アムステルダムは非常にリベラルで陽気な都市として知られ、同性愛者向けの宿泊施設、バー、イベントも数多くあります。中には大麻が入手しやすい文化や悪名高き飾り窓地区を目当てに訪れる旅行者もいますが、市内ではどんな年齢層も楽しめるユニークな観光オプションが充実しています。

    世界有数の博物館の多さを誇るアムステルダムでは、性からバッグまで幅広いテーマに特化した 40 以上の博物館があります。アムステルダム中心部、特に中央駅とダム広場周辺を散策する際は、自転車が移動手段として最適です。アムステルダムのおすすめアクティビティをチェックして、オランダの首都へ旅行する際に、見どころを余すことなく体験しましょう。

    1

    ダム広場で 1 日をスタート

    この公共広場でストリート パフォーマンスを見る

    • 歴史
    • 写真
    • 格安

    ダム広場は、アムステルダムの王宮の前にある屋外スペースです。この公共広場の歴史は 13 世紀にまで遡り、現在は石畳の小道に沿ってレストラン、バー、パブが立ち並んでいます。マダム タッソー蝋人形館、旧証券取引所、新教会などの観光名所に近接しています。ダム広場の中央部では、特に夏になるとストリート パフォーマンスやコンサートがよく開催されます。スリは無防備な観光客をターゲットにすることが多いため、周囲に注意してください。

    ロケーション: Dam, 1012 JS Amsterdam, Netherlands

    地図
    2

    アムステルダム国立美術館

    マスターピース コレクションで 400 点以上の絵画を鑑賞

    • カップル
    • 歴史
    • 写真

    1800 年に設立されたアムステルダム国立美術館は、100 万点を超える貴重な品を所蔵する美術と歴史に関する国営の博物館です。この美術館は、ミュージアム広場の中、ゴッホ美術館の東約 300 メートルのところにあり、中庭のあるゴシック ルネッサンス様式の建物を利用しています。マスターピース コレクションでは、アムステルダム国立美術館の常設コレクションから 400 点を超える重要な絵画が展示されています。レンブラントの夜警やヨハネス フェルメールの牛乳を注ぐ女、ヤン ファン ホイエンのなどが見どころです。各言語のガイドツアーもあるのでぜひ参加してみてください。

    ロケーション: Museumstraat 1, 1071 XX Amsterdam, Netherlands

    営業時間: 毎日午前 9 時~午後 5 時

    電話番号: +31 20 674 7000

    地図
    3

    必見スポット : アンネ フランクの家

    アンネ フランクの日記の原本を展示

    • 歴史
    • 写真

    アンネ フランクの家は、第二次世界大戦中にドイツ生まれのアンネ フランクが隠れていた家です。この家でアンネは有名な日記を書きました。現在はこの博物館の展示を通してアンネの家族の生活を学ぶことができます。ダム広場の東 800 メートルに位置するこの 17 世紀に建てられた家は、アムステルダムで人気の博物館であり、ホロコーストの犠牲者の生活に関心を持つ人々が訪れています。日記の部屋にはアンネの日記の原本が展示されており、さまざまなポストカードや有名人の写真が飾られています。入館料は、大人約 10 ユーロ、子供 (10 〜 17 歳) は約 5 ユーロです。

    ロケーション: Prinsengracht 263-267, 1016 GV Amsterdam, Netherlands

    営業時間: 9月〜6月:毎日午前9時30分から午後4時30分(Yom Kippurは休業)。 7月〜8月:毎日午前9時から午後7時。

    電話番号: +31 20 556 7105

    地図
    4

    ポッフェルチェを食べる

    小さなパンケーキに粉砂糖とバターをかけて味わう

    • 食事

    ポッフェルチェはミニサイズのパンケーキで、粉砂糖とバターをかけて温めて提供されます。この柔らかくて枕のような形をしたおやつは、半球状の浅い窪みがたくさんついた鉄板にイーストとそば粉の生地を注いで作ります。アムステルダムのほとんどのスーパーマーケットで出来合いのポッフェルチェを購入できますが、市内の市場や広場の露店でよく販売されている作りたてが最高です。一口サイズなので、外出先でも簡単にポッフェルチェを楽しめます。ただし、粉砂糖が服や顔いっぱいについてしまわないように注意してください。

