国内外から多くの観光客を引きつけている沖縄。観光にショッピングは付きものです。

    沖縄でショッピングと言えば、第一に名が上がるのは昔も今も国際通り。それに加えて、最近では返還された米軍基地跡などに、大規模なショッピングモールやアウトレットが登場。国内で唯一、海外旅行をしなくても免税品が買える施設など、沖縄ならではのショッピングも楽しめます。一方で、昔ながらの公設市場やレトロな商店街を見て歩くのも楽しい時間の過ごし方。自分や家族、友達への沖縄土産をあれこれと吟味しましょう。

    1

    那覇国際通り商店街

    沖縄の県庁所在地、那覇の目抜き通りで買い物を楽しむ

    かつてアーニーパイル国際劇場という映画館があったことからその名が付いた那覇国際通り商店街。那覇のメインストリートです。

    北側の安里三叉路から南側の県庁前交差点まで約 1.6 km にわたって続くにぎやかな通り。戦後の焼け野原から急速な発展を遂げたことから、奇跡の 1 マイルとも呼ばれている場所です。現在は土産物店、飲食店、雑貨店などが建ち並び、沖縄土産や名物はほぼ手に入るほど。毎週日曜日の午後には歩行者天国が開かれ、エイサー、ミニライブ、ダンスなどのイベントも開かれます。

    所在地 : 〒900-0013 日本 - 沖縄県那覇市牧志 3 丁目 2-10

    営業時間 : 店舗による

    電話番号 : (+81) 98-863-2755

    地図

    写真提供 663highland (CC BY-SA 3.0) 修正済

    2

    第一牧志公設市場

    沖縄の台所と呼ばれるにぎやかな市場で沖縄の食を体感

    那覇の国際通りの近くにある第一牧志公設市場。沖縄の台所として 60 年以上の歴史を持ち、沖縄の「食」を目にすることができる代表的な観光スポットになっています。

    1 階には沖縄独特の色鮮やかで新鮮な魚介類、肉類、野菜、果物、かまぼこや島豆腐などの加工品、調味料など、様々な食材を扱う店がひしめいています。2 階には食堂街があり、美味しい沖縄料理を味わえるだけでなく、1 階の店舗で買った食材を 2 階の食堂で調理してもらえるというユニークな仕組みも人気があります。

    所在地 : 〒900-0014 日本 - 沖縄県那覇市松尾 2 丁目 7-10

    営業時間 : 8am - 9pm (店舗による)

    電話番号 : (+81) 98-867-6560

    地図

    写真提供 Hajime NAKANO (CC BY 2.0) 修正済

    3

    アメリカンビレッジ

    広大なリゾートタウンでショッピング三昧

    アメリカンビレッジは沖縄本島中部の北谷町にある大規模なシーサイド リゾートタウン。那覇空港から車で約 40 分ほどです。

    米軍の基地跡に作られたことから、アメリカンビレッジの名が付けられました。東京ドーム約 5 個分の広大な敷地にアメリカンな雰囲気の 13 の商業施設があり、大きな観覧車が目印。映画館、ホテル、そして海遊びもできるサンセットビーチもあり、夜景もきれいなことで有名。夜に観覧車に乗れば、地上 60 m の高さから美しい光の地上絵を眺めることができます。

    所在地 : 〒904-0115 日本 - 沖縄県中頭郡北谷町美浜 9-1

    営業時間 : 10am - 10pm

    電話番号 : (+81) 98-926-4455

    地図
    4

    沖縄アウトレットモールあしびなー

    那覇空港に近い便利なアウトレットモール

    那覇空港から南へ車で 15 分のところにある沖縄アウトレットモールあしびなー。100 店を超える店舗があり、各種ブランドのアウトレットが充実しています。

    「あしびなー」とは、沖縄の方言で「遊ぶ庭」という意味。様々な人々や文化が集まる、楽しい遊び場となるように付けられた名前で、イベントなどのエンターテイメントも充実しています。旅行者にも便利な場所にあるので、旅の最後のお土産調達はもちろん、旅の最初に立ち寄って、沖縄旅行中に着る服や水着を選ぶのも楽しいでしょう。

    所在地 : 〒901-0225 日本 - 沖縄県豊見城市豊崎 1ー188

    営業時間 : 10am - 8pm (飲食店は店舗により異なる)

    電話番号 : (+81) 98-891-6000

    地図

    写真提供 663highland (CC BY-SA 3.0) 修正済

    5

    那覇新都心

    米軍の住宅跡地が再開発された那覇市中心部にある新しいショッピングエリア

    那覇新都心とは、那覇市北部にある再開発地区。ゆいレールのおもろまち駅に隣接しています。

    米軍に接収されていた牧港住宅地区が 1987 年 5 月に全面返還され、那覇の新都心として再開発されました。新都心公園を中心に、行政機関やオフィスビル、沖縄県立博物館、美術館のほか、大規模なショッピングモールやシネマコンプレックス、観光客向けの免税店、ホテルなどの施設が次々とオープン。サンエー那覇メインプレイスは地元の人がよく利用するショッピングモールですが、沖縄土産を買うのにも便利です。

