江戸時代、商業の中心地として大いに栄えた大阪。その豊かな財力を背景に、大阪では美食の伝統が花開きました。格式を感じさせる料亭や割烹で、和食の奥行きを味わうのも乙なもの。ふぐ料理やうどんすきを堪能するのもいいですね。とはいえ、B 級グルメのバラエティにかけては、他の都市の追随を許さないのが大阪です。たこ焼きやお好み焼きに代表される「こなもん」を筆頭に、立ち食いで楽しく串カツ、そぞろ歩きながらいただく豚まんなど、目移りしそうな美食をご紹介します。

    1

    たこ焼き

    • 格安
    • 1 人旅
    • グループ

    大阪のソウルフードの一角を占めるたこ焼きは、誰もが大好きなストリート スナック。大阪の街を観光するなら、きっと一度は味わうことでしょう。だし汁で溶いた小麦粉をたこ焼き専用の鉄板に流し込み、刻んだタコや紅しょうが、ネギなどを入れて丸く焼き上げたものにソースと青のり、かつお節をトッピングしたスタイルが定番ですが、マヨネーズをトッピングしたり、チーズフォンデュ風に食べるスタイル、だし汁につけていただくスタイルなど、お店によってアレンジはさまざまです。たこ焼きの元祖とも言われる、小麦粉にすじ肉やこんにゃくなどを入れた「ラジオ焼き」の流れを引くものは、素焼きでそのままいただきます。

    2

    お好み焼き

    • 格安
    • 1 人旅
    • グループ

    大阪のローカルフードを代表するメニューがお好み焼きです。小麦粉にすりおろした山芋、だし汁、卵、刻んだキャベツなどをあらかじめ混ぜ、ふんわりとした味わいに仕上げるのが大阪流のお好み焼きの基本的なスタイルですが、店舗によってさまざまにアレンジされており、好みの味を求めて食べ歩くのも楽しみです。小麦粉を使わず山芋と卵だけでつくるスタイルや、ふんだんにねぎを加えたねぎ焼き、つなぎをほとんど使わず爽やかなキャベツの味わいを楽しむアレンジ、贅沢に魚介類や肉を入れたお好み焼きなど、「くいだおれ」の都大阪には、目移りしてしまうほどたくさんの種類のお好み焼きがあります。自分で焼き上げる「セルフ焼き」のお店もあれば、あらかじめ焼き上げて提供されるスタイルもあります。

    3

    串カツ

    • 格安
    • 1 人旅
    • グループ

    串カツは、気軽に楽しめる下町グルメのひとつ。昭和の初期に新世界にある「だるま」の女将が、忙しい労働者がすぐ食べられるよう一口サイズの牛肉や野菜、魚介類などを串に刺し、揚げ立てで供した料理が始まりだとされます。そのため、立ち食いの店が多いのが特徴で、ソースを共有するため二度漬け禁止のルールがあるなど、独特の発展を見せました。胃もたれ防止のためキャベツを付け合せに提供されることが多く、もしソースが足りなくなったなら、キャベツでソースをすくって追加するスタイルが大阪流です。肉と野菜を交互に串に刺す関東の串カツとは違い、大阪の串カツは単品のネタを揚げるのが一般的。

    4

    うどん

    • 格安
    • 1 人旅
    • グループ

    江戸時代「天下の台所」として日本中から食材が集まってきた大阪では、昆布や鰹を重層的に使った「だし」の食文化が発展しました。大阪のうどんは、シンプルながらも奥深いだしの旨味を堪能することができる一品です。ぜひ、薄口しょうゆを使った黄金色のだしを味わってみたいもの。コシの強いさぬきうどんに比べ、大阪のうどんは柔らかくもちもちとした歯ざわりが特徴。甘く煮含めた油揚げが優しい味わいの「きつねうどん」や、牛のホルモンをラードで素揚げした「かすうどん」、だしの効いた「カレーうどん」など、地元で愛されている庶民の味覚を楽しんでください。

    5

    豚まん

    • 格安
    • 1 人旅
    • グループ

    豚まんは、お好み焼きやたこ焼きに並ぶ、大阪のソウルフードともいえる存在です。伝統的に牛肉が好まれる関西では、「肉」といえば牛肉を意味します。このため、豚肉を使った中華まんは牛肉を使っていないことを示すよう、あえて「豚まん」と名付けられました。玉ねぎをたっぷり使った甘みのある豚肉をあんに使い、ひとつひとつ丁寧に手作業で包み、せいろで蒸し上げたずっしりとした豚まんは、みんなが大好きな庶民の味。街角で買って食べ歩くのもよし、手土産にまとめて買うもよし。辛子やウスターソースを添えるのが地元で人気の食べ方です。

