シンガポールでおすすめの美術館やギャラリー ベスト 13

シンガポールのアトラクション

    この都市の成り立ちや多様な文化的背景を考えると、シンガポールの美術館や博物館が非常に多様性豊かであることにも納得がいくはず。やや地味ですが魅力的なチャンギ刑務所礼拝堂と博物館は、第二次世界大戦の惨禍をはっきりと思い出させる施設。色鮮やかなチャイナタウンヘリテージセンターとペラナカン博物館は、それぞれ華僑華人のさまざまな文化的側面を探究しながら説明しています。

    シンガポール海軍博物館と切手博物館は、何があるか説明するまでもないかもしれません。それでも、訪れてみる価値はあります。シンガポールで最も古い博物館である国立博物館は、最大の博物館でもあり、映画、服、魅力的な装身具の宝庫が定期的に展示されています。

    1

    アジア文明博物館

    シンガポールで定評ある国立博物館のアジア文明博物館 (ACM) は、アジア全域にわたる芸術と文化の興味深い背景を学ぶ絶好のスポット。エンプレス プレイス ビルディングの 3 フロアを占めるアジア文明博物館は、11 のギャラリーで 1,000 点以上の工芸品を展示しています。

    アジアの文明に特化した、東南アジアで唯一の博物館であり、東南アジア、南アジア、中国、西アジアの文化に関連した、さまざまな遺物を見ることができます (5,000 年前の展示物もあります)。

    営業時間: 毎日午前 10 時~午後 7 時 (金曜は午後 9 時まで開館)

    電話番号: +65 6332 7798

    • 家族
    • 歴史
    2

    ナショナル ギャラリー シンガポール

    シンガポールと東南アジアの美術作品の世界最大のコレクションを所蔵しているナショナル ギャラリー シンガポール。その作品数は合計 10,000 点に及びます。ダウンタウン シンガポールのシビック ディストリクトに位置する美しい建築物は、かつての市庁舎と国立最高裁判所を改装したもので、まさにシンガポールの歴史的な中心地。

    シンガポールの新しい「ビジュアルアート施設」 (アートギャラリーの別称) とも呼ばれ、政府支援のこのプロジェクトは、「ビジュアルアートの地域的および国際的な中心地としてのシンガポールの役割を強化する」ことを目的としています。64,000 平方メートル以上の床面積を誇る国内最大の美術館であり、人気の根強いクラークキーのシンガポール美術館の規模を上回っています。

    営業時間: 毎日午前 10 時~午後 7 時

    電話番号: +65 6271 7000

    • 家族
    • 歴史
    • 写真

    写真提供 GordonMakryllos (CC BY-SA 4.0) 修正済

    3

    シンガポール国立博物館

    シンガポールと東南アジアの美術作品の世界最大のコレクションを所蔵しているナショナル ギャラリー シンガポール。その作品数は合計 10,000 点に及びます。ダウンタウン シンガポールのシビック ディストリクトに位置する美しい建築物は、かつての市庁舎と国立最高裁判所を改装したもので、まさにシンガポールの歴史的な中心地。

    展示は 6 つのギャラリーに及びます。ゴー セン チュー ギャラリーとシンガポール ヒストリー ギャラリーでは、ミュージアム屈指の素晴らしい作品を鑑賞できます。

    営業時間: 毎日午前 10 時~午後 7 時 (金曜は午後 9 時まで開館)

    電話番号: +65 6332 3659

    • 家族
    • 歴史
    • 写真
    4

    アートサイエンス ミュージアム

    広げた手、またはバナナのようにも見える外観が特徴のアートサイエンス ミュージアム。マリーナベイサンズのふもとのウォーターフロントに位置しており、ダリからハリーポッターまで、次々と新しい展示が登場します。

    芸術と科学の関連性について楽しみながら学ぶことができる、子供も大人も大満足のスポット。有名なマリーナ ベイ サンズ ホテル (MRT ベイフロント駅から徒歩 10 分) の海沿いの通路にあるギャラリーに、ぜひ足を運んでみてください。

    営業時間: 毎日午前 10 時~午後 7 時 (最終入場 : 午後 6 時)

    電話番号: +65 6688 8868

    • 家族
    • 歴史
    • 写真
    5

    チャンギ刑務所礼拝堂 & 博物館

    現在も刑務所として使用されているチャンギ刑務所の敷地内にひっそりと佇む博物館。第二次世界大戦時の日本軍占領下の捕虜の生活を垣間見ることができます。博物館の隣には、連合国軍の捕虜が拘留中に建てた簡素な礼拝堂のレプリカも併設。建物には、チャンギで愛する人を失った遺族からの手紙が展示されています。

    営業時間: 毎日午前 9 時 30 分~午後 5 時 (最終入場 : 午後 4 時 30 分)

    電話番号: +65 6214 2451

    • 家族
    • 歴史

    写真提供 Whoosises. (CC BY-SA 3.0) 修正済

    6

    イメージ オブ シンガポール

    セントーサ島のインビア ルックアウトに位置するイメージ オブ シンガポールは、必ず訪れたい歴史博物館。シンガポールの歴史や文化、民族やその生活に焦点を当てて、人形や映像で再現しています。昔の倉庫をイメージした館内では、マレーシア人の統治時代、イギリス人の到来、シンガポール初代首相のリー クアン ユー氏によるポスト植民地主義時代などについて展示を見ることができます。

    博物館を見学した後は、テイスト オブ シンガポールに立ち寄って、シンガポール料理を堪能しましょう。ニョニャ料理のロブスターラクサ、タンドリーチキン、特大サテの盛り合わせなど、本格的な郷土料理を味わえます。

    営業時間: 毎日午前 10 時~午後 6 時半 (土日は午後 7 時半まで)

