日本を代表する東京、大阪、京都などの都会や観光地。どこも賑やかで見どころが多く、楽しい旅先です。でも人が少し多すぎて疲れを感じたら、地方のもう少し小さな街や自然溢れる場所を訪れてみませんか。日本には個性的で魅力的な場所がたくさんあります。そんな街を訪れて、ゆっくりと楽しんでみましょう。城下町、港町、古都、温泉地といった街や、自然豊かな地方、そして離島を訪れて、大都市とは違う雰囲気を一人旅でゆっくりと楽しんでみましょう。

    1

    伊豆

    東京からのアクセスもよい温暖な半島

    東京から新幹線や在来線を利用して1~2時間。太平洋に向かって突き出した温暖な気候の半島で、富士山を眺められる場所も多数あります。伊東や修善寺などの歴史ある温泉地も多く、都会で疲れた身体を休める場所としてもぴったりです。海と山が近いため、両方を楽しめるのが利点。海沿いでは新鮮な魚介類が味わえるほか、海水浴が楽しめるビーチもあちこちにあります。山では柑橘類の栽培が盛んで、渓流を生かした涼しげなワサビ田も有名です。太平洋や富士山を眺められるハイキングを楽しむのもよいでしょう。

    地図
    2

    琵琶湖

    歴史ある日本最大の湖を満喫する

    日本最大の湖であるだけでなく、100万年以上前から存在する世界でも有数の古代湖の1つと言われています。湖の周辺には神社仏閣や城郭などの史跡も多く、近江八景に代表されるように古くから景勝の地とされてきました。湖岸の大津、近江八幡、彦根、長浜などの街を歩けば歴史や風情が感じられます。湖岸にたたずむ彦根城は国宝に指定されています。随所にサイクリングコースが整備されているので、自転車で巡るのもよいでしょう。広大な琵琶湖の中には竹生島や沖島といった島もあり、船で渡ってみるのも趣があります。

    地図
    3

    函館

    異国情緒と北国の味覚を楽しめる街

    1859年に外国に向けて開港され、日本の北の玄関口となった港町。標高334mの函館山から見下ろす夜景は日本三大夜景の一つと言われています。港に向かって下っていく風情ある坂道沿いにはクラシックな洋館や美しい教会があり、和洋折衷の雰囲気が楽しめます。港に並ぶ煉瓦造りの古い倉庫群は今は観光施設として賑わっています。五稜郭は日本初の西洋式の要塞。隣接するタワーから美しい星形の全貌を眺めることができます。函館は新鮮な魚介類が集まる朝市でも有名。街歩きのためのエネルギーを海鮮丼でチャージしましょう。

    地図
    4

    直島

    瀬戸内海に浮かぶアートの島を巡る

    瀬戸内海に浮かぶ人口3,000人ほどの直島。古い歴史を持つ島で、寺社や伝統ある祭りも受け継がれていますが、現在ではアートの島として知られるようになりました。美しい景観を損なわないよう建物の大半が地下に埋設されている地中美術館などの独創的な美術館、空き家などを改装した「家プロジェクト」など、さまざまなアート活動が活発に行われています。またアートだけでなく、海釣りや海水浴場など、島ならではの楽しみもあり、大正時代からの歴史のある金属精錬工場の施設を見学することもできます。

    地図
    5

    湯沢

    雪と温泉、米と日本酒の町

    東京から新幹線で1時間と少々。冬は豪雪地帯のスキーエリアとして有名で、スキー場がいくつもあります。夏季もロープウェイは営業しているので、山上からのパノラマを眺め、トレッキングなどを楽しむのもよいでしょう。湯沢という名のとおり温泉に恵まれており、温泉旅館が何軒もあります。また米どころとして有名な湯沢はおいしい日本酒が味わえることでも有名。日本酒の博物館「ぽんしゅ館」では、新潟全県で生産されている日本酒を試飲し、買うことができるほか、日本酒を入れた浴場もあります。

    地図
    6

    松山

    温泉、文学、グルメと魅力豊かな城下町

    四国の北西部、瀬戸内海に面した城下町。日本三古湯の一つとされる道後温泉があることでも有名です。市の中心部にある松山城は標高132メートルの勝山山にあり、城からは市内を一望できます。また夕暮れには海に沈む夕日を、夜には市街地の夜景も楽しめます。海と山に囲まれ、気候も温暖な松山は食材の宝庫。瀬戸内海で水揚げされた新鮮な魚の美味しさには定評があります。そして山の幸は何と言っても柑橘類。「みかん王国」と呼ばれるほど栽培が盛んです。また俳句を始めとする近代文学の街としても知られています。

    地図
    7

    長崎

    異国情緒に溢れた港町をそぞろ歩く

    異国情緒に溢れた街、長崎。その天然の良港は、かつて日本唯一の外国貿易港として発展しました。現在も西洋、中国、日本が折衷した雰囲気が随所に残っており、街を歩けばその歴史を感じ取ることができます。キリスト教布教の歴史も長く、キリスト教に関する遺産は世界文化遺産に登録されています。そして港町を取り囲む山の上から眺める夜景の美しさは有名です。しかし第二次大戦中には史上2発目の原爆が投下されるという悲劇に見舞われました。長崎原爆資料館では平和の尊さを実感できます。

    地図
    8

    石垣

    八重山のエメラルドブルーの海を満喫

    沖縄本島の那覇から南東へ約400km、エメラルドブルーの海と世界屈指のサンゴ礁に囲まれた亜熱帯の島です。有名な川平湾を始めとするビーチはどこも息を呑むほど美しく、海に沈む夕日の眺めは絶景。広大なマングローブ林が広がる海岸もあります。また山側ではヤシなどの亜熱帯の木々が茂る森や、鍾乳洞などの探検にも興味が引かれます。石垣島ではミンサー織りやガラス細工などの工芸も盛ん。体験できる工房もあります。石垣島は八重山諸島の中心地。石垣港からは他の島々への連絡船が多数発着しています。

    地図
    9

    松本

    美しい山々に囲まれた爽やかな城下町

    東京から特急電車で約3時間。山々に囲まれた爽やかな雰囲気を持つ街です。国宝に指定された松本城を中心として開けた城下町で、市内の通りには昔の風情が残る場所が随所にあります。浮世絵や現代美術などの美術館も充実していることでも有名です。また周辺の山々を水源とする名水の地としても名高く、日本酒の醸造のほか、郊外のブドウ園で栽培されたブドウからワインも造られています。郊外には千年以上もの古い歴史を持つ浅間温泉もあり、市内からバスで出かけて温泉街の風情を楽しむのもよいでしょう。

    地図
    10

    奈良

    神社仏閣を巡りながら古代の日本へ思いを馳せる

    1300年前に日本の首都として栄華を誇った古都、奈良。訪れてみたい神社仏閣は、東大寺のような壮大なものから、郊外に静かにたたずむ寺院まで、枚挙にいとまがありません。仏像などの彫刻にも国宝や重要文化財がいくつもあり、まさに日本の歴史の宝庫と言えます。静かな田園や池の向こうに寺院の塔が見えるのも奈良の魅力。また市の中心部にある奈良公園やその周辺の街中まで、鹿が自由に闊歩しているのは、初めて奈良を訪れる人には驚きの風景でしょう。これは鹿が春日大社の神の使いであり、昔から大切にされているためです。

    地図

    旅行の計画をスタート !

    Maps