兵庫県には予算内で楽しめるリーズナブルな見どころが満載。神戸市なら、「神戸市役所 24 階展望ロビー」から無料で「百万ドルの神戸の夜景」を望めます。神戸の異人館は入場料が格安または無料なものも。企業の工場が多いのも兵庫県の特長で、キューピーや UCC、酒蔵などの見学ツアーは、試食や試飲を楽しめてお得感たっぷり。「灘浜サイエンススクエア」で科学を遊びながら体感したり、「玄武洞ミュージアム」で地層や化石について学んだりと、知的好奇心を満たしてくれる見どころもたくさんあります。そんな兵庫県内でリーズナブルに楽しめる観光スポットをご紹介します。

    1

    神戸市役所 24 階展望ロビー

    神戸の街を高いところから眺めてみたいなら、「神戸市役所 24 階展望ロビー」がおすすめ。約 100 m の高さから神戸の街並みを見渡せて、百万ドルの神戸の夜景が何と無料で楽しめます。フラワーロードに面した本庁舎 1 号館に入り、高層階用エレベーターに乗って展望ロビーへ向かいましょう。窓からは、西にハーバーランドの街並みを、東は六甲アイランドや神戸の街、南に東遊園地やポートアイランドを一望できます。天気が良ければ紀伊半島まで見られるかも。夜には市街地の背後の市章山 (ししょうざん) や錨山 (いかりやま) などに、電飾の灯りが灯される「山麓電飾 (さんろくでんしょく)」が美しく夜景を彩ります。

    所在地 : 兵庫県神戸市中央区加納町 6-5-1

    営業時間 : 8:15 ~ 22:00、土日祝 10:00 ~ 22:00 年末年始、設備点検日休

    地図
    2

    兵庫県立但馬牧場公園

    「兵庫県立但馬牧場公園」は、新温泉町にある公立の総合公園。広大な放牧場や展望台、農作物加工を体験できるビジターセンター、但馬牛博物館などを備えています。動物とのふれあいが無料でできる、家族連れにおすすめの見どころです。放牧されている但馬牛がゆったり牧草を食べる姿を眺めたり、のんびりと暮らすヒツジやヤギと自由に触れ合ったり。小動物舎では、子羊や子ヤギ、ウサギを見ることができます。ビジターセンターの体験には「パンケーキ作り」や「そば打ち体験」、「ソーセージ作り」などがあり、材料費と加工室利用料のみで、リーズナブルに手作り体験を楽しめます。標高が高い場所なので、冬にはスキー教室も開かれています。アクセスは車が便利です。

    所在地 : 兵庫県美方郡新温泉町丹土 1033

    営業時間 : 9:00 〜 17:00 木曜休

    地図

    写真提供 藤谷良秀 (CC BY-SA 4.0) 修正済

    3

    玄武洞

    城崎温泉近くの「玄武洞」は、国の天然記念物であり日本の地質百選にも選ばれている洞窟です。 160 万年前の噴火によって噴出されたマグマが冷やされて、その後河川の浸食でできあがったものです。玄武洞がある「玄武洞公園」には、高さ 33 m 幅 44 m の迫力ある絶壁の「青龍洞」など、全部で 5 つの洞窟があります。公園は入園料も駐車料金も無料なので、気軽に立ち寄りましょう。もっと深く知りたい方は、有料の「玄武洞案内ガイド」を利用するか、2018 年にオープンした「玄武洞ミュージアム」を訪ねましょう。珍しい宝石や鉱物や巨大なアジアゾウの骨を展示しています。アクセスは、城崎温泉からレンタサイクルもいいでしょう。

