ベネチアのイメージとしてよく挙げられるのは、大運河の穏やかな水の上をロマンチックなゴンドラで進み、古くからの石橋の下でキスをしたり、ベネチアのスカイラインの向こうに沈む夕日がタワーやバシリカ ドームを後ろから照らし出すのを眺めたり、といったものです。この場所は確かに特別です。「高級」という言葉がよく似合います。ところが、ベネチアでの休暇にかかる費用を他の主要なイタリアの都市 (たとえば豪華でおしゃれなミラノ) と比較すると、想定する最悪の状況よりも半分程度であることがわかります。

    ベネチアでの休暇に費用をかける必要がないことを示すために、いくつかのアイデアを集めました。うまくやりくりすることで、限られた時間を活用して、市内でおすすめの、しかも費用がかからない観光スポットを楽しむことができます。ベネチアでおすすめのこれらのアクティビティを低予算に抑えることで、この夢のような目的地をヨーロッパの行きたい場所リストの上位に置くことができます。

    1

    サンマルコ周辺の格安の宿泊施設を予約する

    ホステル、または修道院に泊まってみる

    • 格安

    予約サイトからベネチアで格安で泊まれる宿泊施設を探すと、ほとんどの場合は市内の商業地域で、比較的観光客の少ないエリアのホステルが表示されます。このようなエリアとしては、ベネチアの観光スポットであるサンマルコの北側にあるカンナレージョやサンタルチアがあります。近くのジュデッカ島にも候補がいくつかあるでしょう。

    そして低予算でベネチアを旅行するバックパッカー向きで、非常に興味深く珍しい選択肢の 1 つが、修道士がいる修道院に宿泊する方法です。修道士は宿泊客を歓迎し、滞在中は宿泊客のために祈ってさえくれます。

    2

    ベネチア ウニカ カードを手に入れる

    水の都、ベネチアで使えるオールインワンの観光パス

    • 家族
    • 格安

    ベネチア ウニカは、旅行の前にオンラインで購入できるシティパスです。利用したい特典を組み合わせて選ぶことができます。特典には、観光スポットへの入場料と便利な水上バス料金の割引などがあります。ベネチアの主要な観光スポットのいくつかは無料で訪れることができるため、人によっては ACTV ヴァポレット (水上バス) での移動の方を重視したほうがよい場合もあります。

    有効期間のあるチケットはとてもお得です。3 枚のチケットを約 40 ユーロで入手でき、オプションによってチケットの有効期間を 7 日間まで延長できます。ベネチアは歩いて巡ることができるとてもコンパクトな街であるため、有効期間をうまく選択しましょう。

    3

    サンマルコ寺院でモザイクを鑑賞

    壮大なベネチアの観光名所と街並みを無料で楽しむ

    • 歴史
    • 写真
    • 格安

    美しいサンマルコ寺院はベネチアの中心となる観光名所。足下には同名のサンマルコ広場が広がっています。並ぶ必要はありますが、拝観は無料です。寺院の鐘楼も無料で入場できますが、上るには 8 ユーロほどかかります。

    寺院の外側から見えるのは、精緻な彫刻や壁のモチーフ、聳え立つ尖塔や大きなドームなど。見事なビザンチン様式の建築に驚きます。内部に足を踏み入れると、正午の前後には金色の内装やモザイクに光が当たり、魔法の空間のようになります。

    ロケーション: Piazza San Marco, 328, 30100 Venezia VE, Italy

    営業時間: 月 ~ 土 : 午前 9 時 30 分 ~ 午後 4 時 45 分、日、祝日 : 午後 2 時 ~ 午後 4 時 45 分

    電話番号: +39 041 270 8311

    地図
    4

    ヴァポレット (水上バス) で巡る

    運河で活躍する水上バス

    • 家族
    • 格安

    ベネチアの街の規模は比較的小さいため、歩いて回るのが街を散策する際の最も安上がりな方法です。しかし、水の都ベネチアを徒歩で移動するには時間がかかることがあります。そんなときには、ヴァポレット (公共の水上バス) が便利です。

    ヴァポレットの乗り場では、ACTV チケットを購入できます。ACTV の期限付きパスを購入すると、さらに便利で料金もお得になるので、検討してみましょう。ヴァポレットは、ムラーノ島、ブラーノ島、またはリド ディ ベネチアへの島巡りにも便利です。

    5

    サンタ マリア デッラ サルーテ聖堂でルネッサンス時代の傑作を見る

    ティツィアーノとティントレットの偉大な作品を鑑賞する

    • 歴史
    • 写真
    • 格安

    サンタ マリア デッラ サルーテ聖堂 (救済の聖母マリア聖堂) は、ベネチアを象徴する観光名所の 1 つです。拝観は無料。ベネチアでも一際静かな、素晴らしい観光スポットです。感動を最大にするには、カナル グランデ (大運河) に面した壮大な階段から聖堂に入りましょう。

    いくつもの彫像が聖堂の正面を飾っています。内部では、巨大な中央ドームの下に広がる見事な内装の数々を眺めることができます。注意深く見ていくと、貴重なルネッサンス時代の傑作、ティツィアーノとティントレットの 12 の作品を目にすることができます。

