シンガポール周辺の島ベスト 5

シンガポールでおすすめの島を満喫

    シンガポールの近くにあるこれらの島はすべて、市内から 1 時間以内でアクセスできます (わずか数分で行ける島もあります)。つまりコンクリートのジャングルから、本物のジャングルやどこまでも続く柔らかい砂のビーチにすぐに移動できるということ。大都市の喧騒から簡単に逃れることができますが、それでもスターバックスやセブンイレブンが周辺にあります。

    地元の人が週末をのんびり過ごす、整備された大きな島 (旅行者はパスポートが必要です) や、シンガポールからフェリーでほんの 20 分の距離にありながら、ほとんど人が住んでいない熱帯の小島など、シンガポール周辺のおすすめの島をまとめました。

    1

    セントーサ島

    シンガポールからの所要時間 :5 ~ 10 分
    アクセス方法 :MRT でハーバーフロント駅まで行き、ビボシティーモールの 3 階からセントーサ エクスプレスに乗り換え。
    アクティビティ :ユニバーサルスタジオでジェットコースターに乗ったり、アンダーウォーター ワールドで魚を見たり、タンジョン ビーチクラブでは砂の上で食べたり飲んだり、遊んだりできます。

    セントーサを散策するのにロビンソン クルーソーになる必要はありません。この島は本土にとても近いため、歩道橋を渡って行くこともできます (時間帯により無料または $1)。または MRT に接続するセントーサ エクスプレスを利用することもできます。ユニバーサルスタジオやその他の有名なアトラクションのいずれかに行けば、本土と同じような商業化の波は避けられないことを実感するでしょう。それでも、タンジョンとシロソには散策したくなる、素晴らしいビーチがいくつかあります。ビーチバーを目指すならタンジョンへ、家族連れでサッカーやバレーボールなどのビーチアクティビティを楽しみたい場合はシロソへどうぞ。

    • カップル
    • 家族
    • 写真

    写真提供 Chensiyuan (CC BY-SA 4.0) 修正済

    2

    インドネシア、ビンタン島

    シンガポールからの時間 : 50 分
    行き方 : シンガポールのタナメラ フェリー ターミナルまたはハーバーフロントフェリーターミナルからフェリーを利用します。往復 : 約 $30 ~ $50。
    楽しみ方 : 数あるリゾートの 1 つを「拠点」にし、レンタカーで島の海辺エリアを見てまわりましょう。ビーチでリラックスしたり、象を見たり、寺院を訪問することもできます。

    リアウ諸島の一部であり、シンガポールに 2 番目に近いインドネシアの島で、すぐ後ろには似た名前のバタム島があります。ビンタン島はシンガポールからフェリーで 1 時間未満。島は開発されており、白砂のビーチが美しく、さまざまなウォータースポーツが楽しめます。日帰りや週末の旅行者は、有名なバンヤン ツリー テンプルの観光をお忘れなく。また、島の趣のあるフレンドリーな首都、タンジュンピナン周辺を散策してみましょう。

    • 家族
    • 写真
    3

    セントジョンズ島

    シンガポールからの時間 : 20 分
    行き方 : ワールドトレードセンターまたはマリーナサウスピアからフェリーを利用します (S$18 程度、毎日 2 便、週末および祝日は追加運行あり)。
    楽しみ方 : ラグーンで泳いだり、ビーチでピクニックをしたり、曲がりくねったジャングルを徒歩や自転車で回りましょう。

    セントーサ島はもちろん断トツで人気ですが、ここもシンガポールで最も人気のある島の 1 つです。泳ぐのにぴったりで、更衣室やトイレがあり、ピクニックスポットやお店もある、整備されたビーチがいくつもあります。島で一晩バンガローを借りて、観光客がみんな帰った後の静かな時間を満喫してみては。島の外周の砂州で海から隔てられたラグーンでも有名なセントジョンズ。ビーチマットと日焼け止めをお忘れなく。

    • 写真

    写真提供 Chensiyuan (CC BY-SA 4.0) 修正済

    4

    ラザロー島

    シンガポールからの所要時間 : 25 分
    アクセス方法 : ワールド トレード センターまたはマリーナサウスピアからセントジョンズ島へフェリーが運行 (約 S$18、1 日 2 便、土日祝日は増便)。セントジョンズ島から、専用のコンクリート歩道を渡ります (無料)。
    アクティビティ : なるべくビーチでリラックスするのがおすすめ。体を動かしたい気分なら、ひと泳ぎしましょう。

    ラザロー島にはシンガポールで最ものどかで美しいビーチがあるとの声も。それでも、整備されたセントジョンズ島を訪れる多くの旅行者はわざわざ橋を渡って真相を確認しようとはしません。ビジター向けのアクティビティはそれほどありませんが、熱帯のジャングルを背景にヤシの木が縁取る手つかずの白い砂浜がどこまでも続くのを眺められるなら、歩いて渡る価値はあります。

    • 写真

    写真提供 Jnzl's Photos (CC BY 2.0) 修正済

    5

    ウビン島

    シンガポールからの所要時間 : 5 分
    アクセス方法 : チャンギ ポイント フェリー ターミナルから小型ボートに乗船 (片道約 $2)。
    アクティビティ : 湿地帯を徒歩や自転車で探索したり、ビーチでピクニックをしたり、バードウォッチングをしたりできます。

    シンガポール本土以外に日帰りで行く場合、セントーサ島の次に人気があるのがウビン島。この小さな島はシンガポールとマレーシアに挟まれており、冒険好きな人たちが楽しめる湿地帯で有名です。豊かな緑だけでなく、素晴らしいサイクリングコースもあります。もちろん、素敵なビーチも見逃せません。

    • 家族
    • 写真

    写真提供 Jirka Matousek (CC BY 2.0) 修正済

    Paul Smith | 旅のプロ

    旅行の計画をスタート !