    所在地 : 兵庫県豊岡市赤石

    営業時間 : 年中無休

    地図

    写真提供 Hashi photo (CC BY-SA 3.0) 修正済

    4

    宝塚歌劇の殿堂

    兵庫県宝塚市といえば「宝塚歌劇団」のお膝元。100 年以上の歴史を持つきらびやかな世界を、たった 500 円の入館料で体感・体験できるのが「宝塚歌劇の殿堂」です。2 階の「殿堂ゾーン」では、歴代の宝塚歌劇団の卒業生とスタッフを写真などで紹介するとともに、それぞれのゆかりの品々を展示しています。縁ある楽曲を聞きながら、お目当てのタカラジェンヌのお宝をチェックしましょう。3 階に上がり、現役スターが最近公演で着た衣装を間近で眺め、「小道具体験コーナー」で実際に舞台で使用した小道具を手に取ってみましょう。最後は体験コーナーで、「フィナーレ大階段体験」を。伝説の羽根 (レプリカ) を背負って、大階段をイメージしたセットをバックに記念撮影で締めくくりましょう。アクセスは阪急宝塚線宝塚駅下車すぐです。

    所在地 : 兵庫県宝塚市栄町 1-1-57

    営業時間 : 1 回公演時 : 10:00 ~ 17:00 2 回公演時 : 9:30 ~ 17:00 宝塚大劇場休演日は休館

    地図

    写真提供 663highland (CC BY-SA 3.0) 修正済

    5

    神戸海洋博物館・神戸ポートタワー

    港町神戸の象徴ともいえるのが「神戸海洋博物館」。大海原をかける帆船の帆と波をイメージした建築が印象的な、神戸開港 120 年を記念してオープンしました。1 階にはクルーズ船の魅力を紹介する展示室と、神戸港の歴史とともに歩んできた川崎重工グループの企業博物館「カワサキワールド」があります。また 2 階では、奈良時代からの歴史をたどりながらジオラマ模型や和船模型を見ることができます。この「神戸海洋博物館」とすぐそばに立つ展望タワー「神戸ポートタワー」を両方訪れるなら、お得な共通券を利用しましょう。 アクセスは地下鉄海岸線みなと元町駅下車徒歩 5 分です。

    所在地 : 兵庫県神戸市中央区波止場町 2-2

    営業時間 : 10:00 ~ 17:00 (最終入館は 16:30 まで) 月曜休、年末年始休

    地図

    写真提供 Zairon (CC BY-SA 4.0) 修正済

    6

    神戸北野異人館街を散策

    「神戸北野異人館街」とは、明治大正期に建てられた洋風建築が数多く残る、伝統的建築物群保存地区の「北野町」と「山本通」を指します。異国情緒漂うロマンティックな街並みは神戸随一の観光名所。一般公開されている館を全部入館するなら、パスを使っても 3,000 円以上かかります。そこで、気軽にこの街のノスタルジックな風景を楽しむコツをご紹介します。まずは国の重要文化財に指定され神戸市が所有している「風見鶏の館 (旧トーマス邸)」と「萌黄の館 (旧シャープ住宅)」を見学しましょう。この 2 館の入館券は 650 円です。続いて神戸市認定伝統建造物に認定された「ラインの館」へ。こちらは入館無料で楽しめます。

    所在地 : 兵庫県神戸市中央区北野町 3-13-3

    営業時間 : 9:00 ~ 18:00 (入館は 17:45 まで) 6 月・2 月の第 1 火曜休 (祝日の場合は翌日休)

    地図
    7

    灘の酒蔵巡り

    兵庫県神戸市の東灘区と灘区、西宮市を合わせた地域は古くから「灘五郷 (なだごごう)」と呼ばれ、日本を代表する酒どころの 1 つです。灘の酒造りは鎌倉時代に始まり、現在は 30 弱もの酒蔵がこの地区で酒造りを行っています。この地域を歩けば、仕込みの時期にはなんともいえない新酒の香りが漂います。各酒蔵は年中見学を行っており、中でも大手の「白鶴酒造」の「白鶴酒造資料館」は一押し。昔ながらの酒造工程をそのまま保存し、等身大の人形を配置するなど見ごたえ抜群と人気です。酒蔵の見学は無料で、見学の後には直営店限定発売の珍しいお酒などを試飲し、購入もできます。他には酒に合うつまみをだしてくれる酒蔵もあるそうです。「白鶴酒造資料館」へのアクセスは阪神住吉駅下車徒歩 5 分です。