    電話番号: +65 6275 0388

    • 家族
    • 歴史
    • 写真
    7

    マレー ヘリテージ センター

    カンポン グラムのイスタナ カンポン グラム (スルタン宮殿) と同じ敷地内にあるヘリテージ センター。マレー系シンガポール人の歴史や文化を紹介しています。東南アジアの多くの農村地帯と同様に、シンガポールのマレー人は何十年もの間、伝統的な高床式の木造家屋 (マレー語では「カンポン」) に住んでいました。政府がほとんどのシンガポール人にアパートへの移住を命じた 1980 年代には、シンガポールでマレーのカンポンは見られなくなりました。

    この博物館では、伝統家屋のカンポンだけでなく、芸術品や工芸品も展示されているので、昔ながらのマレー人の生活や文化を垣間見ることができます。

    営業時間: 火~日 : 午前 10 時~午後 6 時

    電話番号: +65 6391 0450

    • 家族
    • 歴史
    • 写真

    写真提供 Elisa.rolle (CC BY-SA 4.0) 修正済

    8

    プラナカン博物館

    プラナカン博物館は、シンガポールで受け継がれてきた遺産の 1 つである、独自の文化を紹介しています。ミュージアムが誇る 10 のギャラリーでは、1,200 点を超える海峡華人の工芸品を展示しています。銀や磁器、宝飾品、織物、食糧、祭祀具などの展示品を鑑賞しましょう。

    また、マレーシア、タイ、インドネシア、ミャンマーなど、東南アジアのペラナカン コミュニティとの関係性も知ることができます。ペラナカンの素晴らしい工芸品のコレクションを収蔵した、こぢんまりとした博物館。ぜひ一度足を運んでみてください。

    営業時間: 毎日午前 10 時~午後 7 時 (金曜は午後 9 時まで開館)

    電話番号: +65 6332 7591

    • 歴史
    • 写真

    写真提供 Elisa.rolle (CC BY-SA 4.0) 修正済

    9

    レッド ドット デザイン ミュージアム

    レッド ドット デザイン ミュージアムを訪れると、日常を少し違った観点で捉えられるようになります。日々の暮らしを楽にするイノベーションの謎を解いたり、珍しい小道具やガジェットについて詳しく学んだりできます。気付いたら、あっという間に 1 時間以上経っていた、ということも。小規模なギャラリーですが、デザインのバリエーションは幅広く多彩。広告ポスター、包装、コンピューター、家電製品まで多岐にわたります。

    営業時間: 毎日午前 10 時~午後 8 時 (金~日は午後 11 時まで開館)

    電話番号: +65 6514 8265

    • 家族
    • 写真
    • 格安
    10

    シンガポール アート ミュージアム

    シンガポール アート ミュージアムは、ブラス バサ ロードの主要なショッピング エリアの中心部に位置し、シンガポールと東南アジアの近現代美術を 8,000 点近く展示しています。

    10,000 平方メートル以上の広さを誇り、国際標準のミュージアム施設が併設されています。空調管理が行き届いた 14 のギャラリーがあります。館内にはギフトショップのほか、複数のカフェやレストランがあります。

    営業時間: 毎日午前 10 時~午後 7 時 (金曜は午後 9 時まで開館)

    電話番号: +65 6332 3222

    • 家族
    • 歴史
    • 写真

    写真提供 ProjectManhattan. (CC BY-SA 3.0) 修正済

    11

    シンガポール ディスカバリー センター

    シンガポールについて知りたいことがあるなら、シンガポール ディスカバリー センターで市の歴史と未来について学びましょう。アートギャラリー、科学博物館、屋外のプレイエリアが 1 か所に集結しているため、お子様と一緒に半日を過ごすには最適なスポット。わかりやすい体験型展示がたくさんあり、大人も楽しむことができます。アッパー ジュロン ロードに位置し、MRT ジュー クーン駅から徒歩約 10 分です。
     

    営業時間: 火~日 : 午前 9 時~午後 6 時

    電話番号: +65 6792 6188

    • 家族
    • 歴史
    • 写真

    写真提供 Glen Bowman (CC BY 2.0) 修正済

    12

    シンガポール切手博物館

    1908 年に建てられたという、古風で趣のある建物内にある博物館です。切手の収集家にとっても、そうではない人にとっても、シンガポール切手博物館周辺の散策はおすすめです。国内および海外の切手や初日カバーの興味深いコレクションが展示されています。

    切手は、シンガポールのさまざまな時代を絵画、芸術、行政というレンズを通して覗き、何十年にもわたる歴史と多文化社会の発展について学んだり、考えたりするのにぴったりです。製図板から印刷版、プログレッシブシート、最終製品まで、切手の詳しい製造方法を視覚的に紹介する展示もあります。受付でガイド付きツアーを申し込んだり、事前に電話でツアーを手配したりできます。 

    営業時間: 毎日午前 10 時~午後 7 時

    電話番号: +65 337 3888

    • 家族
    • 歴史
    • 写真

    写真提供 Elisa.rolle (CC BY-SA 4.0) 修正済

    13

    シンガポール海軍博物館

    シンガポール海軍博物館では、19 世紀の海峡居留地海軍志願予備員としての時代から、現在のシンガポール海軍まで、シンガポールにおける海軍の発展をたどっています。また、旧式の海上装備品、歴史に関する写真、現在の海軍のハイテクなミサイルコルベットの解説などが展示されています。パスポートを忘れずに持参してください。

    営業時間: 月〜金 : 午前 8 時半〜午後 5 時半

    電話番号: +65 6750 5585

    • 家族
    • 歴史
    Paul Smith | 旅のプロ

    旅行の計画をスタート !

    Maps