景福宮 (キョンボックン)

ソウルの観光スポット

    景福宮 (キョンボックン) は、朝鮮王朝の王宮として建造された、五つの壮大な宮殿から成る、最大規模の最も迫力ある建築物です。1395 年に太祖李成桂によって建てられたこの象徴的な観光名所では、無料のガイド付きツアーや、王室の儀式の再現、および遺物や時代衣装の広範な展示を通じて、朝鮮時代の韓国での生活を体験することができます。

    隣接する昌徳宮 (東宮) や慶熙宮 (西宮) と比較して最も北に位置するため、北宮とも呼ばれます。1592 年から 1598 年の間の韓国の主要な王宮として、施設群には国立民俗博物館と国立故宮博物院を含む 300 以上の建物があります。

    比較的無傷のまま残されている慶会楼 (キョンフェル)、香遠亭 (ヒャンウォンジョン)、勤政殿 (クンチョンジョン) (謁見の間) を始めとする朝鮮王朝の遺物を探索することができます。

    慶会楼 (キョンフェル) は、外交使節、王および宮廷の高官のための王室の食堂として使われていました。江陵亭の西側に位置し、人工の池の真ん中にある美しいパビリオンで、三つの石橋でつながっています。

    景福宮のもうひとつの必見の建造物は、本館の北にある香遠亭池です。それは 1873 年に休息とレジャーのための彼の私的な宮殿として国王高宗の命令によって建設されました。この六角形のパビリオンは人造島を占拠し、朝鮮王朝時代に池の上に建設された最長の木造橋であるチウィンギョ橋によって同じ敷地につながっています。

    景福宮では、宮廷警護の交代式と巡回の儀式の再現が行われます。どちらも、興礼門の前で毎日午前 10 時から午後 3 時の間に行われます。興礼門のインフォメーションセンターでは、英語、日本語、中国語の無料ガイドツアーが午前 10 時から午後 3 時半まで提供されています。

    景福宮 (キョンボックン)

    ロケーション: 韓国 ソウル特別市 鍾路区 社稷路 161

    営業時間: 3 月~5 月と 9 月、10 月 : 午前 9 時~午後 6 時6 月~8 月 : 午前 9 時~午後 6 時半11 月~2 月 : 午前 9 時~午後 5 時 (休日 : 火)

    電話番号: +82-2-3700-3900

    Penny Wong | 旅のプロ

    旅行の計画をスタート !