家族で夏休みの計画を立て始めるこの時期、今年行きたい旬の観光地を押さえておきましょう。国内では非日常の体験ができるリゾートやテーマパークが根強い人気を誇ります。海外に目を向けると、子連れで旅行しやすいビーチリゾートや短時間のフライトで時差も気にならないアジア地域に注目が集まります。

    子どもの年齢や家族みんなの好みを踏まえて、旅行先を決めましょう。特に子どもたちにとっては、今の年齢でしか感じられないことがたくさんあります。最高の思い出作りができるでしょう。

    1

    北海道

    広々とした田園風景と新鮮でおいしい食材に感動すること間違いなし

    北海道は今や札幌だけがメインの観光スポットとは言えません。夜景や温泉が楽しめる新選組の歴史ファンにもおなじみ函館、花畑がパッチワークのようにきれいに映える美瑛、ラーメンや動物園で知られる旭川、ドラマ「北の国から」シリーズやラベンダーが有名な富良野など、見どころは豊富。とれたて新鮮な野菜、魚介を使った食事も楽しみです。

    レンタカーを利用して北海道らしい広い道をドライブすれば、爽快感も抜群。涼しい北海道の夏を家族で過ごしてみませんか。

    所在地 : 日本、北海道

    地図
    2

    沖縄

    海の絶景と独特の文化に家族そろってハマってしまいそう

    ホテルのほか、コテージ、ヴィラ、コンドミニアムなど、沖縄の美しい海を独り占めできる、さまざまな滞在スタイルがそろう沖縄。プライバシーが確保されたキッチン付きの宿泊先なら、小さな子どもがいる家族も安心です。

    ビーチと琉球文化の両方を楽しめ、地元グルメも魅力的な沖縄は、那覇のある本島以外に宮古島、石垣島などの離島も観光スポットとして絶大な人気を誇ります。透明度の高い海ではスノーケリングやダイビング体験も。たくさんの熱帯魚が日頃のストレスを癒してくれるはずです。

    所在地 : 日本、沖縄県

    地図
    3

    ユニバーサル・スタジオ・ジャパン

    新しい企画盛りだくさんでいつ行っても誰と訪れても楽しめる場所

    話題のスーパー・ニンテンドー・ワールド ™ を始め、新しいアトラクションが次から次へと生まれているユニバーサル・スタジオ・ジャパン。ハリー・ポッターやミニオン、ジュラシック・パークなど、子どもたちに大人気の映画をテーマにしたライドやショーもいっぱいです。

    日本にいながらアメリカの街並みに入り込めるエリアは、とっておきの写真映えスポット。小さな子どもが遊べるエリアも充実し、老若男女で訪れることができます。

    もっと読む

    所在地 : 日本、〒554-0031 大阪府大阪市此花区桜島2丁目1−33

    電話番号 : 0570-20-0606

    地図
    4

    東京ディズニーリゾート®

    子どもも大人も大好きなキャラクターに囲まれて異世界にトリップ !

    日本にいながら欧米文化に親しめる非日常の世界、それが東京ディズニーランド®、東京ディズニーシー®、イクスピアリ、ホテルを含めた東京ディズニーリゾート®です。

    ランドに新しくできた「美女と野獣」や「ベイマックス」などをテーマにした新エリア & アトラクションにはもう行きましたか? 2023 年にはシーに「アナと雪の女王」「塔の上のラプンツェル」「ピーター・パン」などの新エリア「ファンタジースプリングス」もオープン。プリンセス大好きっ子はもちろん、誰もが知るキャラクターに胸が踊ること間違いなしです。

    もっと読む

    所在地 : 日本、〒279-0031 千葉県浦安市舞浜1−1

    電話番号 : 0570-00-8632

    地図
    5

    グアム

    美しいビーチで家族みんながのんびりできる手軽な海外旅行先

    東京から飛行機でわずか 3 時間のグアムは、日本から気軽に行ける海外リゾートの1 つ。日本語が通じる場所が多い一方で、アメリカ領ならではの欧米文化はしっかり満喫できるので、アジアにはない非日常空間を楽しめるはず。

