シンガポールからのおすすめ日帰り旅行ベスト 5

シンガポールでおすすめの日帰りツアー

    シンガポールで人気の日帰り旅行には、マレーシアとインドネシアなど周辺国への旅行が含まれます。東南アジアのシンガポール海峡に位置するシンガポールは、エネルギーに満ちた島国。コロニアル様式の堂々たる建物や繊細な装飾が施された道教寺院が、近未来的な高層ビルや手の込んだ屋外アートと融合しています。

    主な見どころはほぼ市内に集まっていますが、近隣にもワクワクするようなスポットがあるのも魅力。シンガポール滞在中に少し足を延ばすなら、インドネシアやマレーシアなどの近隣の国に日帰りで旅行するのはいかが ? アクティブに過ごすのも、のんびりと過ごすのもおすすめです。

    1

    セントーサ島ツアー

    シンガポールの一部でありつつ、沖に浮かぶセントーサ島。家族みんなが大満足、楽しさいっぱいの見どころがたくさんあります。ダウンタウンから島へ渡るには、ケーブルカーがおすすめ。上空から街を見下ろして、アートサイエンス ミュージアムやガーデンズ バイ ザ ベイなどの眺めを堪能しましょう。セントーサ島に到着すると、ガイドがタイガー スカイ タワーに案内してくれます。これはアジアで最も高い自立式の展望台。430 フィート (131 m) の高さから一望するスカイラインは目が覚めるような絶景です。

    タワーを下りたらスカイライン リュージュへ。急カーブやトンネルを爽快に走り抜け、丘の斜面を駆け降りる 4 つのトラックでドキドキの体験を。シンガポールが、海が、ビーチが、次々と目の前に迫ってきます。

    • 家族
    • 写真
    • アドベンチャー
    2

    シンガポール発ビンタン島 1 日ツアー

    都会の生活からペースダウンするには、フェリーに乗ってビンタン島への日帰り旅行がおすすめ。インドネシアのリアウ諸島の一部です。熱帯の花、神秘的なマングローブの森、たくさんのエキゾチックな野生生物に囲まれた、自然豊かな保養地。

    フェリーから降りたら地元のエコ農場を訪れて、動物と触れ合ったり、採れたて食材を味見したり。野鳥保護区で色鮮やかな鳥を観察した後は、鹿や淡水魚に出会えるスポットにも立ち寄ります。ガイドの案内で今度はジャングルに分け入り、セブン川沿いの散策路へ。マングローブの森に包まれて、そこに息づく植物や動物についての知識を深めたら、またフェリーに乗ってのんびりとシンガポールに戻ります。

    • 写真
    • グループ
    3

    送迎付きレゴランド マレーシア ツアー

    レゴランド マレーシアを家族みんなで遊び尽くしましょう。ツアーならシンガポールからパークへの移動が便利。7 つのテーマゾーンと 40 を超えるアトラクションが待っています。レゴを何百万個も使って再現したアジアのランドマークは圧巻。実物大のレゴ列車から眺める公園の景色もまた格別。レゴスタジオで行われる 4D ショーからも目が離せません。レゴ キングダムでは、王宮の中で死闘を繰り広げたり、ランド オブ アドベンチャーで失われた宝を探したり。十分パークを満喫したら、ディナータイムに間に合うようにシンガポールに戻ります。

    • 家族
    • 写真
    4

    ジョホールバル プライベート半日ツアー

    シンガポールから国境を越えてすぐのジョホールバルで、まったく新しい世界を発見。まず訪れるのはスルタン アブ バカール モスク。丘の上のロケーションと高くそびえる尖塔は絶好の写真スポットです。色とりどりの織物やビクトリア様式の大理石など、モスクの繊細な装飾にはうっとり。布に見事なデザインを施す織物職人の手さばきには目を見張るものがあります。その後は、ロイヤル アブ バカール ミュージアムで王族の歴史が刻まれた家宝や芸術品を見たり、王族の埋葬方法がわかる王室墓地を見学したり。シンガポールへの帰り道には地元の市場に立ち寄って、マレーシアの伝統的な屋台料理やおみやげも買えます。

    • 家族
    • アドベンチャー

    写真提供 Chongkian (CC BY-SA 4.0) 修正済

    5

    プライベート コタティンギ蛍ツアー

    マレーシア中を探しても珍しい、息をのむようなコタティンギの感動スポットを満喫しましょう。プライベートガイド付きのナイトツアーでは、コタティンギ ファイアーフライ パークを訪ねます。ジョホール川沿いを静かに走るうちに、見えてくるのは何千匹もの輝く蛍。

    カヤックでマングローブの森に分け入り、蛍が暗闇を照らしながら舞う様子に目を凝らして。ガイドと一緒に水上を漕ぎ進みながら、蛍の生態や不思議な動きの意味なども教えてもらえます。

    • 家族
    • 写真
    Paul Smith | 旅のプロ

    旅行の計画をスタート !

    Maps