北村韓屋村 (ブッチョンハノクマウル) には朝鮮王朝から続く韓国の伝統的家屋である韓屋 (ハノク) が密集しています。宗廟と景福宮と昌徳宮の壮大な宮殿の間にあるこういった家の多くは民家とゲストハウスです。少数の文化センター、ギャラリー、工芸品の工房、レストラン、喫茶店、博物館などがあります。

    この村にはまた、マッコリ (生米酒)、ヤクジュ (薬用酒)、ソジュ (蒸留酒) のような韓国のアルコール飲料を生産する伝統的な酒蔵もあります。 宮殿の職務で提供されたソジュであるサムヘジュの醸造プロセスについて学ぶことができます。

    韓国の伝統文化について学びたい場合には、「ブッチョン博物館無料パス」を 10,000 ウォンで購入し、嘉會 (カフェ) 博物館、ハン サンス (韓尚洙) 刺繍博物館、韓国美術博物館を参観することもできます。

    2002 年にオープンした嘉會博物館では、250 以上の民俗絵画、750 の魔除け、150 の古典書、そして 200 以上の伝統的な屏風が展示されています。昔は、象徴的な護符が悪霊の憑依を防ぐ、病気や悪霊を追い払う、健康維持、願いの成就といった目的で使用され、家族の祈りを伴いました。

    韓尚洙刺繍博物館は、有名な職人である韓尚洙による繊細な刺繍作品のほか、かつて王や高官が使用していた刺繍をテーマにした民芸品や刺繍の遺物のコレクションを展示しています。

    朝鮮美術館には、6,000 点以上の仏画、彫刻、工芸品、儀式用のアイテムが展示されています。博物館では、韓国の民俗画や伝統的な料理のワークショップも開催されています。

    北村韓屋村は無料で探索することができますが、一部の韓屋は私有地であることに注意してください。この歴史的な地域に行くには、安国駅まで地下鉄 (3 号線、3 番出口) を利用するのが最も簡単な方法です。

    北村韓屋村 (ブッチョンハノクマウル)

    ロケーション: 韓国 ソウル特別市 鍾路区 桂洞 キル 37

    電話番号: +82-2-2148-4160

    Penny Wong | 旅のプロ

    旅行の計画をスタート !