平安京の頃に中国の都、長安などにならって東西南北に碁盤の目のように道が造られた京都。通り名を覚えるためのわらべ唄まで存在します。昔そのままに残っているわけではありませんが、現在も通り名から方向や位置を確認しやすく、街歩きを面白く感じることでしょう。

    有名な寺社を訪れた際は、マップを片手に通り名に注目して、周辺を散策してみるのもおすすめです。参道として発展した通りには今もショップやレストランが多く並びます。

    1

    白川通

    アート系の学校が多い環境に個性あふれる店が集まる

    白川通は京都芸術大学から法然院方面に抜ける路地。常連客に愛される独創的なアンティーク ショップやカフェ、おしゃれなレストラン、居酒屋が並び、ぶらりと散策するのにちょうどいい規模と雰囲気が魅力です。

    アニメ『けいおん!』の舞台としてよく登場していることから、ファンが聖地巡りに訪れます。一乗寺駅付近はラーメン激戦区として知られ、ケヤキやイチョウの並木も有名です。

    所在地 : 日本 - 京都府京都市左京区北白川

    地図
    2

    三年坂

    文化的価値が高く評価される美しい古都の街並み

    三年坂は京都観光で多くの人が訪れる東山エリアにあり、清水寺に続く石段、石畳の通りはかつての参道でもあります。伝統的な京町家の風情ある景観はフォトジェニックで、京都らしい撮影スポットの宝庫です。

    思わず立ち寄りたくなる魅力的なショップやレストラン、美術館が建ち並び、散策にもぴったり。食事やお土産探しに忙しくしているうちに時間を忘れてしまいそうです。

    所在地 : 日本 - 京都府京都市東山区清水 2 丁目

    地図
    3

    二年坂

    伝統家屋に京都人の営みが感じられる

    二年坂は三年坂の下に続く小径。画家、竹久夢二が大正初期に数か月を過ごした寓居の跡が残ります。世界遺産の寺社に囲まれた京都有数の観光地だけに、修学旅行生や外国人などで常ににぎわいます。石畳を挟んで両側に京都らしい建物が並ぶ風景は情緒たっぷりで、夜の美しさもまた格別です。

    店舗もさまざまそろい、京雑貨、和小物、和菓子、乾物、漬物などがお土産に人気。食事処、カフェも豊富です。伝統家屋を利用したスターバックス コーヒー京都二寧坂ヤサカ茶屋店は、新名所となっています。

    所在地 : 日本 - 京都府京都市東山区桝屋町清水 2 丁目

    地図
    4

    四条通

    平安の昔も現在も京都を代表する目抜き通り

    四条通は京都一の繁華街で、鉄道、地下鉄、バスの多くの路線が集中します。河原町の交差点を中心に、烏丸 (からすま) から鴨川までの間に主要な百貨店やファッションビル、ホテルを始め、あらゆる店舗、企業ビルが並び、各アーケード街にも通じています。

    平安京の四条大路から続く伝統は、京都商人の歴史そのもの。数多の戦火を乗り越え、今も昔も京文化を世界に発信しています。桜の名所としても知られ、春の通りはピンク色に染まります。

    所在地 : 日本 - 京都府京都市

    地図
    5

    先斗町

    路地裏探検が楽しい夜の街

    先斗町 (ぽんとちょう) は四条通の路地裏に広がる赤ちょうちんが連なったナイトスポット。祇園と並ぶ花街の 1 つで、現在も舞子さんと芸子さんによる「鴨川をどり」の舞台が伝統をつないでいます。鴨川沿いの石畳へ抜ければ、そこはまるで別世界。風情あふれる京町家が趣を添えています。

    居酒屋やバーがメインですが、気軽に入りやすいカフェ、甘味処などもあり、若者も多く訪れます。夏は鴨川沿いの飲食店が納涼床と呼ばれる屋外席を設置し、にぎやかに。桜の木がある先斗町公園は、ちょっとした休憩やピクニックに最適です。

    所在地 : 日本 - 京都府京都市中京区先斗町通

    地図
    6

    寺町通

    京都人の暮らしを支えるアーケード商店街

    寺町通はかつて平安京で東京極大路と呼ばれていましたが、寺院の集まる町として存在感を増し始めたのは、多くの寺院をこの地に移転させた豊臣秀吉の世です。秀吉が再建した本能寺もあり、織田信長の供養塔が残されています。

    江戸時代になると商人や職人も増え、現在の商店街としての発展へとつながりました。三条通から四条通までの間は寺町京極商店街と呼ばれ、さまざまなジャンルの店舗が並びます。寺町京極と大書きされた巨大ちょうちんも名物となっています。

    所在地 : 日本 - 京都府京都市中京区永楽町

    地図

    写真提供 Mx. Granger (CC0 1.0) 修正済

    7

    石塀小路

    祇園の奥に隠れた古都の景色あり

    石塀小路 (いしべこうじ) は八坂神社そば、下河原通から入れる小さな通り。石畳の両脇に京町家が並び、京都らしい風情を醸し出しています。祇園に近く、芸者が多く住んでいた町が、明治、大正期にお茶屋街となりました。

    レストランなどが増え、観光客が訪れる現在も料亭や旅館に向かう舞子さんと芸子さんの姿を目にします。夜になると外灯の明かりが点々と続く幻想的な風景が広がり、一帯に大人のムードが漂います。

    所在地 : 日本 - 京都府京都市東山区下河原町

    地図
    8

    新橋通

    レトロな景観が残る祇園の芸者ストリート

    新橋通は祇園にある石畳と京町家が続く情緒たっぷりの小径。古都、京都にも商業化の波は押し寄せ、昔の面影をたたえる通りは少なくなっています。しかし、新橋通には今も 50 余りの伝統家屋が残り、重要伝統的建造物群保存地区にも選ばれました。

    お茶屋や料亭はもちろん、レストランなど飲食店も看板やのれんは控えめで、景観に溶け込んでいます。辰巳大明神近くの巽橋 (たつみばし) は、ドラマや映画の京都ロケ撮影スポットとして有名です。

    所在地 : 日本 - 京都府京都市東山区元吉町

    地図
    9

    八坂通

    五重塔のある風景は京都の顔

    八坂通は八坂の塔を望む参道で、おなじみの五重塔が京都らしい眺めを生み出しています。石畳と京町家にも情緒が感じられることでしょう。近くの二年坂、三年坂と同様にお土産や雑貨を売る店が多く、ショッピングも満喫できます。

    八坂の塔は拝観も可能なので、ぜひ訪れてみましょう。現在の建物は室町時代に再建されたもので、応仁の乱では戦火に、江戸時代には遊郭に囲まれていました。すっかり東山のシンボルとなった今、にぎわう八坂通を静かに見つめています。

    所在地 : 日本 - 京都府京都市東山区

    地図
    10

    夷川通

    明治初期から続く家具の街

    夷川通 (えびすがわどおり) の烏丸から寺町まで京都御苑目の前のエリアは、住宅関連の企業や店舗が集まる専門店街となっています。その歴史は明治初期までさかのぼり、戦後に大きく発展しました。地元密着のイベントやワークショップは、地域住民に喜ばれています。

    家具、古美術、インテリア雑貨の店のほか、最近はおしゃれなスイーツ店、レストランなどもオープンし、注目度は満点。新たな観光スポットとして、ますます目が離せません。

    所在地 : 日本 - 京都府京都市中京区

    地図

    旅行の計画をスタート !

    ページトップに戻る

    Maps