ピョートル大帝によって創建されたサンクトペテルブルクは、ロシア史上で激動の時代をくぐり抜けてきました。金色のドームを冠した教会や色鮮やかな宮殿が、帝国の繁栄を物語っています。通りを散策したり、ネヴァ川や運河をクルーズで周遊したりしましょう。ブティックや洗練されたレストラン、ミュージアムに改装された帝国時代の建築物を一望できます。

    市内の多く存在する文化スポットには、何百万点もの芸術作品を展示するエルミタージュ美術館や、1800 年代にチャイコフスキーのバレエを上演した当時の栄華を残す、壮観なマリインスキー劇場があります。ここでは、サンクトペテルブルクで訪れたい荘厳な観光スポットや、おすすめのアクティビティをご紹介します。

    1

    ネフスキー大通りを散歩して 1 日をスタート

    サンクトペテルブルクの活気のある大通り

    • 写真
    • 格安

    ネフスキー大通りは、市内中心部を 4 km にわたって伸びるサンクトペテルブルクの目抜き通りです。この通りは、元々は街の貴族が使っていた広い遊歩道でした。そこから何世紀にもわたって、ショッピング、食事、芸術、文化的景観の中心地となってきました。

    優美なシンガー ハウスに店舗を構えるドム クニーギ書店で本を探したり、カフェ シンガーに立ち寄って、街の生活やカザン大聖堂の素晴らしい景色を眺めながらゆったりと過ごしたり、さまざまな楽しみ方があります。アニチコフ宮殿やロシア国立図書館などの美しい建築物を見ながら歩くだけで、あっという間に 1 日が過ぎるかもしれません。

    所在地 : Nevsky Avenue, St Petersburg 191025, Russia

    地図
    2

    必見スポット : 血の上の救世主教会

    凶弾に倒れた皇帝を称えるために建てられた壮麗な教会

    • 歴史
    • 写真

    サンクトペテルブルク中心部にあるこの歴史的な教会は見逃せないスポットです。ロシア正教会に特有の複雑なデザインが施され、青銅色をはじめとするさまざま色に彩られた壮麗なドームが空まで伸びています。1881 年に起こった皇帝アレクサンドル 2 世の暗殺の地に建てられた教会で、内装もまた素晴らしく、聖書をテーマにした面積 7,000 平方メートル以上のモザイク、イタリア産大理石の床、ウラル山脈とアルタイ地方の装飾石が目を引きます。

    教会としての活動はされておらず、大規模な修復工事が行われた後、現在は博物館として一般公開されています (入場料約 250 ルーブル)。

    所在地 : Griboyedov Canal Emb 2A, St Petersburg 191186, Russia

    営業時間 : 木~火 : 午前 10 時半~午後 6 時

    電話番号 : +7 812 315-16-36

    地図
    3

    クンストカメラ人類学・民族学博物館を訪れる

    奇妙で素晴らしいものがいっぱい

    • 家族
    • 歴史
    • 写真

    この博物館は、1714 年にピョートル大帝が創設したロシア最古の博物館です。自然物の膨大なコレクションの中には悪名高い「奇形」の展示があり、頭が 2 つある胎児や異形の身体部分など珍しい標本の数々が保存されています。展示の目的は人に衝撃を与えることではなく、当時の迷信を鎮め、そうした奇妙な変異が科学的に説明できる自然の気まぐれであることを示すことでした。

    多くの人が奇妙なものを見るためにこの博物館を訪れますが、ここには世界中から集められた文化的工芸品のコレクションや、意匠を凝らした時計仕掛け、望遠鏡、双眼鏡など、魅力的な天文展示もあります。

