名古屋のグルメはこの地で独自の進化を遂げ、今も発展し続けています。赤味噌文化をベースとした味噌煮込みうどん、味噌かつ、どて煮をはじめ、きしめんや手羽先、ひつまぶしまで、「名古屋めし」と総称される地元の料理を、本場名古屋の飲食店でぜひ味わってみましょう。あんかけスパゲティや小倉スパゲティなど「奇食」と呼ばれるメニューも、いい話のタネになるはず。名古屋人の舌に合わせて開発された台湾ラーメンも試してみてはいかがでしょう。胃袋から名古屋という町を満喫できる、おすすめの飲食店をご紹介します。

    1

    マウンテン (喫茶・軽食)

    名古屋の特異な喫茶店文化の頂点に立つ「マウンテン」は 1970 年開業の老舗です。その名を世に知られるようになったのは、甘いパスタである「甘口抹茶小倉スパゲティ」や「みそピラフ」 など、一見して味が想像できない変わったメニューが評判となったため。もともと学生に人気の大盛の店としてスタートしたため、ほとんどのメニューはボリューム満点です。店名のマウンテンをもじって完食することを「登頂」、残してしまうことを「遭難」と表現し、カードに「登頂」や「遭難」のスタンプを押すサービスも行っています。別名「奇食の館」と呼ばれ、ただ単に食事を楽しむだけではなく、アクティビティとして訪問することを楽しみにしているファンも多いようです。

    ロケーション: 名古屋市昭和区滝川町 47-86

    営業時間: 9:00 ~ 21:30 (L.O.21:00) 月曜休 (月曜祝日の場合は翌火曜日休。その他臨時休業あり)

    地図
    2

    世界の山ちゃん本店 (手羽先・居酒屋)

    「名古屋の手羽先」大ブームきっかけとなったのが「世界の山ちゃん本店」。1981 年創業の老舗で、元々は名古屋の中心部にあった屋台ほどの広さの店だったそう。今では全国にチェーン展開するほどの名物店に成長しました。おすすめのメニューは何と言っても「幻の手羽先」。コショウがピリッと効いていているスパイシーな味わいで、外側はカリカリ中はジューシー。その他名古屋名物のどて煮やみそ串カツ、海老天むすと、リーズナブルなお値段の「名古屋めし」が一通り揃っています。場所も名古屋市内随一の繁華街・栄の中心部にあり、駅から徒歩 5 分と便利なので、観光で初めて名古屋を訪れた人には使い勝手がよい店でしょう。

    ロケーション: 名古屋市中区栄 4-9-6

    営業時間: 平日 17:30 ~ 翌 0:45 (L.O. 23:55) 日祝 17:00 ~ 23:15 (L.O. 22:30) 年末年始のみ休み

    地図
    3

    あつた蓬莱軒 (ひつまぶし・和食)

    名古屋めしの 1 つとして有名なひつまぶし。元祖は明治 6 年創業のこの「あつた蓬莱軒」ということをご存知でしょうか。熱田神社の門前で開業し、出前が多かったため大きなおひつに数人分のうなぎを入れるスタイルを考案。ごはんを残さないよううなぎを細かく切って混ぜて提供したのが始まりで、ひつまぶしという言葉はこのお店の登録商標となっています。140 年継ぎ足し継ぎ足し使っている秘伝のタレで焼いたうなぎは香ばしく、とろけるような柔らかさが魅力。1 杯目は普通に、2 杯目は薬味と一緒に、最後の締めに出汁茶漬けと、何度も違う味が楽しめます。ひつまぶしや、うなぎ懐石 (ひつまぶし含む) などがおすすめ。180 席ある本店でゆったりと味わいたい逸品です。

    ロケーション: 名古屋市熱田区神戸町 503

    営業時間: 11:30 ~ 14:00 (L.O.) 16:30 ~ 20:30 (L.O.) 水曜、第 2 第 4 木曜休 (祝祭日の場合は営業)

    地図
    4

    矢場とん (味噌カツ・和食)

    名古屋を訪れるなら必ず食べたい名古屋めしの 1 つである味噌かつ。元祖がここ「矢場とん本店」です。名古屋の地元食である味噌を使ったどて鍋に、とんかつを浸して食べたらおいしかったことから秘伝の味噌だれが完成しました。今では名古屋中で食べられる味噌かつですが、昭和 22 年に創業した老舗の味をぜひ味わってみましょう。おすすめは「鉄板とんかつ 」。焼いた鉄板の上にキャベツを敷き、その上に揚げたてのとんかつをのせ、仕上げに味噌だれがたっぷり。ジュージューという音が食欲をそそります。また、創業当時からあるロングセラーメニュの「ロース串かつ」は 、リーズナブルな価格が魅力です。庶民にとって、とんかつがたまに味わう贅沢だった昭和の時代に思いを馳せながら、ビールと一緒にどうぞ。

    ロケーション: 名古屋市中区大須 3-6-18

    営業時間: 11:00 ~ 21:00 無休

    地図
    5

    味仙 (台湾ラーメン)

    今や名古屋めしの代表格になるほど人気の台湾ラーメンは、台湾料理の「台仔 (タンツー)」をアレンジしたもの。麺の上に炒めたひき肉とニラがどっさり、鶏ガラスープにたっぷりの唐辛子で辛さにヒーヒー言いながら汗して食べるラーメンです。その元祖と言われているのがここ「味仙」。グループ店や支店はいくつかありますが、本店で本場の味をぜひ。台湾ラーメンやニンニクチャーハン、餃子など、リーズナブルなお値段も嬉しいところ。一度食べると「とにかく辛い、でも旨い」とやみつきになる味です。癖になりそうだと思ったら、お土産に元祖台湾ラーメンセットをどうぞ。