    所在地 : 〒900-0006 日本 - 沖縄県那覇市おもろまち

    営業時間 : 施設、店舗による

    地図

    写真提供 663highland (CC BY-SA 3.0) 修正済

    6

    イオンモール沖縄ライカム

    沖縄県下最大級のショッピングモール

    イオンモール沖縄ライカムは、米軍基地のゴルフ場の跡地にオープンした沖縄最大級のショッピングモール。那覇空港から車で 40 分ほどのところにあります。

    ライカム (RYCOM) とは、かつての琉球米軍司令部の略称。1 階のライカムグランドスクエアにあるのが容量 100 トンを超える大水槽のライカムアクアリウム。カラフルな熱帯魚を背景に写真が撮れるスポットです。店舗数はファッション、ホビー、レストラン、カフェ、シネマコンプレックスなど 200 以上。ゆっくり買い物を楽しめます。

    所在地 : 〒901-2306 日本 - 沖縄県中頭郡北中城村ライカム 1 番地

    営業時間 : 10am - 10 pm (レストランなどは店舗による)

    電話番号 : (+81) 98-9300425

    地図

    写真提供 Kugel~commonswiki (CC BY-SA 4.0) 修正済

    7

    瀬長島ウミカジテラス

    海と空港を望むハイセンスなショッピング施設

    那覇空港のすぐ南側、沖縄本島とは海中道路で結ばれた瀬長島にある瀬長島ウミカジテラス。島の西海岸の傾斜地に真っ白なテラスが美しく建ち並ぶ商業施設です。

    沖縄ならではの食材を使うレストランや、ここでしか手に入らない商品を扱うショップなど、こだわりの店が 40 店以上。目の前には青い海だけでなく那覇空港の滑走路があり、迫力ある飛行機の姿が見られる場所としても人気。地元の人たちには、草野球や潮干狩り、釣りを楽しむ場所としても親しまれており、島内には温泉施設を併設したホテルもあります。

    所在地 : 〒901-0233 日本 - 沖縄県豊見城市瀬長174-6

    営業時間 : 10am - 9pm (店舗により異なる)

    電話番号 : (+81) 98-851-7446

    地図

    写真提供 Kugel~commonswiki (CC BY-SA 4.0) 修正済

    8

    T ギャラリア 沖縄 by DFS

    沖縄県限定の新しい免税店制度を利用した日本国内唯一の免税店でショッピング

    ゆいレールおもろまち駅と直結している T ギャラリア 沖縄 by DFS。高級ブランド品を日本国内で免税で買うことができる日本唯一、沖縄特例の店舗です。

    100 以上のブランドが集まっていますが、免税対象ではない店舗もいくつかあるので注意してください。T ギャラリアを利用するには、沖縄を出発する飛行機のチケットを提示する必要がありますので、必ず持っていくようにしましょう。購入した商品は、那覇空港内にある DFS 商品受け取り専用カウンターで受け取ります。

    所在地 : 〒900-0006 日本 - 沖縄県那覇市おもろまち 4 丁目 1

    営業時間 : 9am - 9pm

    電話番号 : (+81) 120-78-2460

    地図

    写真提供 Taisyo (CC BY-SA 3.0) 修正済

    9

    壺屋やちむん通り

    約 50 軒の窯元やカフェが並び、古い面影も残す通りでお気に入りの焼物を探す

    「やちむん」とは沖縄の方言で焼物のこと。その工房やギャラリーがずらりと並ぶのが壺屋やちむん通りです。

    発祥は 1682 年に当時の琉球王府が各地の窯場を那覇の壺屋に集めたこと。ぽってりとした肉厚の形状と力強い絵柄が特徴です。日用使いの陶器のほか、沖縄の家を守るシーサーや、遺骨を入れる容器まで、種類は実に様々。400 m ほどの通りには琉球石灰岩が敷き詰められています。国際通りからも近いので、昔ながらの面影を残す通りを散歩しながら、お土産用や自分用のやちむんを探しましょう。

    所在地 : 〒902-0065 日本 - 沖縄県那覇市壺屋1丁目16

    営業時間 : 店舗による

    地図

    写真提供 SHANGCHIEH (CC BY-SA 2.0) 修正済

    10

    平和通り

    沖縄の雰囲気とにぎわいを味わえるローカル色豊かな商店街

    平和通りは那覇の国際通りから分岐しているどこかレトロでローカルな雰囲気のアーケード街。お土産屋や衣料品店などがずらりと並び、地元の人や観光客でにぎわっています。

    戦後に露店が立ち並んでいた道路が平和通りの始まりと言われ、平和を望む思いから昭和 26 年に平和通り商店街と名づけられました。商店街が迷路のようにつながっているので、夢中になって買い物をしていると迷子になってしまうほど。泡盛や沖縄のお菓子など、この通りへ行けばほとんどの沖縄のお土産が手に入ります。

    所在地 : 〒900-0013 日本 - 沖縄県那覇市牧志 3 丁目

    電話番号 : (+81) 98-863-1621

    地図

    写真提供 663highland (CC BY-SA 3.0) 修正済

    旅行の計画をスタート !

    ページトップに戻る

    Maps