    所在地 : University Embankment, 3, St Petersburg 199034, Russia

    営業時間 : 火~日 : 午前 11 時~午後 6 時

    電話番号 : +7 812 328-14-12

    地図

    写真提供 Jorge Láscar (CC BY 2.0) 修正済

    4

    必見スポット : ペテルゴフ宮殿と庭園

    ロシアのベルサイユ

    • カップル
    • 家族
    • 歴史
    • 写真

    サンクトペテルブルクの西約 30 km にあるペテルゴフは、ピョートル大帝によって建てられ、1917 年のロシア革命まで 2 世紀にわたって王室が夏に過ごす海辺の離宮として使われていました。広大な敷地に、華麗なバロック様式の宮殿、黄金の彫像、庭園、博物館があり、ユネスコ世界遺産に登録されています。

    大宮殿は敷地の中で最も大きく、30 室の部屋に貴重な絵画や、中国から取り寄せた飾り戸棚など工芸品の家具があふれんばかりに並べられています。ペテルゴフを訪れるのに最適な時期は 5 月から 10 月で、その時期になると、ライオンの口から 20 メートルの高さまで水が吹き上がるサムソンの噴水など、150 基の噴水が稼働しています。

    所在地 : Razvodnaya Street 2, Peterhof, St Petersburg 198516, Russia

    営業時間 : 毎日午前 9 時~午後 8 時

    電話番号 : +7 812 450-52-87

    地図

    写真提供 Richard Mortel (CC BY 2.0) 修正済

    5

    レストラン「Tsar」で王族のような食事を楽しむ

    豪華な雰囲気の中で提供されるロシア料理

    • カップル
    • 食事
    • 高級ホテル

    美しく保存された歴史的な建物内にあるエレガントなレストランで、ロシアの王室のような食事を楽しめます。Tsar は、その完璧なサービス、キャビアのテイスティングメニュー、ビーフストロガノフ、チキンキエフ、ポジャルスキーなどの古典的なロシア料理を提供することで長きにわたって高い評価を得ているレストランです。厨房を仕切っているのはシェフのロマン ヴァシリエフ氏。ロシア帝国料理を現代風に取り入れていることで知られています。

    シャンデリアが輝く、骨董品と上等な装飾品に囲まれた空間で、ぱりっとした白いリネンとクリスタルのゴブレットを使って食事をすると、かつてこの何世紀もの歴史を持つ建物で格式の高いパーティーが催され、詩人や芸術家が貴族と交際していた時代にタイムスリップすることができます。

    所在地 : Sadovaya Street, 12, St Petersburg 191186, Russia

    営業時間 : 毎日正午~翌午前 1 時

    電話番号 : +7 812 640-16-16

    地図
    6

    必見スポット : エルミタージュ国立美術館

    世界で 2 番目に大きい美術館

    • 歴史
    • 写真

    廊下で結ばれた 5 棟の建物で構成されたエルミタージュ美術館には、紀元前 7 世紀のスキタイの金から、レオナルド ダ ヴィンチ、モネ、ヴァン ゴッホ、マティス、ピカソなどの巨匠による傑作まで、驚くべき量の芸術品が収められています。1764 年にエカチェリーナ 2 世が冬宮殿の隣の小エルミタージュに自己が所有するアート コレクションを収蔵して以来、今ではコレクションが約 300 万点にまで増えています。

    迷路のように複雑で、見るべきものが非常に多いため、1 日ですべてを見て回ることは不可能です。見どころを押さえたガイド付きツアーが提供されています。また、事前にオンラインで入場チケットを購入しておくと、列に並ばなくてすみます。

    所在地 : 2, Dvortsovaya Ploschad (Palace Square), St Petersburg, Russia

    営業時間 : 火~日 : 午前 10 時半~午後 6 時 (水、金は午後 9 時まで)

    電話番号 : +7 812 710-90-79

    地図
    7

    川と運河のクルーズを楽しむ

    街の穏やかな眺め

    • カップル
    • 家族

    サンクトペテルブルクはネヴァ デルタの 100 以上の島が運河とアーチ型の橋で結ばれた都市で、その壮大さは船で探検するとよくわかります。ネヴァ川に沿って進むと、エルミタージュ国立美術館、ペトロパヴロフスク要塞、聖イサアク大聖堂など、市内で最も美しい建物を見ることができます。