    ロケーション: 名古屋市中区大須 3-6-3

    営業時間: 11:30 ~ 13:40 (L.O.) 17:00 ~ 24:40(L.O.) 年中無休 (年末年始は休業)

    地図
    6

    煮込みうどん山本屋本店 (和食)

    名古屋グルメの代表格である味噌煮込みうどん。明治 40 年創業の「山本屋本店」は味噌煮込みうどん専門店として名古屋市内だけで 5 店舗を展開する超人気店です。本店は中村区大門交差点近くにあるのですが、出張や観光で名古屋を訪れた際に利用しやすいのは「山本屋本店エスカ店」。新幹線名古屋駅地下街エスカ内にあり、乗車前に最後の名古屋めしとして舌鼓を打つ客も多いそう。看板メニューの味噌煮込みうどんは自家製漬物付き。名古屋コーチン入りや、きつねと九条ネギ入りも人気です。味噌を専用に醸造し、赤味噌と白味噌にザラメをブレンドして大釜で焚き上げており、コクとうま味が深い味わいに地元ファンも多く通っています。

    ロケーション: 名古屋市中村区椿町 6-9 エスカ地下街

    営業時間: 10:00 ~ 22:00 (L.O.21:30) 不定休 (エスカに準ずる)

    地図
    7

    宮きしめん (和食)

    あっさり感が魅力的な名古屋めしの「きしめん」。江戸時代からある庶民の味で、時間がない中さっと食べるメニューとして発展しました。新幹線ホームで立ち食いできる「名代きしめん住吉」は、時間のない出張族にはおすすめ。観光を兼ねてゆっくり座って食べたいのなら、熱田神宮の境内にある「宮きしめん 神宮店」が一押しです。大正 12 年創業の老舗でお店の形式はセルフです。だしを赤つゆか白つゆから選べ、ネギと一味唐辛子はお好みで。看板メニューの「宮きしめん」や、味噌カツとセットになった「熱田の杜セット」が人気メニューです。お参りのあと、神社の緑を眺めながらつるっと食べるきしめんは格別の美味しさです。

    ロケーション: 名古屋市熱田区神宮 1-1-1 熱田神宮境内

    営業時間: 9:00 ~ 17:00 (L.O.16:30) 年中無休

    地図
    8

    ヨコイ (あんかけスパゲティ・洋食)

    最初は名古屋の奇食として有名になり、「実はおいしい」とファンを増やし、今ではしっかり名古屋めし認定されているのが「あんかけスパゲティ」。その元祖はこちらの「ヨコイ」本店です。まだ日本人がスパゲティを知らなかった時代に、スパゲティを広げるために考案した「ヨコイのソース」は癖になるおいしさ。お土産としても購入できます。創業当時からの人気メニューの「ミラカン」は、ウィンナー、ハム、ベーコン、オニオン、ピーマン、マッシュルームの入った懐かしき昭和のスパゲティ。麺とソースのボリュームも調整可能です。ランチだけでなく、おつまみ付きの夜限定メニューでちょい飲みにも使えるお店です。

    ロケーション: 名古屋市中区栄 3-10-11 サントウビル 2F

    営業時間: 11:00 ~ 15:00 (L.O.14:35)、17:00 ~ 21:00 (L.O.20:35)  日祝 11:00 ~ 15:00 (L.O.14:35) 無休 (年末年始を除く)

    地図
    9

    まるや本店 (ひつまぶし・和食)

    ひつまぶしを発明したのが「あつた蓬莱軒」なら、この「まるや本店」は、うなぎが育つ水や米、お茶までこだわり抜くことで、うなぎを芸術の域まで高めている名店です。160 年継ぎ足し継ぎ足し使っているタレを使ったひつまぶしは、うなぎの大きさとごはんの量でメニューが設定されています。ごはんはその時期の A ランクの米を専属お米マイスターが厳選してブレンドしている逸品です。おすすめは「上ひつまぶし」。うなぎ 1 匹にごはん 300 g で吸い物がついています。名古屋駅に直結した名鉄百貨店の 9 階にあり、アクセスも良いので開店前から長蛇の列ができることもしばしば。時間には余裕を持って来店しましょう。

    ロケーション: 名古屋市中村区名駅 1-2-1 名鉄百貨店本店 9F

    営業時間: 11:00 ~ 23:00 (L.O.22:00) 不定休 (名鉄百貨店に準ずる)

    地図
    10

    鳥銀本店 (名古屋コーチン・和食)

    ブランド鶏のさきがけとなった「名古屋コーチン」は、明治時代初期に愛知県で生み出された鶏。本場・名古屋で思い切り名古屋コーチンを堪能するなら「鳥銀本店」へ。名古屋の中心地・栄にある創業 40 年以上の老舗です。予約して「名古屋コーチン本会席」月コースなどのコース料理を堪能するのもおすすめですが、単品メニューも名古屋コーチン尽くし。人気の「こうちん刺身五種盛り」や「こうちん手羽先から揚げ (3 本) 」などをアテにお酒を楽しみましょう。鳥スープとお漬物とデザートがついて約 2 人前のボリュームがある「こうちん五目釜飯」なら、思う存分名古屋コーチンを味わい尽くせます。

    ロケーション: 名古屋市中区錦 3-14-22 宮木ビル 1F

    営業時間: 17:00 ~ 24:00 年中無休

    地図

    旅行の計画をスタート !

    Maps