シンガポール ナイト サファリは、世界でも有数の観光スポット。エンターテインメントと驚きで訪問者を魅了します。また、飼育動物と野生動物の生息環境を向上させるため、保護、救助、研究にも取り組んでいます。日が沈んだら、トラムに乗ったりトレイルを歩いたりして、夜行性の野生動物の観察に出かけましょう。

    野生生物への配慮が行き届いたこのアトラクションでは、アジア、アフリカ、ヨーロッパ、アメリカ大陸のさまざまな動物が、広々とした自然の囲いの中を歩き回っています。シンガポールはアジアの中でも家族向け旅行先として高い評価を獲得していますが、シンガポール動物園で人気のこのアトラクションがその評価に貢献しています。

    シンガポール ナイト サファリ - シンガポールでお子様連れにおすすめのアクティビティベスト 10シンガポールのおすすめの公園と自然の空間ベスト 18の中でも注目の見どころ (シンガポールの全ガイドはこちら)

    写真提供 Allie_Caulfield (CC BY 2.0) 修正済

    シンガポール ナイト サファリのアトラクション

    シンガポールの「ナイトライフ」は本当にワイルドです。シンガポール ナイト サファリでは、59 種類を超える展示と 1,000 頭を超える動物たちを見ながら、夜行性動物の世界に触れることができます。地理的な特徴で別れた 8 つのエリアを結ぶトラムに乗ったり、トレイルを歩いたりして、世界中を旅しましょう。ヒマラヤ シロエリ ハゲワシ、ヌー、ガゼル、ビルマのガウル (野生の牛) など、絶滅が危惧されるエキゾチックな動物たちも多く見られます。

    写真提供 Allie_Caulfield (CC BY 2.0) 修正済

    まずはクリーチャーズ オブ ザ ナイト ショーに立ち寄りましょう。この施設で見られる動物たちを 20 分で大まかに把握できます (上映時間: 午後 7 時 30 分、午後 8 時 30 分、午後 9 時 30 分、週末と休日は追加で午後 10 時 30 分)。次に、トラムに乗ってヒマラヤン フットヒルズに進んでいくと、荒涼とした地形を再現したエリア全体で、バーラル、ヒマラヤタール、ムフロン、マーコールの姿を見ることができます。

    さらに、サンバー (鹿) の大きな生息地であり、キンイロジャッカル、ペリカン、イッカクサイも住むネパーリーズ リバー バレーをトラムで通り抜け、ナマケグマ、シマハイエナ、バラシンガ (ヌマシカ)、ギルライオンが見られるインディアン サブコンチネントのセクションを横断します。

    写真提供 Allie_Caulfield (CC BY 2.0) 修正済

    さらに先にあるエクアトリアル アフリカでは、広大なサバンナを模した地帯に、キリン、ライオン、サーバルが住んでいます。多様な生息環境が再現されたインド マラヤン リージョンではマレートラやバビルサ、アジアン リバーライン フォレストではバクとゾウが見られます。次に、サウス アメリカン パンパスのエリアでオオアリクイやカピバラ (現存している最大のげっ歯動物) を見たら、バーミーズ ヒルサイドに移動して、大きな野生のガウルやターミンジカ (エルドジカ) を見つけましょう。

    写真提供 Allie_Caulfield (CC BY 2.0) 修正済

    シンガポール ナイト サファリ

    所在地 : 80 マンダイ レイク ロード、シンガポール 729826、シンガポール

    営業時間 : 毎日午前 7 時 30 分~翌午前 0 時 (最終入場は午後 11 時)

    電話番号 : +65 6269 3411

    Ari Gunadi | 旅のプロ

    旅行の計画をスタート !

    旅行情報

    シンガポール政府は、レジャー旅行者の受け入れ可能な宿泊施設を規定しています。

    詳細はこちら
    ページトップに戻る