シンガポールで雨が降ると、大雨になることがよくあります。つまり、おすすめの屋外アクティビティや観光スポットに行く予定でも、キャンセルせざるを得なくなる場合があるのです。しかし、天気が悪いからといって、一日中ホテルの部屋に閉じこもっていなければいけないわけではありません。

    広大な屋内の温室から (シミュレータでの) ジャンボジェットの操縦まで、シンガポールで雨が降ったときにやるべきことを、このリストにまとめました。お分かりのように、雨雲が出てきても、たくさんの楽しいアクティビティや観光スポットがあるので安心です。シンガポールの「雨季」は厳密には 9 月から 2 月まで続きますが、雨の多い月であっても、悪天候や長期間の雨はそれほど一般的ではありません。

    1

    世界一の落差を誇る屋内の滝を眺める

    水に濡れたくない方には 1 番のおすすめではないかもしれません (すぐそばに立つと水しぶきがかかります) が、世界一の落差を誇る屋内の滝や「クラウドフォレスト」の他のエリアは、シンガポールで雨の日を過ごすのに絶好のスポット。

    エレベーターで巨大な人工温室の頂上までのぼり、美しい景色を眺めながら通路を下って行きます。実際に熱帯の山を降りるときと同じように、高度とともに植物や花にも変化が見られます。クラウドフォレストは、隣接するフラワードームと同様に空調管理されているので、雨に濡れずに涼しく過ごせます。

    営業時間 : 毎日午前 9 時~午後 9 時

    電話番号 : +65 6420 6848

    地図
    2

    オーチャードロードのショップで雨宿り

    シンガポールで雨が降ったら、お店を回るのがベスト。イチ押しの買い物スポットは、なんと言っても世界的に有名なオーチャードロードでしょう。巨大なショッピング街には数々のモールがあり、その多くは地下通路 (ここにも多数の店が並んでいます) でつながっています。そのため、ショッピングモールを行き来するのに、外に出る必要がありません。

    人気のあるイオン オーチャードは、ニーアンシティウィスマアトリアにも連結。イオンプラザ シンガプーラ313 サマセットは、MRT オーチャード駅またはサマセット駅から直接アクセスできます。または、市内中心部の西側に向かう途中で買い物をしながら雨宿りをしたい場合は、ブギス + やブギス ジャンクションに立ち寄りましょう。どちらも MRT 駅に直結しています。

    ここは、ジュロン イーストにある家族連れのお出かけにぴったりなスポット。近くには人気の日本庭園 (晴れの日の散策がおすすめ) があります。サイエンス センターでは、体験型のディスプレイやゲーム、プレゼンテーションなど、さまざまな展示資料から知識を深めることができます。

    「CSI エクスペリエンス」、「ヒューマン ボディ エクスペリエンス」、人気のキネティック ガーデンやウォーターワークスなど、特別展示については随時内容が変わりますので、ウェブサイトでご確認ください。MRT ジュロン イースト駅まで行くか、雨が降っている場合は市内中心部からタクシーを利用しましょう。入場料は大人 1 人 S$12、子供 1 人 S$8 です。

    もっと読む

    営業時間 : 毎日午前 10 時~午後 6 時

    電話番号 : +65 6425 2500

    地図
    4

    クラークキーのパブをはしご

    休暇中なら昼間から飲んでも、誰にも文句は言われないはず。雨が降っている日は、なおさら言い訳になります。しかも、クラークキー周辺では多くのバーやレストラン、ビストロで 1 日中ハッピーアワーを利用できます。たいていのバーは午後 1 時から営業しており、近未来なデザインの大きな屋根が設置されています。昼夜問わず、雨に濡れずにバーめぐりを楽しみましょう。

    フレマントル シーフード マーケットでは、S$5 でビールやワイン (午後 12 時以降) を注文できます。リトルサイゴンは、午後 8 時までアルコール類が 50% オフ。バンジーバーでは、ビール 1 パイントあたり S$9 (午後 1 時 〜 午後 9 時) です。バーブ ピザバーでは、無料のピザ (S$15 以上の飲み物を注文した場合) を味わいながら、アルコールを楽しめます。

    5

    博物館で文化体験

    シンガポールには、天気の良い日に訪れるのにぴったりな博物館がたくさんあります (もちろん、雨の日のお出かけにも便利)。特に人気があるのは、アジア文明博物館国立博物館でしょう。どちらも展示内容が幅広く、S$10 ほどで入場できます。アジア文明博物館ではアジア全域について学べる一方、国立博物館ではシンガポールの (比較的短い) 興味深い歴史に焦点を当てています。

