スコットランドのエジンバラを初めて訪れたときに、ハギスの中に入っているものが何なのか、あるいはスコットランドのショートブレッドに中毒性があることやスコットランドのオートミールに少し塩を入れた方がよいことを教えてくれる食のガイドがあったら、と思わずにはいられません。そこで、エジンバラで試すべきスコットランド料理を 5 つご紹介します。

    1

    ハギス

    ハギスは、ある動物の一種だと観光客に話すのは、よく言われる冗談です。この話を信じてしまったとしても仕方ありません。それほど、この料理の見た目は変わっているのです。レシピは数え切れないほどありますが、伝統的なハギスは羊の「臓物」(もう少し上品に言うと、心臓、肝臓、肺など) から作られています。これらの内臓は挽肉にして、タマネギ、オートミール、羊の脂、スパイス、塩を加え、羊の胃に詰めて 3 時間ほど茹でます。

    驚くまでもなく、ハギスはなかなか受け入れられないという問題が常にありました。1700 年代ですら、スコットランドの有名な詩人であるロバート バーンズが、この料理を守る必要を感じていました。この料理を嫌い、あざ笑い、見下げるようなハギス嫌いの人のことを、この詩人はある詩の中でふざけてからかっています。この詩人を記念して称えるために、バーンズの誕生日である 1 月 25 日には、バーンズ サパーズという行事がスコットランド全土で催されます。メインディッシュは、もちろんハギスです。

    • 食事

    写真提供 Beck (CC BY 2.0) 修正済

    2

    スコットランドのショートブレッド

    まだ逃げないでください ! 甘くて美味しいスコットランドの名物があります。もう少し「主流」と言えます。スコットランドのショートブレッドは、残りのパン生地をオーブンで乾燥させて「ビスケットパン」を作るという中世のレシピから進化しました。最終的には、ビスケットパンの酵母をバターに置き換えて、ショートブレッドが生まれました。

    スコットランドのショートブレッドは、昔はとても高価なもので、結婚式、クリスマス、新年などの特別な日に出されるものでした。今ではエジンバラ中の店で、円形を放射線状に切り分けた「ペチコートテール型」から棒状の「フィンガー型」まで、さまざまな形のものが売られています。

    • 食事

    写真提供 Dave souza (CC BY-SA 2.5) 修正済

    3

    スコットランドのポリッジ

    ポリッジ (お粥) はもう 1 つの古典的なスコットランド料理です。ポリッジは世界中の国々で食べられていますが、スコットランド独特の食べ方があります。スコットランド人は、ポリッジをゆっくりと調理して、へら (30 cm (12 インチ) の木製) を使用して、塊をなくします。スコットランドのポリッジは、塩または少量のウイスキーを添えて供されます。

    • 食事

    写真提供 Ungry Young Man (CC BY 2.0) 修正済

    4

    スコッチ

    そのウイスキーが次のこのテーマにつながります。スコッチ ウイスキー、または単に「スコッチ」は、スコットランド発祥の最も有名な飲み物と言ってよいでしょう。蒸留された大麦酒と泥炭から独特の風味が得られます。さらに詳しく知りたい場合は、ザ スコッチ ウイスキー エクスペリエンスなど、エディンバラで行われるツアーに参加するとよいでしょう。その場合は、ロイヤル マイルの近くに宿泊する必要があります。

    • 食事
    5

    スコットランドのバノック

    スコットランドのバノックはスコーンと同じくらいの厚さのパンの一種で、伝統的にオートミールを使い (普通の小麦粉が使用されることも)、鉄板の上で焼かれます。最近では、代わりに鉄製のフライパンを使用する人も多くなっています。バノックの人気は、スコットランドからの入植者のおかげで世界中に広まりました。アメリカとカナダに住むネイティブ アメリカンは、18 世紀にこの食べ物を取り入れました。最も有名なスコットランドのバージョンの 1 つがセルカーク バノック。皮肉なことに、これはオートミールで作ったオートケーキというよりも、フルーツケーキに近くなっています。

    これらの食べ物それぞれにレシピは 1,000 種類にも上るようで、なんとベジタリアン向けのハギスまで登場しているようです。これらのバリエーションすべてを含めて、これらの食べ物はスコットランドの本物の味です。

    • 食事

    写真提供 Ninian Reid (CC BY 2.0) 修正済

    旅行の計画をスタート !

    Maps