セントラル シンガポールの西部にあるブキティマ。森林に覆われた丘があり、植物が好きな方にとっては、シンガポールで行くべき場所の 1 つと言えるでしょう。この丘はブキティマ ヒルと呼ばれており、最も標高の高い自然のランドマークで、シンガポールの重要な自然保護区の 1 つでもあります。

    ブキティマにはシンガポール国立蘭園があり、エキゾチックな植物、木々、花々を観察できます。さらに、シンガポール植物園もあります。リラックスしながら、景色を眺め、エキゾチックな香りやブーケをお楽しみください。一生に一度の体験となるでしょう。

    1

    シンガポール植物園

    シンガポール植物園はシンガポール屈指の観光名所。小規模な熱帯雨林、ジンジャーガーデン、蘭園などのエリアがあります。熱帯雨林エリアはこの地域に残された数少ない自然のジャングルで、300 種類を超える植物が自生しているとのこと。最も高い木は約 40 メートルにもなります。

    この美しい植物園では、珍しい植物や樹木、花だけでなく、色鮮やかな鳥や昆虫も多く観察できます。たとえば、キタカササギサイチョウ、マレーモリフクロウ、タイヨウチョウ、コウハシショウビンなどの鳥が、園の池や湖にやってきます。ガチョウ、黒鳥、アヒルなども長年この植物園に生息しています。

    所在地 : 1 Cluny Road, Singapore 259569, Singapore

    営業時間 : 毎日午前 5 時 ~ 翌午前 0 時。国立蘭園は毎日午前 8 時 30 分 ~ 午後 7 時

    電話番号 : +65 6471 7138

    地図
    2

    シンガポール国立蘭園

    緑豊かなシンガポール植物園の中心に位置する蘭園では、世界で最もエキゾチックな蘭のコレクションを見ることができます。国立蘭園がオープンしたのは 1995 年。しかし、美しく希少な蘭の花は 1859 年のシンガポール植物園の開園当初から園内にありました。

    園の最初のディレクターであるヘンリー リドリーによって蘭のコレクションプログラムが始まり、1899 年に蘭ハウスがオープンすると、I H バーキルや R E ホルタムなどの歴代のディレクターによって園の拡張が行われました。

    所在地 : 1 Cluny Road, Singapore 259569, Singapore

    営業時間 : 毎日午前 8 時 30 分 ~ 午後 7 時

    電話番号 : +65 6475 5060

    地図
    Paul Smith | 旅のプロ

    旅行の計画をスタート !

    旅行情報

    シンガポール政府は、レジャー旅行者の受け入れ可能な宿泊施設を規定しています。

    詳細はこちら
    ページトップに戻る

    Maps