    所在地 : 兵庫県神戸市東灘区住吉南町 4-5-5

    営業時間 : 9:30 ~ 16:30 (入館は 16:00 まで) お盆、年末年始休

    8

    UCC コーヒー博物館

    神戸・ポートアイランドにある「UCC コーヒー博物館」は、日本で唯一のコーヒー博物館。建物の外観は珈琲文化を広めるきっかけとなった、イスラム教のモスクをイメージしたものです。料金は大人 300 円、中学生以下無料と、コーヒー 1 杯程度の値段で入館可能。入館時に渡される試飲引換券で、その日のテーマに沿ったコーヒーの飲み比べもできます。展示室ではコーヒーの歴史を学んだり、実際に豆に触れたり、焙煎や抽出の道具を学んだりできます。手持ちのスマートフォンで音声ガイドを聴くことも可能。Club UCC の会員 (無料) になると、「おみやげクーポン」掲示でお土産をもらえます。アクセスはポートライナー南公園駅下車徒歩 1 分です。

    所在地 : 兵庫県神戸市中央区港島中町 6-6-2

    営業時間 : 10:00 ~ 17:00 (入館は 16:30 まで) 月曜休 (祝日の場合は翌日)、年末年始休

    地図

    写真提供 KishujiRapid (CC BY-SA 4.0) 修正済

    9

    キューピー神戸工場

    キューピー人形のマークでおなじみの「キューピーマヨネーズ」は、全国 5 つの工場でオープンキッチン (工場見学) を開催しており、神戸工場もその 1 つ。設計の段階から工場見学を前提にして造られたという神戸工場は、ロボットの動きを間近で見られ、迫力満点。最新の工業用高性能ロボットに興味がある子どもたちにもおすすめの見どころです。所要時間は約 1 時間 30 分で、ウェブサイトか電話での予約が必要。野菜サラダをイメージしたホールで概要を聞いたあと、映像鑑賞、製造工程の見学、試食と続きます。試食では、キューピーのマヨネーズとドレッシングを 10 種類以上味わえるので、きっとお気に入りが見つかるはず。お土産にはマヨネーズなどの製品がいただけます。工場内の「キューピーショップ」ではグッズや商品の購入も可能。アクセスは JR 甲南山手駅からバスで深江浜町西下車です。

    所在地 : 兵庫県神戸市東灘区深江浜町 27-1

    営業時間 : 要予約

    写真提供 Anna Hanks (CC BY 2.0) 修正済

    10

    灘浜サイエンススクエア

    「灘浜 (なだはま) サイエンススクエア」は神戸製鉄が設立した施設。製鉄・発電・エネルギー・環境と 4 つのテーマを、遊びながら学べる「科学の広場」です。入館料は無料。屋外には昆虫やメダカが住む豊かな生態系のビオトープも設置されており、生き物観察も楽しめます。理科が好きな小学校高学年くらいのお子様にぴったりのおすすめスポットです。ジャングルジムのような立体迷路「ワンダーメイズ」や、ボールで遊びながら運動エネルギーについて学べる「エナジータワー」などの遊具もたくさん。「実験教室」も行われており、大人が参加しても楽しいレクチャーが行われています。アクセスは阪神電車・大石駅下車徒歩 12 分で、駐車場も無料で利用できます。

    所在地 : 兵庫県神戸市灘区灘浜東町 2

    営業時間 : 9:30 ~ 16:30 (入館は 16:00 まで) 月 (祝日の場合は翌平日)

    地図

    写真提供 Tatsuo Yamashita (CC BY 2.0) 修正済

    旅行の計画をスタート !

    ページトップに戻る

    Maps