それぞれ文化の異なる何千もの島からなるインドネシア。バリの料理が多様性に満ちているのも納得です。バリを休暇で訪れたら外せない、人気のグルメがいくつもあります。

    おすすめのバリ料理は、ラワール (ミンチ肉のサラダ)、ベベックベトゥトゥ (ローストダック)、サテリリット (バリ風のサテー)、島の名物であるバビグリン (豚の丸焼き) など。興味をそそるエキゾチックなものばかり。甘党にうれしい、スナック、ケーキ、デザートの種類も豊富です。

    1

    いろいろなサテ (サテー)

    サテ (サテーとも呼ばれる) は、下味を付けた肉を串焼きにし、スパイシーなソースを添えたもの。さいの目切りや薄切りにした鶏肉、ヤギ肉、マトン、牛肉、豚肉などを使うのが一般的ですが、魚、豆腐、卵、ミンチ状の具材で作ったサテもあります。

    バリの変わり種はサテリリット。牛肉、鶏肉、魚、豚肉 (亀の肉を使うことも) をミンチにしたものにココナッツ、ココナッツミルク、たっぷりの野菜とスパイスを混ぜ合わせ、竹、サトウキビ、レモングラスなどのスティックに巻きつけたものを、炭火で焼いて作るサテです。そのままでも十分おいしいサテリリット。ソースはお好みでどうぞ。

    2

    ナシアヤムとナシチャンプル

    バリ風チキンライス、ナシアヤムナシチャンプルは、島中にあるワルン (食堂) やレストランの定番料理。白米と一緒にバビグリン (子豚のロースト) やベトゥトゥ (スパイシーなチキンやダック)、色とりどりの野菜、ピリ辛のサンバルマタ (バリ風ソース) など、いろいろなバリ料理を盛り付けるスタイルが主流です。

    ナシアヤムとナシチャンプルにはスープが付いていることも。辛いのがあまり得意ではない方は、サンバル抜きにしてもらいましょう。

    写真提供 Eny Santiati (CC BY-SA 4.0) 修正済

    3

    ベベックベトゥトゥとアヤムベトゥトゥ

    ベトゥトゥは、バビグリン (子豚のロースト) と同じく、じっくり時間をかけた料理。豚肉を食べない人も食べられる、鶏 (アヤム) またはアヒル (ベベック) を 1 羽丸ごと使ったバリの名物料理です。伝統的なスパイスを詰め、バナナの葉で包み、さらにバナナの樹皮でしっかりと包んだら、全体を炭火で焼くか炭火の中に埋めて待つこと 6 ~ 7 時間。ホロっと骨から外れるジューシーなお肉の完成です。

    写真提供 m4sh.3d (CC BY-SA 2.0) 修正済

    4

    バビグリン

    バビグリンは、伝統的なスパイスとキャッサバの葉などの野菜を詰めた豚を串に刺し、炭火の上でゆっくりと回しながら (グリンはインドネシア語で「回す」という意味) ローストした、時代を超えて愛される料理です。

    焼き色のついたパリッとした皮と、柔らかくてジューシーなお肉がたまりません。もともとは、特別なお祭りや儀式の際に地域の人が集まって食べるものでしたが、今では多くのワルンやレストランで食べられます。

    写真提供 momo (CC BY 2.0) 修正済

    5

    タフとテンペ

    万能食材のタフ (豆腐) とテンペは、やみつきスナックに、付け合わせに、コースのメイン料理にと用途もさまざま。大豆を固めて作った食材で、揚げたり、詰め物をしたり、ほぐしたりして調理します。いろいろなインドネシア料理 (特にご飯もの) にはテンペクラッカーが入っています。タフで作る人気のスナックは、詰め物をして揚げたもの。中身は春巻きの具に似ています。

    写真提供 Ramzy Muliawan (CC BY-SA 3.0) 修正済

    6

    ジンバラン シーフード

    ジンバラン湾のムアヤ ビーチ沿いにあるカフェでは、エビ、アサリ、カニ、イカ、ロブスター、さまざまな種類の魚など、シーフードのグリル料理を楽しめます。味の決め手は、それぞれのカフェのオーナーが工夫を凝らしたバーベキューソースと調味料のレシピ。自家製サンバルとして出されることが多いため、「ジンバランスタイルのサンバルシーフード」が有名になりました。甘酸っぱいブレンドから典型的な辛くてスパイシーなものまで、一口食べればジンバランシーフードのおいしさがわかるはず。

    7

    ペペスとトゥム

    ペペスは、バナナの葉で包んで作るインドネシアのスンダ料理。小さな包みの両端を細い竹の棒で留め、蒸したり、茹でたり、焼いたりして作ります。ペペスイカンという魚料理が最もよく知られていますが、鶏肉や他の肉、豆腐、野菜を具材にすることもよくあります。

    トゥムはペペスと形が異なり、包んだバナナの葉を折りたたんで上のところで留めて、たいていは蒸して作られます。トゥムの中身は、豚のミンチにスパイスペーストを混ぜたものが一般的。バナナの葉を使うことで、ペペスやトゥムに本格的なバリの風味が加わります。

    写真提供 Gunkarta (CC BY-SA 3.0) 修正済

    8

    伝統的なケーキやおやつ

    ジャジャナンパサール (市場伝統のケーキ) と呼ばれる昔ながらのケーキ。もともとは儀式の供え物でしたが、今ではコーヒータイムのお供として気軽に食べられています。ジャジャナンパサールには種類がたくさんありますが、主な材料は米粉、もち米、砂糖、ココナッツ、トロピカルフルーツです。

    バリで人気のおやつには、アジク (お餅)、パンチョン (米粉とココナッツミルクのケーキ)、ジャジャ バトゥン ブディル (パームシュガーのスープに入ったもち米団子)、ブブーインジン (黒いもち米のお粥)、ピサンライ (蒸しバナナ)、ケレポン (ココナッツをまぶしたもち米団子で中にパームシュガーシロップが入っている) などがあります。

    写真提供 Dietrich Ayala (CC BY 2.0) 修正済

    9

    ナシゴレン

    ナシゴレンはインドネシア風のチャーハン。国内では定番中の定番料理です。炊いたご飯を肉や野菜 (スクランブルエッグ、さいの目切りの牛肉、細切りの鶏肉、エビ、アンチョビ、ラム肉、カニ、グリーンピース、玉ねぎ、エシャロットなど) 、ケチャップマニス (甘い醤油) や辛いチリソースと一緒に炒めます。スライスしたトマトやキュウリ、揚げたエシャロット、魚やエビのクルプック (クラッカー)、アチャール (ミックスピクルス) などがトッピングされて出てきます。

    写真提供 Lord Mountbatten (CC BY-SA 3.0) 修正済

    10

    ラワール

    ラワールは、細かく刻んだ肉、野菜、すりおろしたココナッツ、スパイスを組み合わせた伝統の味。風味を強めるために、ラワールを作る際に新鮮な血を肉やスパイスに加える地域もあります。日持ちしない料理なので、たいていは作りたてのものが提供されます。ラワールは大きく分けて白と赤の 2 種類。白いものには肉や血が入っていないので、ビーガンやベジタリアンにうれしいメニューです。

    Ari Gunadi | 旅のプロ

    旅行の計画をスタート !

    Maps