    他におすすめなのは、モダンなシンガポール美術館、華やかな建築デザインのアートサイエンス ミュージアム、悲しい歴史を伝えるチャンギ刑務所です。また、シンガポールの多様な文化に関する詳しい歴史を学ぶなら、チャイナタウン ヘリテージ センターマレー ヘリテージ センターに行きましょう。

    6

    スパで自分へのご褒美

    雨の日のシンガポールでは、外出して市内を散策するよりも、午後のひと時を贅沢にスパで過ごしてみませんか。シンガポールには評判の高いスパがいくつもあります。ほとんどの人気ホテルでは、客室内または専用スペースでマッサージやスパのサービスを提供しています。

    おすすめは、シャングリ ラ ホテルの緑豊かなトロピカルガーデンに併設されたCHI スパや、ザ ネクスト ミレニアムのリニューアル デイ スパ。アクセス抜群オーチャードロードにあるエステティカは、買い物後のストレス解消にぴったりでしょう。

    7

    ラッフルズ ホテルでシンガポール スリングを満喫

    シンガポール スリングというチェリー風味のカクテルを考案したことで有名なラッフルズ ホテル。天候のせいで出歩きたくない場合は、ホテル内のロングバーで 100 年以上前からほぼ変わらない植民地時代の雰囲気に浸りましょう。ラッフルズ ホテルのロングバーの伝統と言えば、床一面に転がったピーナッツの殻。テーブルの上にはピーナッツの袋が置かれ、食べた後は殻を床に落とすのが流儀だそう。

    ラッフルズ ホテルのシンガポール スリングは、約 30 SGD (税込) ですが、それだけの価値は十分あります。ノスタルジックな雰囲気を味わえて、楽しい思い出になるでしょう。ラッフルズ ホテルを訪れたら、1 度は体験してみてください。

    所在地 : 1 Beach Rd, Singapore 189673

    電話番号 : +65 6337 1886

    地図

    写真提供 Robb1e (CC BY-SA 2.0) 修正済

    8

    同じ屋根の下でディナー、お酒、映画を楽しむ

    シンガポールでは雨が降ると、屋上が立ち入り禁止になることも。ただし、チャイナタウンのザ スクリーニング ルームでは、ディナー、カクテル、プライベートシアターなど、すべて同じ建物の中で楽しむことができます。

    おしゃれなアンシャンヒルに位置する中東をイメージしたこのレストランでは、イラン、モロッコ、トルコ、レバノンの料理に舌鼓を打ちましょう。3 階の映画館には、快適な座席 (座席数は限られています) と大型のプロジェクションスクリーンを完備。人気のため、事前に予約した方がよいでしょう。映画のスケジュールについては、ウェブサイトにアクセスするか、電話でお問い合わせください。

    営業時間 : 月~木 : 午後 6 時~午前 1 時、金土 : 午後 5 時~午前 3 時 (休業日 : 日曜)

    電話番号 : +65 6532 3357

    地図

    写真提供 Marcin Konsek (CC BY-SA 4.0) 修正済

    9

    1 日中利用できるワールドグルメのビュッフェを満喫

    現在シンガポールで急速に人気を拡大しているのがワールドグルメのビュッフェ。雨降りの日には、メニューを制覇する言い訳にもなります。3 回、4 回、5 回とビュッフェ カウンターまで料理を取りに行きましょう。

    さまざまな 5 つ星ホテルでは、1 日中ビュッフェを提供しています。世界中の最高級食材を取り寄せているほか、熟練のシェフがシンガポール料理やアジアの人気メニューを目の前で調理してくれるのも魅力。

    10

    フライト エクスペリエンス シンガポールで操縦体験

    シンガポールでユニークな体験をするなら、ラッフルズ アベニューのフライト エクスペリエンス センターがおすすめ。リアルなシミュレーターで ボーイング 737-800 を操縦できます。実際に免許を所有するパイロットが、フライト前の訓練だけでなく、離陸から旋回、着陸まで、最長 90 分間案内してくれます。

    24,000 か所の空港から選んで、日中または夜間に有名な都市の上空を飛行しましょう。香港の海沿いの空港までスリル満点の降下を体験するか、ニューヨーク JFK 空港へ続く、壮観なマンハッタンの高層ビル群の上空を飛行するのはいかが。30 分コースは S$175 から、1 時間半のコースでは S$400 以上かかります。事前予約が必要ですので、お忘れなく。

    営業時間 : 毎日午前 10 時~午後 10 時

    電話番号 : +65 6339 2737

    地図
    Paul Smith | 旅のプロ

    旅行の計画をスタート !

    旅行情報

    シンガポール政府は、レジャー旅行者の受け入れ可能な宿泊施設を規定しています。

    詳細はこちら
    ページトップに戻る

    Maps