    写真提供 Tijs Zwinkels (CC BY-SA 2.0) 修正済

    5

    運河クルーズに参加する

    運河をボートで巡り、アムステルダムの景色を楽しむ

    • カップル
    • 家族
    • 写真

    アムステルダムの環状運河は 165 本以上の運河で構成されるユニークな景観です。1999 年にユネスコの世界遺産に登録されました。この景観が見られるだけでも、ボートで市街を巡る価値があります。そのうえ、ディナークルーズを楽しんだり、アムステルダム国立美術館のアートツアーに参加したりすることもできます。ほとんどのツアーはアムステルダムの中心部から出発します。夜のボートに乗ると、運河から電球で美しく照らされた家や橋の景色を楽しめます。

    写真提供 spaceman117 (CC BY 3.0) 修正済

    6

    フォンデル公園で休憩

    夏はダンスと音楽コンサートを鑑賞

    • カップル
    • 家族
    • 格安

    フォンデル公園は、ニューヨークのセントラルパークに似たアムステルダムの公園です。120 エーカーの緑地に、花でいっぱいの芝生、池、遊び場、小道があります。家族連れが、公園にある 6 つの遊び場で遊んだり、スケートボードや自転車を借りたり、大きな池を眺めながらピクニックを楽しんだりしています。夏の季節は格別で、公園の中央にある野外劇場ではいつまでもお祭りの雰囲気が続きます。

    ロケーション: アムステルダム、オランダ

    地図
    7

    コーヒーショップを訪れる

    大麻入りブラウニーでハイになる

    • 食事
    • ユニーク

    アムステルダムは自由な大麻文化の代名詞です。大麻販売の認可を受けた何百ものコーヒーショップでは、大麻入りのブラウニーが販売されています。ここでしか買えない商品を好きなだけ楽しみたいとやってくる人も多くいます。アムステルダム中心部にある有名な販売店は DampkringCoffeeshop SmokeyThe Bulldog The First などで、古くから大麻が販売されています。

    写真提供 Dominic Milton Trott (CC BY 2.0) 修正済

    8

    ナイン ストラーチェスのショップ

    アムステルダムのショッピング地区にあるビンテージショップをチェック

    • ショッピング

    ナイン ストラーチェスはセントラム地区内の 9 つの小さな通りから成る流行最先端のエリアです。おすすめは、自転車や徒歩で散策することです。軒を連ねる個人経営のブティック、ビンテージショップ、ジュエリーショップ、職人の店に途中で立ち寄ることができます。写真が好きなら、カイザーグラハト通りに行って、アムステルダム初の写真博物館であるハイス マルセイユ写真美術館をチェックしてみてはいかがでしょうか。

    ロケーション: Wolvenstraat 9, 1016 EM Amsterdam, Netherlands

    地図

    写真提供 Rodrigo Pereira da S… (CC BY-SA 3.0) 修正済

    9

    フードハーレンで軽食

    グルメマーケットで各国の料理に挑戦

    • 家族
    • ショッピング
    • 食事

    フードハーレンは、アムステルダムのアウト ウェスト地区にある、世界中の本格的な料理を楽しめる屋内フードホールです。17 世紀に建てられたトラムの車庫を改装した文化複合施設、デ ハーレンには 30 以上の屋台があります。Viet View の生春巻き、De Ballenbar のビターバレン (オランダのミートボール)、Petit Gâteau のパリのお菓子などをぜひ試してみてください。

    ロケーション: Bellamyplein 51, 1053 AT Amsterdam, Netherlands

    営業時間: 月~木、日 : 午前 11 時~午後 11 時半、金~土 : 午前 11 時~午前 1 時

    地図

    写真提供 Franklin Heijnen (CC BY-SA 2.0) 修正済

    10

    1 日の終わりを飾り窓地区で過ごす

    アウデーケルクス広場で女性の胸のブロンズレリーフを探す

    • ナイトライフ
    • ユニーク

    飾り窓地区はアムステルダムの悪名高い歓楽街であり、市内で最も古い地区の 1 つです。その中には多くの歴史があり、今では風俗地区、宗教地区、住宅地区、商業地区が分けられています。ショックを受けやすい人でなければ、探索するのが非常に楽しい魅力的な場所です。エロティック ミュージアムや、アダルトグッズをディスプレイに陳列したさまざまなショップを発見できます。どこもそこまで際どくありません。ただし地区内では、特に赤色の窓の近くでは、カメラでの撮影はたいてい歓迎されないので注意してください。アウデーケルクス広場の石畳の舗装の上には、女性の胸を触っている手のブロンズレリーフなど、セックスワーカーを表現したユニークな彫刻があります。

    ロケーション: 飾り窓地区、アムステルダム、オランダ

    地図

    写真提供 Ben Bender (CC BY-SA 3.0) 修正済

    Penny Wong | 旅のプロ

    旅行の計画をスタート !

    Maps