    ロケーション: Dorsoduro, 1, 30123 Venezia VE, Italy

    営業時間: 毎日午前 9 時 ~ 午前 12 時、午後 3 時 ~ 午後 5 時 30 分

    電話番号: +39 041 274 3928

    地図
    6

    音楽博物館でバイオリン製作について学ぶ

    音楽史を雄大に語る小さな博物館

    • 家族
    • 歴史
    • 写真
    • 格安

    音楽博物館は、ベネチアのサン マウリツィオ教会内にある小さな博物館で、古い楽器の優れたコレクションが揃っています。教会自体は小さな広場に面した観光名所で、無料で拝観できます。ここに展示されている楽器は主に弦楽器。

    そして、バイオリンの製造方法を学ぶことができるバイオリン ワークショップが開かれます。ここでは夜のコンサートが定期的に開催されており、アントニオ ルーチョ ヴィヴァルディを始めとする偉大なバロックの音楽家の作品をじっくりと鑑賞できます。チケットは博物館にある小さな書店で販売しています。

    ロケーション: Campo San Maurizio, San Marco 2603 - 30124 Venezia VE, Italy

    営業時間: 毎日午前 9 時 30 分 ~ 午後 7 時

    電話番号: +39 041 241 1840

    地図

    写真提供 Maria Schnitzmeier (CC BY-SA 3.0) 修正済

    7

    リアルト橋を渡り、美しい眺めの中を散歩する

    ドラマチックなベネチアの夕日を永遠の思い出にする

    • カップル
    • 歴史
    • 写真
    • 格安

    リアルト橋は、世界とまでは言えなくとも、ベネチアで最も象徴的な歩行者専用橋の 1 つと言えます。24 時間自由に歩くことができます。カナル グランデに架けられており、柱廊から眺める町並みは格別です。特に素晴らしいのは夕暮れ時です。ベネチアの地平線に沈むドラマチックな夕日と、真っ赤な夕焼けを望むことができます。

    面白いことに、この橋の上ではウィンドウ ショッピングも楽しめます。柱廊の両側に、ファッション アイテムからムラノの吹きガラスやジュエリーなどの小物まで、さまざまな商品を販売する小さな店が並んでいます。この街の有名な観光スポットであるため、橋の上はいつも人でいっぱいです。

    ロケーション: Sestiere San Polo, 30125 Venezia VE, Italy

    電話番号: +39 (0)41 250 1801

    地図
    8

    近隣の島々を巡る

    ベネチア中心部以外にも見どころはたくさん

    • カップル
    • 家族

    サンマルコの観光客や見どころの多さ (そして物価の高さ) に圧倒されてしまったら、雑踏を離れて、ベネチアから離れた周辺の島巡りに出かけましょう。船便にはヴァポレットを利用でき、デイパスを有効活用できます。南にわずか 3 分ほどの場所にはジュデッカ島があり、ラグーンのスカイラインのパノラマを眺めながら、静けさに浸ることができます。

    ベネチアでビーチを探すには、さらに南のリド ディ ベネチア (リド島) へ。ムラーノ島は伝統的な吹きガラスで有名で、ワークショップ ツアーに参加すると、製品が作られる様子を見ることができます。ブラーノ島では、趣のある運河に面して並ぶカラフルな家並みに目を惹かれます。また伝統的な手作りのレース編みの様子も見ることができます。

    9

    ドルソドゥロで地元の人のようにチケッティを食べる

    趣のある近場でグラスを傾ける

    • 食事
    • ナイトライフ

    ドルソドゥロはベネチアを構成するセスティエーレ (地域) の 1 つであり、サンマルコの雑踏からサッと抜け出せる静かな地域です。また、地元の掘り出し物が見つかること、そしてバカリ (地元のバー) が並んでいて、地元の人のように食事を楽しめることでも有名です。ベネチアで是非試してみたい食べ物が、出来たてのチケッティ。スペインのタパスのイタリア版です。

    素敵なバカリにはカナル グランデを見下ろす席がある店もあり、これを見逃すことはできません。上質なヴェネト ワインをグラスまたはボトルで出す店もあり、大抵はサンマルコ地区よりもずっと安い値段で飲むことができます。

    写真提供 Monika Durickova (CC BY 2.0) 修正済

    10

    カンナレージョでプロセッコを飲む

    手頃な値段のベネチアのバーを飲み歩く

    • 食事
    • ナイトライフ

    ベネチアでは、地元のワイン愛好家と同じように、地元のバーで地元のワインを楽しみましょう。カンナレージョはのんびりした雰囲気のあるベネチアの地区で、ここは飲み歩きを楽しむのにぴったりです。裏通りに並ぶバカリ (地元のバー) では、市内の観光地の雑踏から離れて、プロセッコを小ぶりのグラスで楽しめます。

    カンナレージョのバカリでは、氷の上に並べた剥きガキなどの新鮮な魚介類を地元のワインとともに、すべて地元価格で楽しめるところもあります。やや冒険的ですが、ここのバカリではメニューが示されている店はほとんどありません。ご推察のとおり、店に行く前に食べたいものをよく考え、それをイタリア語で尋ねる方法を調べておくと役に立ちます。

    Ari Gunadi | 旅のプロ

    旅行の計画をスタート !

    Maps