ギフトや衣料品、骨董品、時計、古雑貨を扱う店が入り組んだ路地に立ち並ぶ赤柱マーケットは、観光客が香港から帰る前に訪れるスポットとして人気があります。そして、この露天市場から 5 分足らずの場所にはマレー ハウスと呼ばれる建物があります。この建物はもともとは植民地時代に中環に建てられたものですが、この場所で復元されました。

    赤柱マーケットとマレー ハウスは、香港島南東部の半島にある、舂坎角とレパルス ベイに隣接した赤柱という街にあります。赤柱は香港の歴史を語るうえで欠かせない場所です。ここは 1941 年、第二次世界大戦中の香港の戦いで、イギリス軍とカナダ軍が日本軍に降伏する前に最後の抵抗を試みた街でした。

    写真提供 Stanleynewsuits (CC BY-SA 3.0) 修正済

    赤柱マーケット

    赤柱マーケットでは、竹製の鳥かご、提灯、中国の装飾品など、お手頃価格の品物が所狭しと積まれています。中国製のシルクやリネンの店もあり、それらを素材としたバッグ、テーブルクロス、衣料品も見つかります。観光客に人気のマーケットですが、地元の買い物客もかなり見かけます。また、心地よい風が吹く海岸沿いの赤柱村の飲食店では、本場の広東料理を味わえます。

    写真提供 A52ljgh89 (CC BY-SA 4.0) 修正済

    マレー ハウス

    マレー ハウスはビクトリア朝時代の建物で、もともとは中環にありました。初めて建てられたのは 1864 年のことで、当初はマレー バラックスと呼ばれる兵舎の将校棟でしたが、のちに解体され、1982 年に赤柱の海岸沿いの場所に復元されました。建物は 3 階建てで、1 階にはレストランがあり、ブレイク ピアとその先に広がる南シナ海の素晴らしい景色を楽しめます。

    赤柱マーケット & マレーハウス

    ロケーション: 香港赤柱赤柱市場道 6 号赤柱市政大廈

    営業時間: 毎日午前 10 時~午後 7 時

    Paul Smith | 旅のプロ

    旅行の計画をスタート !