と海岸沿いの代表的な料理は、まさにあるべくしてあるものと言えるでしょう。

    新鮮なままグリルされたマグロや、ボリューム感のある魚介のカズエラ (魚のシチュー) は、島の首都であるサン セバスチャンの海の恩恵を受けているほか、内陸部では、クレソンのスープやトマトを主原料としたサルモレホのソースをたっぷりかけたウサギ肉が食されており、美味しいスローフードをご堪能いただけます。

    アグロのラス ロサスのレストランでは、スタッフが互いに口笛を吹くのを耳にすることでしょう。この独特なコミュニケーション方法は、エル シルボとして知られており、2009 年にユネスコによって人類の口承及び無形遺産の傑作として認められました。

    昔、島の奥深くにある渓谷で、ゴメラの人々はこの口笛を意思伝達の手段としていたと考えられています。口笛を使った一種のスペイン語とも言えます。この場所に行くということは、食べ物が青いひも状のプリンよりもずっと美味しいことを別にすれば、クランジャーズの漫画の世界に足を踏み入れるようなものです。

    地図
    5

    自然愛好家ならラ パルマへ

    その名を体現するプリティ アイル

    • 食事
    • アドベンチャー

    ラ パルマの住民は自らの島をラ イスラ ボニータと呼ぶのがお気に入り。まさにぴったりの呼び名です。マドンナが歌ったベリーズのアンバーグリス キーではないかもしれませんが、ポップの女王は、この場所がさらに魅力的であることを知るべきです。

    緑豊かなロス タイルズの森を抜けて隠れた滝までハイキングしたり、それらの月桂樹の風景から日に照らされたカルデラ デタ ブリエンテを覆う松の木々のある場所まで移動したりしてみましょう。フエンカリエンテの火山近くの何 km にも及ぶ塩原と乾きながらも印象的な地形は、人々を南部に引き寄せます。

    島の最高峰であるロケ デ ロス ムチャーチョスの頂上へのドライブでは、素晴らしい眺めを目にするでしょう。目を見張るような滝と壮観な景色を見逃さないよう、集中力を要します。日帰りの旅行者が去った後も気を抜いてはいけません。ラ パルマの天文台があるこの場所では、日没後の夜空に星がきらめきます。

    地図
    6

    無計画で旅行するならフェルテベントゥラへ

    砂丘が背景のワールドクラスのビーチ

    • 写真
    • 格安
    • アドベンチャー

    無計画で楽しみたい旅行者もカナリア諸島では大いに楽しめます。そして、そのパッケージツアーをお求めの人々に最もおすすめなのがフェルテベントゥラ島です。真っ白な砂浜の広大なエリアに沿って、高さのある砂丘があります。

    コラレホ郊外にあるプラヤ グランデほど素晴らしいビーチはなかなかお目にかかれません。約 9.6 km に及ぶ砂浜とロス ロボス島まで遮るものの眺めが自慢です (この島は、つまりウルフ島を意味しますが、名前の由来となったオオカミは、実はモンクアザラシの群れで、残念ながら今はこの場所にすみかはありません)。

    おそらくもっと素晴らしいのは、インスタ映え間違いなしのターコイズブルーのラグーンです。ソタヴェント ビーチとライバルのコフェテ ビーチのすぐ近くにあり、ほぼ海岸線までつながる山々を背景にしています。フェルテベントゥラ島の海岸には涼しい風が吹いています。その種類にかかわらず、ウォータースポーツがお好きな方には、理想的な選択肢となっています。サーフィン、カヤック、ウィンドサーフィン、シュノーケリング、スタンドアップパドルをするには、この場所がおすすめです。

    地図
    7

    少し違った経験をお求めならエル イエロへ

    小さくても検討の価値のあるエル イエロ

    • 歴史
    • 写真
    • アドベンチャー

    カナリア諸島のどの島よりも多く火山がある小さなエル イエロには、その大きさに比して多くの魅力があります。1793 年を最後にロボ ネグロの火道に溶岩は通っていませんが、数年前にラ レスティンガの村の沖合で海底火山が噴火し、地元民には緊張が走りました。今のところ、危険はおさまっており、島にいる絶滅危惧種の巨大なトカゲたちは太陽の下で居眠りを楽しんでいます。

    これについては、エコムセオ デ ギネアにあるラガルタリオで詳しく知ることができます。サンクチュアリ アンド ブリーディング センターは、これらの生物が再び野生で繁殖できるよう、懸命に取り組んでいます。日曜日の朝に不機嫌な 10 代の若者を起こすくらいに、トカゲはなかなか目を覚まさないため、午前 11 時以降に訪れるのがおすすめです。エコムセオには、スペインの征服以前に島に土着していたビンバチェがかつて使用していた家が 20 軒ほどあります。

    地図
    Julia Hammond | コントリビューティングライター

    旅行の計画をスタート !

    新型コロナウイルス (COVID-19) に関する旅行情報

    本ガイドでご紹介しているアトラクションやツアーは、コロナの影響により営業状況が通常と異なる場合があります。ご出発の前に現地の情報を確認してください。

    ページトップに戻る

    Maps