Things to doNightlife

シンフォニー オブ ライツ香港

ヴィクトリア ハーバーで開催される光と音のショー

    光と音の祭典、シンフォニー オブ ライツ。鮮やかな色と目を見張る演出が、毎夜香港を彩ります。このイベントは 2004 年から毎晩開催されており、香港最大の目玉イベントの 1 つとなっています。香港フィルハーモニー管弦楽団による音楽に乗って、香港島と九龍半島の代表的なビル 45 棟から発された光線が飛び交う、非常に壮観なイベントです。ヴィクトリア ハーバー全体を舞台に色とりどりのライト、レーザービーム、サーチライトが競演し、360 度の輝かしく華やかな夜景が生み出されます。

    シンフォニー オブ ライツの見どころ

    写真提供 Kroot (CC BY-SA 3.0) 修正済

    シンフォニー オブ ライツは 5 つのメインテーマに基づいて進行します。最初のテーマは目覚め。まるで光のエネルギーが中心部から活動し始めるようにレーザーが点滅し、やがてじょじょに、幾条もの動く光とレインボーカラーが参加ビルを照らしていきます。香港の誕生と力強い成長を象徴するシーンです。

    2 番目のテーマはエネルギー。上昇する様子を表現した色彩パターンのレーザーやサーチライトが夜空いっぱいに激しく躍動し、香港の力強いエネルギーを表現します。

    写真提供 Chris Hoare (CC BY 2.0) 修正済

    3 番目のテーマは遺産。中国楽器を使った音楽の演奏を BGM に、ヴィクトリア ハーバーの両岸の建物が赤と金色で彩られます。香港の多彩な遺産と豊かな伝統文化を象徴しています。

    4 番目のテーマはパートナーシップ。レーザービームの照射と躍動するサーチライトがヴィクトリア ハーバーの対岸を照らし、両岸の関係性が強調されます。湾を隔てた反対側に光線を放つことで、湾の両側が固い絆で結ばれていることを表現します。

    写真提供 Wing1990hk (CC BY 3.0) 修正済

    フィナーレを飾るテーマはセレブレーション。ヴィクトリア ハーバー全体でイルミネーションと光線がにぎやかに踊ります。万華鏡のように目まぐるしく変化する、リズミカルで力強い演出が印象的です。このエキサイティングなフィナーレは、香港島側と九龍側の密接なパートナーシップを祝うとともに、香港のさらなる明るい未来を表しています。

    鑑賞におすすめの場所は、尖沙咀のウォーターフロント。アベニュー オブ スターズと香港文化センターの間のエリアがベストです。湾仔にある金紫荊広場のプロムナードも見晴らしがよく、夜を彩る素敵なショーを存分に楽しめます。

    シンフォニー オブ ライツ香港

    ロケーション: 香港金鐘夏慤道 18 号ヴィクトリア ハーバー

    営業時間: 毎日午後 8 時~午後 8 時 10 分

    Paul Smith | 旅のプロ

    旅行の計画をスタート !