ソウルの歩き方

ソウルの情報

    ソウルには緻密に設計された歩行者用通路が整備されており、公共交通システムも効率よくできているので、市内を移動するのは比較的簡単です。市内の移動には、各駅から人気の地域や観光スポットに徒歩 10 分ほどで行くことができる地下鉄がおすすめです。

    ソウルの公共バスシステムも人気の移動手段です。市内のショッピング、エンターテインメント、ビジネス地区が 400 本のバス路線で接続されています。ソウルではタクシーも使えます。料金は走行距離と時間で計算されます。韓国の他の地域にも行ってみたいなら、ソウルから各地を結ぶ高速鉄道や高速バスが複数出ています。

    1

    首都圏電鉄

    首都圏電鉄はソウル巡りに便利。路線ごとの色分け、全体路線図、そして韓英中に言語対応した案内板が特徴。1~9 号線、中央線、盆唐線、京義線からなり、午前 5 時半から深夜 12 時まで運行。

    A'REX はソウルの空港鉄道で、仁川国際空港と金浦国際空港を、ソウルのダウンタウンとつなぎます。これに乗れば仁川国際空港からソウル駅まで、50 分もかかりません。

    地下鉄料金は年齢により異なります。交通カードは 1 回用と複数回用があります。最初に保証金が必要となりますが、下車後、設置された保証金払い戻し機にカードを返却することにより保証金は払い戻されます。1 回用交通カードはおよそ、1,150 ウォン (大人)、1,000 ウォン (13 歳~ 18 歳)、500 ウォン (12 歳以下)。複数回用交通カードはおよそ、1,050 ウォン (大人)、900 ウォン (13 歳~ 18 歳)、450 ウォン (12 歳以下)。

    ソウルの地下鉄駅には、観光案内所、外貨両替所、個人向けロッカー、携帯電話機充電ステーションといった設備やサービスもあります。駅には、コンビニ、レストラン、直販店もあります。

    写真提供 Ian Muttoo (CC BY-SA 2.0) 修正済

    2

    ソウルのバス

    ソウルのバスは地下鉄に似て、路線ごとに色分けされています。ブルーはソウルの主要道路用、グリーンは地下鉄駅間のような交通ポイントをつなぐ短距離用です。イエローは都心循環用、レッドはソウルと郊外間用です。

    料金の支払いは乗車時の現金払いか T-money (機械に通して自動払いできるプリペイド式交通カード) を選択できます。T-money カードには自動機械を使って総額千ウォン~5 万ウォンをチャージできます。

    写真提供 Ilya Plekhanov (CC BY-SA 4.0) 修正済

    3

    ソウルのタクシー

    ソウルではタクシーが至る所で見られます。ソウルのタクシーは主に 3 種類あり、すべて料金は距離と時間で計算されます。支払いは現金、クレジットカード、T-money カード (プリペイド式交通カード) で行えます。

    ラッシュアワー時や深夜すぎ (地下鉄やバスの運行終了時) には、主要アトラクション、ショッピングエリア、夜遊びエリア付近のタクシー乗り場を探しましょう。深夜料金は料金が 20 % 増しとなることに注意。夜遅くまで遊ぶ場合は、事前に計画を立てておくようにしましょう。ソウルではチップは不要ですが、お釣りは受け取らないことが非常におすすめ。

    一般タクシー

    ソウルで料金が最も安いタクシーは一般タクシーで、オレンジ色です。初乗り料金 (2 km) は 3 千ウォンで、142 メートルごとに 100 ウォンが加算されます。ソウルのタクシーは通りで合図をすれば簡単に拾えます。

    模範タクシー

    模範タクシーは高級ホテルや旅行者用スポットでよく見られます。料金は一般タクシーより 40%~50% 増しとなります。利点としては、運転手が英語を話せる、座席が広々としている、安全性が高い、深夜料金を求められない、などが挙げられます。ソウルの模範タクシーは、ブラックカラーを基調にゴールドのストライプが入り、両側に「Deluxe Taxi」と表示されています。

    インターナショナルタクシー

    外国人旅行者向けに、ソウルには特別にインターナショナルタクシーが運行しています。運転手は英語、日本語、中国語などに対応できます。模範タクシーと似てインターナショナルタクシーはブラックカラーが基調ですが、両側に「International」と表示されています。予約により運行しますが、通りで声をかけて拾うこともできます。料金はメーター加算方式ですが、ソウル中心部から仁川国際空港までは 6 万 5 千ウォンの定額料金でも利用できます。

    写真提供 Ilya Plekhanov (CC BY-SA 4.0) 修正済

    4

    ソウルのフリーパス

    ソウルのフリーパスは、ほとんどのコンビニ、地下鉄、観光案内所で購入できます。フリーパスを使えば、ソウルを便利に巡ることができ、長い行列や小銭の支払いといったわずらわしさから解放されます。価格は 3 千ウォンで、地下鉄、バス、タクシーの料金払いや、コンビニでの一部の支払いに利用できます。ソウルのフリーパスは 3 種類あります。T-money、T-money M-Pass、そしてソウルシティパスプラスです。

    T-money

    T-money カードは標準的な交通パスで、ソウルのあらゆる公共バス、地下鉄、タクシーや、数多くのコンビニで利用できます。バスと地下鉄の 100 ウォン割引や、バスと地下鉄間の乗り継ぎ割引も含まれます。それぞれのバス、地下鉄間で 30 分間を有効時間として、乗り降りで T-money カードをセンサーに当てれば、乗り継いで乗車したものと見なされ、総料金が表示されます。

    T-money カードは有効期限なしです。未使用分は残高としてカードに残ります。残高は 2 万ウォン未満の場合、コンビニで払い戻しできます (有料)。2 万ウォン以上の場合は、T-Money 本社 (ソウルシティタワー) で払い戻しできます。

    T-money M-Pass

    さまざまな旅行で大変便利な T-money M-Pass を、仁川国際空港の観光案内所、ソウルグローバル文化体験センター、明洞観光情報センター、江南観光情報センターでご利用になれます。T-money M-Pass を使えば、地下鉄と公共バスに 1 日最大 20 回乗車できます。

    ソウルシティパスプラス

    ソウルシティパスプラスは T-money カードと似ていますが、さらに旅行者向けの利点があります。ソウルの公共交通機関を 1 日最大 20 回利用できるだけでなく、景福宮、昌徳宮、昌慶宮、徳寿宮、宗廟、そして多くのコンビニでの支払いにも利用できるのです。カードは、多くの主要なアトラクション、レストラン、展示会、美容院での割引にも利用できます。

    旅行の計画をスタート !

    Maps