ソウルを訪れたときに起こしてしまいがちな間違いは、韓国特有の社会規範を破るということです。旅行者はまず、訪問する場所の文化について学ばなければなりません。

    ソウルはアジアで最もテクノロジーが進んだ都市の 1 つですが、儒教の時代にまでさかのぼる素晴らしい文化遺産があります。韓国の人々は年長者を深く尊敬しているので、自分より年齢、階級、地位が上の人を優先する場面を何度も目の当たりにすることになるでしょう。ここに挙げるソウルを初めて訪れるときにしてはいけないこと、または見逃しがちなことのリストを参考にしてください。

    1

    明洞または東大門でのみ過ごす

    ソウルには他にも素晴らしい場所がたくさん

    ソウルを初めて訪れる多くの人は、明洞 (ミョンドン) や東大門 (トンデムン) で過ごすことが多いでしょう。これらがソウルで最も人気のある地区であるのは間違いありません。しかし、ソウルには訪れる価値のある場所が他にもたくさんあります。地下鉄は便利な移動手段です。観光スポットから徒歩 10 分以内に駅があります。

    本格的な韓国文化を感じたいなら、仁寺洞 (インサドン) にあるホテルを予約することを強くおすすめします。景福宮 (キョンボックン) や北村韓屋村 (プッチョンハノンマウル) など、ソウルの代表的な見所が徒歩圏内にあります。

    2

    ソウルの自然豊かな観光スポットを訪れない

    この街の魅力は買い物や食事だけではありません。

    ソウルは楽しいショッピングや美味しい食事ができるところとして有名ですが、保存状態の良い宮殿、寺院、村などがあることでも知られています。アウトドアを満喫したい方にも、選択肢は豊富にあります。

    海抜 340 m を超える北岳山 (プガクサン) は、ソウルで最も高い山です。15 世紀に立てられた城門や古代の城壁などを見ながら、眺めのよい登山コースを上っていきましょう。頂上までは約 2 時間。ソウルと漢江 (ハンガン) の雄大な景色を眺めることができます。

    日帰り旅行なら、ソウルのすぐ郊外にある南怡島 (ナミソム) は必見です。この景勝地は、2002 年に放送された韓国ドラマ『冬のソナタ』のロケ地であるため、カップルにとても人気があります。

    3

    公共交通機関内で大声で話す

    他の乗客に配慮する

    ソウルで公共交通機関を利用するときは、大声で話すことを控えるのが一般的な礼儀です。実際に韓国人から注意されることもあります。彼らは仕事で 1 日を過ごした後、地下鉄やバスの中では静かに休息したいのです。

    4

    片手だけでものを受け渡しする

    無礼と思われてしまう

    韓国の慣習の 1 つは、目上の人から何かを受け取るときには両手を使うことです。渡すときについても同じことが言えます。片手だけでやり取りすることは失礼で無礼と見なされます。

    これは、西洋 (およびアジアの一部) の国の人にはなじみがないかもしれませんが、年齢、序列、地位などにおいて自分より目上の人や先輩を尊重する作法です。

    5

    地下鉄で高齢者や妊婦専用の席に座る

    地元の人から席を譲るようにと注意されます

    ソウルの地下鉄では、障がい者、高齢者、妊娠中の人のための座席が用意されています。これらの座席は各車両の端にあります。地元の人はこれらの優先席に座っている人をためらうことなく叱責するので、必ず通常の席に座るか、満席のときには立ちましょう。

    6

    靴を脱がずに家に上がる

    一部のレストランでも同じ

    靴を脱がずに誰かの家に入ってしまうのは、ソウルを訪れたときに起こしがちな間違いです。アジアの多くの家屋では、床の上で食事をしたり、座ったり、寝たりすることが多いため、床を清潔に保つことが大切とされています。

    ソウルにあるレストランや喫茶店の中にも靴を脱いで上がるところがあるため、入る前に必ず確認することをおすすめします。

    7

    年長者からすすめられたお酒を拒否する

    韓国人にとっては非常に不快な行為

    ソウルの飲酒文化は、酒に酔うことよりも社交に重きを置いています。年長者からソジュ (韓国焼酎)をすすめられた場合、それは友情を表しています。これを拒否すると、その人を敬意を持っていないという意思表示になってしまいます。

    お酒に強くない場合は、代わりにノンアルコール飲料を選ぶことができます。杯を受けた後は、年長者の正面から顔を逸らして横を向いて飲むようにします。これは敬意を表すマナーです。

    8

    食卓に着いたときに最年長者より先に食べ始める

    食事をするときには最年長者が食べ始めるまで待つこと

    ソウルで会食をする場合は、そのテーブルを囲む人の中の最年長者が食事を始めるまでは、食事に手を付けないようにしましょう。また、韓国人は食事が終わってもすぐにテーブルから離れません。最年長者が許可するまで待たなければなりません。

    特に韓国で地元の人と食事をする場合は、相手のペースに合わせてゆっくり食事をするとよいでしょう。

    9

    どこでも英語が通じると思い込む

    少なくとも基本的な韓国語は覚えておく

    ソウルは韓国の近代的な首都ですが、地元の人々の多くは英語に堪能ではありません。一般的に、韓国では英語はあまり広く話されていません。

    しかし、明洞、東大門、弘大 (ホンデ) などの主な観光地では、英語を話せる地元の人に出会う機会も多いでしょう。これらの地区には観光案内所があり、英語を話すスタッフがいたり、市内を観光で巡るのに役立つ旅行パンフレットが置いてあったりします。安全のためには、基本的な韓国語のフレーズをいくつか覚えておくことをおすすめします。

    10

    韓国の銭湯を訪れない

    1 泊するのにもよい場所

    韓国の銭湯であるチムジルバンは、ソウルを観光した後の疲れを癒やすのにぴったり。男女別の浴室、浴槽、軽食堂、屋外プール、フィットネスクラブ、ノレバン (カラオケルーム) などがあります。

    このような 24 時間営業のサウナルームは、あまり知られていませんが、予算重視の旅行者が手頃な宿泊施設としても利用できます。宿泊する場合は、敷布団または 2 段ベッドがある広い寝室を利用しましょう。

    Penny Wong | 旅のプロ

    旅行の計画をスタート !

    ページトップに戻る

    Maps