大規模な熱帯雨林環境で 315 種 2,500 匹以上の動物を収容するシンガポール動物園には、子供も大人もワクワクする見どころがたくさんあります。餌やり体験のできる展示がたくさんあるほか、エキゾチックな生物を間近に見られる体験型の展示もあります。

    チョウ、アジアゾウ、熱帯の色とりどりの鳥、ホッキョクグマなど、世界各地の大小さまざまな動物を見にいきましょう。人気の動物は、サルや大型の霊長類。オランウータン、テングザル、ヒヒの専用セクションがあります。この動物園は、野生生物の救助、健康管理、研究における中心的役割も果たしており、シンガポールの野生生物保護区の一部でもあります。

    シンガポール動物園 - シンガポールのおすすめの公園と自然の空間ベスト 18の中でも注目の見どころ (シンガポールの全ガイドはこちら)

    オーストラリアン アウトバックという展示では、ジープでエリア内を巡りながら、クロカンガルー、ワラビー、エリマキトカゲを見つけることができます。キャット カントリーでは、大きなガラスの囲い越しに、ジャガー、ヒョウ、ライオンに出会えます。空調設備付きのクリッターズ ロングハウスでは、インドマメジカ、キンカジュー、マレーヤマアラシ、ジリスが走り回っている様子を見られます。

    エレファンツ オブ エイジアの展示は 1 ヘクタールに及び、高い位置に設置したボードウォークから、象たちが気持ちよさそうに泥浴びしたりプールで水浴びしたりしている姿を眺められます。フラジャイル フォレストという 2 万立方メートルの展示では、熱帯雨林やマングローブの生態系の相互作用と壊れやすさを実感できます。エキゾチックな昆虫が飛び回るなか、マメジカ、オオコウモリ、イグアナなどが豊かな森の中で植物や木々に囲まれて暮らしています。

    プライメイト キングダムのエリアはジャングルの設定です。ジャワラングール、コロブスモンキー、ワタボウシタマリン、シシオザル、パタスモンキー、フサオマキザル、クロザルなど、さまざまな種類のサルが、食べ物を探したり、のんびり過ごしたりしている姿を見ることができます。面白い外見を持つボルネオのテングザルには、専用の展示と繁殖エリアが設けられています。エチオピアの大地溝帯から来たオランウータンとマントヒヒもまた、専用の展示に分けられています。

    ポーラー ベアーという展示では、ホッキョクグマが泳ぐ姿を間近で見るスリルを満喫できます。一方で、ホワイト タイガーでは、かわいい兄妹のパシャとキーサが広い囲いの中で遊び回る姿を見れるでしょう。レプタイル ガーデンでは、コモドドラゴン、アルダブラゾウガメ、サイイグアナ、マレーガビアルなど、さまざまな爬虫類が展示されています。ワイルド アフリカを訪れると、シロサイ、チーター、シマウマ、キリン、そして大迫力のアフリカライオンを眺めることができます。

    スプラッシュ サファリエレファンツ アット ワーク アンド プレイなどのショーは、見ていて楽しいだけでなく、動物たちが本能的な技能を磨いたり、トレーナーとの絆を強めたりしながら、無駄なく時間を過ごしていることを理解できます。園内にあるレインフォレスト キッズワールドは、子供たちがさらに冒険を楽しめる場所です。ジップラインや渡し舟に乗ったり、人懐こいヤギやポニー、ファラベラ ミニチュアホース、ウサギなどの動物と触れ合ったりしたあとは、ベン & ジェリーや KFC で休憩がてら小腹を満たしましょう。

    シンガポール動物園

    所在地 : 80 マンダイ レイク ロード、シンガポール 729826、シンガポール

    営業時間 : 毎日午前 8 時 30 分~午後 6 時 (レインフォレスト キッズワールド: 毎日午前 9 時~午後 6 時)

    電話番号 : +65 6269 3411

    Ari Gunadi | 旅のプロ

    旅行の計画をスタート !

    旅行情報

    シンガポール政府は、レジャー旅行者の受け入れ可能な宿泊施設を規定しています。

    詳細はこちら
    ページトップに戻る