    写真提供 bryansjs (CC BY-SA 2.0) 修正済

    6

    どて焼き

    • 格安
    • 1 人旅
    • グループ

    下茹でして余分な脂とアクを抜いた牛すじ肉を串に刺し、味噌やみりんでじっくり煮込んだどて焼きは、串カツと並ぶ新世界の B 級グルメの代表です。鍋の周りに味噌を土手のように盛り付け、味噌を溶かしながら煮詰めていったことから、「どて焼き (土手焼き)」と呼ばれるようになったと言われます。とろけるまで柔らかくなった優しい味わいのすじ肉に、七味唐辛子やねぎなどの薬味を効かせていただくのが一般的。ついついビールや酎ハイが進んでしまいそうです。東海地方のどて煮が八丁味噌を使うのに対し、大阪のどて焼きは白味噌をベースとした優しい味わいが特徴です。

    写真提供 ayustety (CC BY-SA 2.0) 修正済

    7

    きんつば

    • 歴史

    「きんつば」は、刀の鍔 (つば) をかたどってつくられた和菓子です。もともと江戸時代に関西で考案されたもので、つぶしたあんを米の粉で包んで焼き上げ、その白っぽい色合いから「ぎんつば (銀鍔)」と呼ばれていたと言われます。このお菓子が江戸に伝わった際、銀より金のほうが縁起がいいということから、小麦粉の生地を使い焦げ目をつけて焼き上げるようになったと伝えられます。お土産にぴったりのきんつばは、駅の売店で買うこともできますが、できれば職人がひとつひとつ焼き上げている地元で人気のお店で焼きたてを味わってみたいものです。できたてはもちもちとした皮が柔らかく、あとを引くおいしさ。デパートによっては実演販売をしていることもあります。

    写真提供 katorisi (CC BY 3.0) 修正済

    8

    うどんすき

    • 高級ホテル
    • グループ

    昭和初期に大阪の料亭が考案し、そのおいしさが評判を呼び、家庭料理としても人気を呼んだ郷土料理がうどんすき。牛肉を醤油や砂糖で煮込んだ「すき焼き」と名称が似ていますが、まったく違うものです。丁寧にだしを取った透き通ったつゆに、うどんとともにさまざまな具材を煮込んだ寄せ鍋風の料理です。専門店でいただくうどんすきは、エビや魚介類、鶏肉、季節の野菜など吟味した食材をふんだんに用いた高級鍋料理です。家庭では、家族みんなで土鍋を囲む冬の人気のメニューのひとつ。

    写真提供 ayako (CC BY 2.0) 修正済

    9

    てっちり&ふぐ刺し

    • 格安
    • 高級ホテル
    • グループ

    大阪で大人気の冬の味覚がふぐ。下関や香川などふぐの産地に近いことから、大阪では古くからふぐ料理が愛されてきました。ふぐの隠語が「鉄砲」であることから、ふぐ鍋が「てっちり (鉄砲のちり鍋)」、ふぐ刺しが「てっさ (鉄砲の刺し身)」と呼ばれ親しまれてきました。実は日本のふぐ生産量の 6 割が大阪で消費されているほど、大阪ではふぐ料理が広まっています。高級鍋料理の代表ともいえるてっちりですが、大阪では庶民も楽しめる手頃な価格帯も多いのが特徴。てっちり・てっさだけでなく、香ばしいひれ酒や、ふぐの唐揚げ、ふぐ雑炊など、専門店ならではの味を堪能してみたいもの。

    写真提供 Raita Futo (CC BY 2.0) 修正済

    10

    箱寿司

    • 歴史
    • 高級ホテル

    新鮮なネタを握りたてでいただく江戸前寿司とは対称的に、大阪の箱寿司は基本的に保存のための料理です。酢締めした魚介類などのネタを、すし飯とともに木枠に詰めて押してつくる箱寿司は、別名を大阪寿司とも呼ばれます。見た目の美しさと、時間をかけて仕込む手間から、お祝いの席や観劇の際などに好まれました。あらかじめ酢飯やネタに味がついているため、醤油などをつけずにそのまま切って食べるスタイルが一般的です。マグロの味が寿司屋の格を決める江戸前寿司とは異なり、大阪の箱寿司は瀬戸内海の白身の魚が多く使われており、繊細な味わいが楽しめます。

    旅行の計画をスタート !

    Hotels.com で予約するメリット

    Maps