    小さな子ども連れなら、食事やショッピングに便利な中心地のタモンビーチ周辺に宿を確保すると良いでしょう。観光客向けにさまざまなアクティビティーも用意されています。浅瀬のあるイパオビーチも水遊びにおすすめのスポットです。

    所在地 : グアム

    地図
    6

    ハワイ

    初海外の家族にも優しい、憧れのビーチ天国

    オアフ島に位置するホノルルを中心に日本語があふれるハワイ。小さな子どもを連れててんてこ舞いの親にとって、海外での日本語のサポートは何よりありがたいものです。

    そして、リピーターをも魅了し続けるハワイの特長は、数々のパワースポットの不思議なエネルギーかもしれません。家族水入らずでハワイのリラックスした時間を過ごすうちに、日頃のストレスも解消されるはず。美しいビーチはもちろん、どこか懐かしさを感じるハワイアン雑貨や地元グルメも旅行者を虜にしています。

    所在地 : ハワイ州、ホノルル

    地図
    7

    ソウル

    日本から 2 時間ほどで憧れのドラマの舞台へ

    大ヒットのドラマや歌の影響でブーム再燃の韓国。押さえておきたい都市の代表がソウルです。韓国グルメは焼肉 、参鶏湯 (サムゲタン)、ビビンバなど専門店が充実。人気の韓国エステもはずせません。おしゃれなエリアとして注目されるホンデも訪れてみましょう。芸術系の弘益大学校があり、ソウル市内でも若者が多い地域だけに、レストランやカフェ、ショップめぐりが楽しめます。

    ロッテワールドアドベンチャーや N ソウルタワーなど家族向け娯楽施設もあり、観光に事欠きません。

    所在地 : 大韓民国、ソウル

    地図
    8

    台北

    タピオカも小籠包も観光も盛りだくさん ! 家族大満足の旅

    時差が少なく日本からすぐの台北は家族旅行先にもぴったり。一大ブームとなったタピオカミルクティーを始め、小籠包など進化を遂げる飲茶と屋台料理、スイーツが充実する独自のカフェ文化と、あちこち回って台湾グルメを満喫したいところ。特に夜市は台湾らしさ全開で、子どもも夏祭り気分で楽しめます。

    台北郊外の九份 (ジォウフェン) はジブリ映画「千と千尋の神隠し」の世界観さながらと話題の場所。子連れ旅なら、ぜひ足を延ばしてみたいスポットです。名物のパイナップルケーキをお土産に買うのもお忘れなく。

    所在地 : 台湾、台北

    地図
    9

    セブ

    親子で楽しめる、お得感のあるビーチリゾート

    フィリピンのセブ島は、物価の安いアジアで本格ビーチリゾートが楽しめ、英語が通じると人気の高い旅行先。高級ホテルやバンガローに泊まってもお得感があり、さらにリーズナブルな宿泊先も選べます。

    家族でプールや海辺でのんびりリラックスする休日は、最高の癒しとなるはず。ビーチを出れば、フィリピン独特の島文化もあちこちで楽しめるので、子豚の丸焼きなど地元グルメや歴史散策に海外旅行気分も盛り上がります。ダイビングスポットとして知られるセブ島の美しい海と共に、観光を満喫しましょう。

    所在地 : フィリピン、セブ

    地図
    10

    ダナン

    観光もビーチリゾートも楽しみたい欲張り家族にぴったり !

    世界遺産や地元グルメを巡りたい大人も、ビーチで思いっきり遊びたい子どもも、ダナンなら家族みんなで楽しめます。

    ベトナムのダナンにある再開発されたビーチリゾートは、大人のおしゃれ心もくすぐるとっておきの場所。ビーチアクセス抜群、絶景も楽しめるホテルを選び、思う存分バカンスを楽しめます。ダナンを拠点に観光することで、ベトナムが誇る伝統文化も満喫できます。

    所在地 : ベトナム、ダナン

    地図

    旅行の計画をスタート !

    新型コロナウイルス (COVID-19) に関する旅行情報

    本ガイドでご紹介しているアトラクションやツアーは、コロナの影響により営業状況が通常と異なる場合があります。ご出発の前に現地の情報を確認してください。

    ページトップに戻る

    Maps