    おすすめは、ネフスキー大通り沿いのいくつかの乗り場から運航している 1 時間のボートツアーです。より長時間のガイド付きクルーズを予約して観光スポットの歴史について詳しく学んだり、街のきらめく光を見ながらロマンチックな夜のディナークルーズを楽しんだりすることもできます。

    8

    ソビエト アーケードゲーム博物館でピンボールをする

    予想どおりの楽しさと奇抜さ

    • 家族

    1970 年代から 80 年代にソ連の子供たちがどのようにして遊んでいたのか興味がある人は、このレトロなアーケード博物館で大いに楽しめることでしょう。進取の気性に富んだロシア人学生が作ったこの博物館は、最初はモスクワに、のちにサンクトペテルブルクのキャンディー工場跡地に開設されました。ソ連時代のアーケードゲームが数十台展示されています。

    「モルスコイ ボイ」海戦マシンから、射撃戦車を使用する「タンコドローム」ゲームまで、多くのゲームは軍事をテーマにしています。約 450 ルーブルの入場料と引き換えに本物のソ連コペック硬貨が配布されます。この硬貨を使用してゲームを遊ぶことができます。

    所在地 : Konyushennaya Square, Building 2, St Petersburg, Russia

    営業時間 : 毎日午前 11 時~午後 8 時

    地図

    写真提供 Museum of Soviet Arcade Machines (CC BY-SA 4.0) 修正済

    9

    マリインスキー劇場でショーを見る

    ロシア最高のバレエとオペラの公演を見る

    • カップル
    • ナイトライフ

    2 世紀以上前に開設されたこの歴史的な劇場は、アンナ パブロワやミハイル バリシュニコフなど世界有数のダンサーたちが出演してきた舞台です。ウエディングケーキのようなファサードと豪華な装飾の内装が美しく、ロシア帝国の壮麗さを体現しています。

    ここを本拠地とするマリインスキー バレエ団は世界的に有名です。ピョートル チャイコフスキーの白鳥の湖、ラ ボエームやオテロのようなオペラなど、どの公演を見ても魅惑的な経験になることでしょう。そばにある巨大なマリインスキー II (2,000 席の 21 世紀らしいスタイリッシュな姉妹劇場) でも多くのショーが上演されています。

    所在地 : 1 Theatre Square, St Petersburg 190000, Russia

    電話番号 : +7 812 748 51 82

    地図
    10

    ダムスカヤ通りでバーを巡って 1 日を締めくくる

    • ナイトライフ

    サンクトペテルブルクのナイトライフシーンは、イメージを重視していると言われます。バーに入店する客は「フェイス コントロール」というチェックを受け、ふさわしい外見でなければ入店できません。それとは対照的に、ダムスカヤ通り一帯では、カジュアルで自由奔放な雰囲気をまとった普段着姿の人たちが集まります。

    バー巡りの最初の店におすすめなのは Bar Fidel です。コンパクトで落ち着いた内装でありながら、いざ人が集まると暑いハバナの夜のように盛り上がります。少しお酒を飲んで気持ちが盛り上がってきたら、カラオケ バー Poison で歌ってみましょう。そのあとは、活気のある Lomonosov Bar に向かい、ストロボライトの中で一晩中踊り明かしましょう。

    所在地 : Dumskaya Ulitsa, St Petersburg 191186, Russia

    地図
    Lana Willocks | コントリビューティングライター

    旅行の計画をスタート !

    新型コロナウイルス (COVID-19) に関する旅行情報

    本ガイドでご紹介しているアトラクションやツアーは、コロナの影響により営業状況が通常と異なる場合があります。ご出発の前に現地の情報を確認してください。

    ページトップに戻る

    Maps