リトルインディアでおすすめのアクティビティ ベスト 7

リトルインディアのおすすめ情報

    シンガポールのリトルインディアでは、徒歩圏内におすすめのアクティビティが集中しています。1 日か 2 日あれば、この賑やかなエリアを十分に楽しむことができます。シンガポール川の東に位置する、シンガポール随一の小さな地区は、徒歩や自転車で散策するのにぴったり。

    ヒンズー教寺院や仏教寺院のほか、19 世紀に建てられたモスクなどの宗教的建造物が数多く立ち並びます。リトルインディアでおすすめのアクティビティと言えば、シンガポールでの楽しみの 1 つであるショッピングも欠かせません。

    1

    スリ ヴィラマカリアマン寺院

    リトルインディア随一の美しく、多くの人が訪れるスリ ヴィラマカリアマン寺院。セラングーンロードに位置するヒンズー教の寺院は 19 世紀に建設され、結婚式や多目的ホールなどに使われる設備もあります。

    何百もの小さな色鮮やかな彫像が寺院の外壁を覆うスリ ヴィラマカリアマン寺院は、とても人気のある写真スポット。内側も同じくらい印象的な寺院には、火曜日、金曜日、日曜日に大勢の人たちが礼拝に来ることをお忘れなく。入場は無料ですが、肌の露出を控えた服装で、寺の中に入る前に靴を脱いでください。

    ロケーション: 141 セラングーンロード、シンガポール 218042

    営業時間: 火 : 午前 5 時半 ~ 午後 12 時 15 分、午後 2 時半 ~ 午後 9 時、水 ~ 月 : 午前 5 時半 ~ 午後12 時 15 分、午後 4 時 ~ 午後 9 時

    電話番号: +65 6293 4634

    • 写真
    • 格安

    写真提供 Steve (CC BY-SA 2.0) 修正済

    2

    タン テンニア氏の邸宅跡

    タン テンニア氏の邸宅跡は、1900 年に建てられたカラフルな 2 階建ての邸宅。カラバオロードに位置し、シンガポールの植民地時代に建てられた、リトルインディアに残っている数少ない中国様式の建物の 1 つです。 

    地元のコミュニティが、タン テンニア氏の邸宅跡の有名なレインボーカラーの維持のほか、改装やメンテナンスを行っています。邸宅の写真を何枚か撮った後は、近くのガーデンにある屋外レストランで美味しいビリヤニを楽しみましょう。

    ロケーション: 37 カラバオロード、シンガポール 219168

    • 歴史
    • 写真
    • 格安

    写真提供 Marcin Konsek (CC BY-SA 4.0) 修正済

    3

    スリ スリニヴァサ ペルマル寺院

    慣れていない人には、スリ スリニヴァサ ペルマル寺院は、少し先にあるスリ ヴィラマカリアマン寺院と同じように見えるかもしれません。外観は、複雑なデザインのヒンドゥー教のレリーフがメインの建物 (ゴープラム) にびっしりと並んでいて、建物全体がとてもカラフル。

    寺院はクリシュナというヴィシュヌの化身の 1 つに捧げられています。また、マハラクシュミー、ムルガン、アンジャネーヤなど、他のヒンズー教の神々の像も見ることができます。スリ スリニヴァサ ペルマル寺院は、毎日朝と夕方に地元の人たちのためにプージャ (礼拝) を行っています。

    ロケーション: 397 セラングーンロード、シンガポール 218123

    営業時間: 毎日午前 6 時 15 分 ~ 正午、午後 6 時 ~ 午後 9 時

    電話番号: +65 6298 5771

    • 歴史
    • 写真
    • 格安

    写真提供 xiquinhosilva (CC BY 2.0) 修正済

    4

    ムスタファ センター

    ムスタファ センターは、デザイナーズアイテムを低価格で提供する 24 時間営業のショッピングモール。このモールでのショッピングは、屋内市場での買い物に似ていて、狭い通路にさまざまな種類の商品が所狭しと並んでいます。

    雑多な雰囲気があり、毎日たくさんの人で混雑していますが、市内の他の場所では見つからないアイテムを探してムスタファ センターに来たのであれば、きっとそのアイテムが通路に並んでいるのを目にするでしょう。

    ロケーション: 145 サイド アルウィ ロード、シンガポール、207704

    電話番号: +65 6295 5855

    • ショッピング
    • 食事

    写真提供 ProjectManhattan (CC BY-SA 3.0) 修正済

    5

    千燈寺院

    1927 年にタイの僧侶によって建てられたシャカムニ ブッダガヤ寺院には、明らかにシャムの影響が至る所に見られます。この仏教寺院の主な特徴は 15メートルの仏像で、重さは約 300 トン。

    仏像を囲むように多数の灯りが置かれていることから、千燈寺院と呼ばれています。シャカムニ ブッダガヤ寺院は、MRT のリトルインディア駅とファラーパーク駅の間に位置しています。入場は無料ですが、礼拝者に敬意を払うため、露出を控えた服装で参拝してください。

    ロケーション: 366 レースコースロード、シンガポール 218638

    営業時間: 毎日午前 8 時 ~ 午後 4 時半

    電話番号: +65 6294 0714

    • 歴史
    • 写真
    • 格安

    写真提供 Insights Unspoken (CC BY-SA 2.0) 修正済

    6

    アブドゥル ガフール モスク

    アブドゥル ガフール モスクは 1859 年創建。南インドからのイスラム教徒の商人とファーラー パークの古い競馬場で働いていた人々のために建てられました。何年もの改装を経て、モスクは南インド、ムーア、そしてビクトリア様式の影響を受けた独特の建築様式になっています。

    アブドゥル ガフール モスクの見どころは、ローマ建築にヒントを得たローマ式の柱によって支えられる、アラビア風のガラス製の半球天井です。世界中の多くの宗教的な場所と同様、モスクも控えめな服装で訪問しましょう。

    ロケーション: 41 ダンロップストリート、シンガポール 209369

    営業時間: 金: 午前 8 時 ~ 午後 12 時、午後 2 時半 ~ 午後 8 時。土 ~ 木: 午前 8 時 ~ 午後 8 時

    電話番号: +65 6295 4209

    • 歴史
    • 写真
    • 格安

    写真提供 Orderinchaos (CC BY-SA 4.0) 修正済

    7

    龍山寺

    龍山寺は、中国の慈悲の女神、観音菩薩 (観音) を祀るため建てられました。孝行と学問の成功を祈る家族で賑わっています。祖霊廟では、太陰暦の重要な日に無料のベジタリアン料理を提供しています。

    龍山寺の建物は全体的に鮮やかな赤色に金色のアクセントが施されたデザインになっており、中国の宮殿のような造りになっています。梁や柱には、神話に出てくる生き物をかたどった複雑な彫刻も数多く施されています。

    ロケーション: 371 レースコースロード、シンガポール 218641

    営業時間: 毎日午前 7 時 30 分 ~ 午後 5 時

    電話番号: +65 6298 9371

    • 歴史
    • 写真
    • 格安

    写真提供 Basile Morin (CC BY-SA 4.0) 修正済

    Stephan Audiger | 旅のプロ

    旅行の計画をスタート !

    Maps